編集部2017年3月25日

タナゴ・クチボソ・フナ釣り 東京都板橋区・氷川つり堀公園

タナゴ クチボソ 全国おすすめ釣り場 河川/湖沼 東京 フナ

住宅の間にひっそりとある釣り掘。平日でも地元の方たちで賑わっていた

住宅街の穴場釣り場

編集部◎まとめ

 
道具立てがシンプルでコンパクトな小もの釣り。
電車釣行ができたり、ちょっと隙間時間を見つけて楽しめるのも魅力だ。
気構えせずにふらっと行きたくなるような都会や住宅街のオアシスを紹介。


この記事は『つり人』2016年5月号に掲載したものを再編集しています。


のんびり小もの釣り


 石神井川の旧河道を利用してつくられた釣り堀公園だ。誰でも無料で釣りが楽しめる。住宅地の中にひっそりと佇み、気付かずに素通りしてしまいそうなちょっとした穴場的な釣り堀だ。釣れる魚はキンギョ、タナゴ、クチボソ、ウグイ、フナ。2月下旬に下見に訪れた時は銀ピカのマブナがサオを絞っていた。

 公園内の水は都営地下鉄三田線のトンネル内に湧き出た水を汲み上げ、利用している。閉園後は水を数センチ落とし、翌日の開園後に水を入れ、毎日水を循環させている。水質には気を使っており、練りエサの使用は禁止。

 無料の貸しザオと道具貸し出しサービスも行なっている。初めての方でも気軽に楽しめるだろう。なお、エサの販売は行なっていないので、事前に用意してから行くこと。

 地元の常連さんが数多く楽しんでいる釣り場であり、譲り合って仲良くサオをだしていただきたい。

046-049kouen_cs6 (6) すぐ近くには氷川神社がある。ここでお参りしてから釣り場へGO!

046-049kouen_cs6 (10) 046-049kouen_cs6 (11) 管理事務所では貸しザオのサービスもある

046-049kouen_cs6 (7) 釣り場はL字型になっており奥まで続く

046-049kouen_cs6 (9) 小ものファンのサオを絞ったのは銀ピカのマブナであった

問合先●みどりと公園課施設運営グループ(℡03・3579・2532)
開園時間やルール等●9~16時まで(7月から8月は、8 時30分~16 時30 分まで)。休園日は毎月第1、3、5 木曜日(休日に当たる場合は直後の平日)、年末年始(12月28日から翌年1月4日まで)。河川を汚さないため練りエサは禁止。生きエサを使用すること。魚の持ち帰りは禁止。危険行為、迷惑行為(サオを振り回す、仕掛けを斜めに入れるなど)の禁止。サオの貸出時間=9~6月:9~15時30分(最終受付15時)、7~8月:8時30分~16時(最終受付15時30分)
入漁料●無料
交通●都営三田線・板橋区役所前駅または板橋本町駅下車10分
駐車場●なし(近くにコインパーキングは少ないので、電車利用がおすすめ)

2017/3/25

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!