編集部2021年1月27日

音速PEジョインター/編集部イチオシ最新タックル

釣りの仕掛け集 PICKUP

「アミパワーグレスペシャル」はアミエビの集魚力の高さをリスペクトしたメジナ用配合エサの新作。アミエビとオキアミの粉末を大量に配合しているうえ、旨味のもととなるアミノ酸の結合体ペプタイドも増強。さらにはMSP(マルキユーシンクロペレット)というオキアミとほぼ同じ速度でゆっくり沈下するペレットも配合され、視覚的なアピール度も高い。

煩わしいPE接続に福音。結束部をガイドに巻き込まない釣りに最適!

解説=つり人編集部・アマノ

この記事は月刊『つり人』2021年2月号に掲載されたものを再編集しています。

好時合が到来したときに限って起こるライントラブル。気が焦れば焦るほどノットに時間がかかり、慌てて結束したものの強度に不安を覚えることもしばしば。しかし、この便利アイテムを使えば電車結びよりも早く、あの複雑な摩擦系ノットよりも強いノットが手に入る。

 強い結びを追い求めるのは釣り人の永遠のテーマである。ただし、ノットに求める要素は強さだけではない。簡単にスピーディーに結べることも非常に重要な要素だ。特に近年はあらゆる釣りでPEラインがメインになっていることから、フロロカーボンなどのリーダーと接続する機会は増える一方だ。

 うまくできればとても強いけれど手順が複雑でやや時間がかかるノットと、あっという間に結べるけれど強度はそこそこのノット。多くの釣り人はおそらくこうした2種類のノットを、ターゲットやタックルに合わせて使い分けているのではないだろうか。

 前者の代表格がFGノット、PRノット、MIDノットなど、おもにルアーの釣りで発展してきた摩擦系のノットで、ハーフヒッチなどで仮止めはしても基本的には結ばずに摩擦によって2種類のラインをつなぐ方法である。

 後者の代表格が電車結びやチチワとチチワをつなぐループ・トゥ・ループだろう。しかし、電車結びやループ・トゥ・ループよりも早くて強い、新たな結束方法があるのをご存じだろうか。

 その方法を可能にするのが、この『音速PEジョインター』だ。見た目はホチキスのハリのようで、最近流行りのライトゲーム専用スナップの先端にもよく見られる形状。まずは片側の小さな輪にリーダーを結んだら、その輪に今度はPEラインを通し、少しずらして軸間に挟んだら2本に束ねたPEラインを引っ張りながら本体に10回程度巻き付け、最後に片側の管に通し、余った先端部をカットすれば完成。

01aa

 挟んで、巻き付けて、管に通すだけなので、これもまたアイテムを使った摩擦系ノットの一種と言え、複雑な手順を要するノットに匹敵する結束強度最大90%以上を実現するという(PEの結束)。

 SMLの3サイズがあり、アジから青ものまで対応する。商品解説の対応ターゲットにタコが含まれるのは強度に対する自信の表われで、緩んでいたラインに瞬間的な強い力が掛かるティップランなどでも強度は問題ないという。

 ただし、トップガイドに巻き込むとロッドが破損する可能性があるので、結束部をガイドに巻き込まないでキャストやファイトをする釣りに限られる。つまり、ロッドの長さ以上のリーダーが必要でなおかつ投げる釣りには不向きだが、それでも用途はかなり広い。

がまかつ/音速PEジョインター 02-Jan-27-2021-02-42-40-86-AM
■ラインナップはS(0.02g)、M(0.04g)、L(0.06g)の3種類。Sの適合ラインはPE0.1~1号、リーダー4号まで。MはPE0.4~1.5号、リーダー6号まで。LはPE0.6~2号、リーダー8号まで。Sはアジ、メバルなどのライトゲームやエギング。Mはタチウオ(テンヤ・ワインド)、シーバス、タイラバ。Lはタコや青ものなどにマッチ。4個入り300円+税

問合先=がまかつ(TEL0800・222・5895)

amazonで購入する



おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。