編集部2021年7月31日

阿寒川の70オーバーのニジマスが来た!おすすめルアー·カルテラスの低比重(樹脂製)スプーンの釣果報告!

ニジマス 北海道 魚種別釣りガイド NorthAnglers

トラウトアングラーに人気が高い、阿寒川を皮切りに道東のニジマスシーズンは本格的にスタートする。40~60cmのニジマスが釣れている情報や、悪天候で増水している悪コンディションの中でも7ヒット2キャッチしているなどの情報もある。ワイルドなニジマスが多いものの、大物に出会うのはなかなか難しい。


トラウトアングラーに人気が高い、阿寒川を皮切りに道東のニジマスシーズンは本格的にスタートする。40~60cmのニジマスが釣れている情報や、悪天候で増水している悪コンディションの中でも7ヒット2キャッチしているなどの情報もある。ワイルドなニジマスが多いものの、大物に出会うのはなかなか難しい。

しかし、実際に低比重スプーンを使って70cmオーバーのニジマスが釣れたという情報もあるのだ。

期待を胸に記事を読み進めていただきたい。

カルテラス 低比重スプーン開発者の本多智紀さんと阿寒川釣行

カルテラス 低比重スプーン開発者の本田さんと阿寒川釣行

阿寒川で70cmクラスのニジマスが出たという。ゆるやかなカーブで左岸側が多少深くなり、岩や倒木が入っている場所だ。そこは好ポイントではあるが、立てないほどの深場ではなさそうだ。13gをキャストすると、定位していた魚は何度か追ってきたものの、しっかりくわえるには至らない。

この日は自然に流下するような形でスプーンをドリフトさせるのが効果的だった。そのためポイントの上流側に投げたうえで、低比重スプーンの強みである自然なドリフトをさせると、魚は反応してくれた。

金属製のスプーンでも、条件によっては似たような釣り方は可能だろう。しかし『Parato』は軽いわりにはサイズもあるので、アピール力も強い。緩やかな流れで定位しているシーズン初期の魚には、ちょうどマッチしているようだった。

結果的に、この日は60cmクラスを筆頭に良型ニジマスを何尾もキャッチすることができた。

おすすめルアー!阿寒川のニジマスで結果が出た低比重スプーン

おすすめルアー!阿寒川のニジマスで結果が出た低比重スプーン
おすすめルアー!阿寒川のニジマスで結果が出た低比重スプーン

60cmクラスのニジマスを釣ったのは『Parato Type HV』13gの低比重スプーン。『Parato+GF30』や『Parato』と同シリーズの展開だがヘビータイプとして扱われている。

70cmオーバーをねらう際はヘビーなタックルが有効だろう。

オールマイティ!阿寒川のニジマスにつかったタックル紹介

オールマイティ!阿寒川のニジマスにつかったタックル紹介

ロッドはカルテラスとツララで共同開発された『オーバーシーズ611』を使用。スプーンのサイズによってベイト、スピニングのどちらも使える。

オールマイティ!阿寒川のニジマスにつかったタックル紹介

パックロッドなので持ち運びも楽。

リールはシマノ『カルカッタ コンクエストDC 200 RIGHT』で、ラインはバリバス『スーパーソフト』20ポンドを巻いていた。

ちなみに『Parato TypeHV』で4.8g 以下を使う場合は、リールはダイワ『イグジスト 3000H』を使用。今回のロッドはベイト、スピニング両方を使えるタイプだったので、そのままリールを付け替えて使用していた。

ニジマスが釣れる!阿寒川の釣り場情報

ニジマスが釣れる!阿寒川の釣り場情報

阿寒川のニジマス・アメマス釣り解禁期間は5月1日~10月31日。日の出1時間前から日没1時間後まで釣りができる。

また、阿寒川でもヒグマの出没はあるので、マヅメ時の釣行は慎重に。

河畔ではちょうどミズバショウが咲いていた。時期折々の植物も楽しめるので季節を感じれるだろう。

遊漁料:
日券1,500円
回数券(12回分)15,000円

問合先:
フィッシングランド阿寒
TEL0154-67-2057

まとめ

阿寒川のニジマスが釣れるスプーンや、タックルの紹介をしてきたが、北海道の夏はトラウトフィッシングの盛期でもある。

低比重スプーンは釣果に影響してくるに違いない。

北海道の釣り情報をもっと知りたい方は、北海道の釣り情報誌ノースアングラーズをぜひご覧いただきたい。

北海道の川釣り海釣り湖釣りの情報をはじめ、入門者向けの情報も紹介している。

スプーンについての関連記事はこちら
おすすめルアー!カルテラスの低比重(樹脂製)スプーンの紹介!阿寒川で60、70オーバーのニジマス釣果の低比重スプーンのご紹介

2021/07/31

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。

    新着記事

    THE WILD...

    THE WILD...

    THE WILD...