編集部2019年11月29日

ワカサギ釣りの仕掛け/山梨県山中湖のドーム船

ワカサギ 釣りの仕掛け集

寒くない!山梨県山中湖・旭日丘観光出船のワカサギ釣り」記事内、山梨県山中湖のドーム船で使用。

つり人2016年2月号より、井上 聡さんの仕掛け

つり人編集部=まとめ



2015年の12月上旬、山梨県山中湖・旭日丘観光ドーム船のワカサギ釣りで井上聡さんが使っていた仕掛けです。

仕掛けのオーナー『時短ワカサギ』は、袖とキツネのいいとこどりのハリ形状が魅力。ドーム船では全長60㎝前後の短めの仕掛けがトラブルが少なく使いやすい。

オモリはナス型の1~3号を用意。下バリがセットできるオーナー『満天ワカサギオモリ』は底付近に固まっている状況下で有効。

また、穂先を電動リールにセットする際に角度チェンジャーを使っている。

穂先の角度を自由に変えられるので、よりアタリが出やすい角度やハリ掛かりしやすい角度に調整可能。

同じ穂先でも角度を下げると先調子気味に、水平近くにすると胴調子気味に働き方を寄せることができる。

取材時は先調子を強調するセッティングにして繊細なアタリに対応。半日で200尾超のワカサギをキャッチした。

074-077wakasagi_cs6 (2) 井上さん愛用のワカサギ仕掛け各種

074-077wakasagi_cs6 (3) オモリにセットする下バリにはハリス付きのオーナー『赤ワカサギ』2号、『渋りワカサギ袖』の1.5号を用意。ハリス長は2~3㎝にカット。あまり長すぎると仕掛けに絡んでしまう

074-077wakasagi_cs6 (4) オモリは1~3号を各種用意



◆掲載記事はこちらで読むことができます。

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!