編集部2019年11月29日

ワカサギ釣りの仕掛け/山梨県山中湖のドーム船

ワカサギ 釣りの仕掛け集

寒くない!山梨県山中湖・旭日丘観光出船のワカサギ釣り」記事内、山梨県山中湖のドーム船で使用。

つり人2016年2月号より、井上 聡さんの仕掛け

つり人編集部=まとめ



2015年の12月上旬、山梨県山中湖・旭日丘観光ドーム船のワカサギ釣りで井上聡さんが使っていた仕掛けです。

仕掛けのオーナー『時短ワカサギ』は、袖とキツネのいいとこどりのハリ形状が魅力。ドーム船では全長60㎝前後の短めの仕掛けがトラブルが少なく使いやすい。

オモリはナス型の1~3号を用意。下バリがセットできるオーナー『満天ワカサギオモリ』は底付近に固まっている状況下で有効。

また、穂先を電動リールにセットする際に角度チェンジャーを使っている。

穂先の角度を自由に変えられるので、よりアタリが出やすい角度やハリ掛かりしやすい角度に調整可能。

同じ穂先でも角度を下げると先調子気味に、水平近くにすると胴調子気味に働き方を寄せることができる。

取材時は先調子を強調するセッティングにして繊細なアタリに対応。半日で200尾超のワカサギをキャッチした。

074-077wakasagi_cs6 (2) 井上さん愛用のワカサギ仕掛け各種

074-077wakasagi_cs6 (3) オモリにセットする下バリにはハリス付きのオーナー『赤ワカサギ』2号、『渋りワカサギ袖』の1.5号を用意。ハリス長は2~3㎝にカット。あまり長すぎると仕掛けに絡んでしまう

074-077wakasagi_cs6 (4) オモリは1~3号を各種用意



◆掲載記事はこちらで読むことができます。

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。