編集部2017年12月25日

メバル、カサゴほか根魚釣り×温泉/兵庫県洲本市・淡路島観光ホテル前

メバル 全国おすすめ釣り場 カサゴ 兵庫 淡路島 温泉

兵庫県の淡路島に釣りと温泉をまとめて楽しめる施設がある。島南部の東海岸、大阪湾口に近い洲本市は大浜海岸の南、小高い岬に建つ洲本温泉「淡路島観光ホテル」がそうだ。

プライベート釣り場で冬場は根魚三昧!

高崎冬樹◎レポート

この記事は『つり人』2017年2月号に掲載したものを再編集しています。

034-041onsen_guide_cs6 (21) 034-041onsen_guide_cs6 (22) プライベート釣り場は大阪湾の出口付近、潮通しがよい海域に突き出した岬にある。安全なコンクリート護岸からテトラ帯、ゴロタエリアと小規模ながら多彩なフィールドだ


 兵庫県の淡路島に釣りと温泉をまとめて楽しめる施設がある。島南部の東海岸、大阪湾口に近い洲本市は大浜海岸の南、小高い岬に建つ洲本温泉「淡路島観光ホテル」がそうだ。

 このホテルの最大の魅力は「日本一のフィッシングホテル」と自賛するのもうなずける「プライベート釣り場」を敷地内に併設していること。ホテルロビーがある道路に面した3Fから館内を下りて海に出るとプールがあり、その周囲の護岸を釣り場として整備。ホテル利用客に開放しているのだ。

 釣り場は子ども連れでも安心安全な足場がよいコンクリート護岸から、根魚が多いテトラエリア、ゴロタエリア、周囲にシモリが多い北側の突堤とバラエティーに富み、初心者からベテランまで楽しめる。冬場の釣りものはメバルを筆頭にガシラ、アイナメ、カレイなど。春にはチヌ、小グレ、スズキ、初夏からは大型のゴマサバやキス、キュウセン、アジ、ハマチなどが加わり、秋にはタチウオやカワハギ、アオリイカもねらえる。

 釣り方はお好みしだい。ファミリーのサビキ釣りからマニアックなメバリング、アジング、エギング、タチウオのワインド、青もののショアジギングまで、たいていの海釣りが可能なのだ。冬場はワームを使ったメバリングや、身エサや虫エサでガシラをねらう探り釣りが有望。またホテルでは釣りザオ、ライフジャケットを無料で貸し出しているのもうれしい。仕掛けやエサ、ルアーは基本的に自前だが、たいていの物はホテルロビーの売店で手に入る。

 ありがたいことにプライベート釣り場には専門の釣り場スタッフが常駐しているので、まったく釣りが初めてでも大丈夫。何より「釣りバカ社長」を自称する上村雄二郎さんもスケジュール次第で釣り場をパトロール。腕も確かなソルトルアーアングラーなので、アドバイスを請うのもよい。

 さらに淡路島観光ホテルには洲本港から出船する50人乗りの大型遊漁船での「船釣り体験プラン」もあり、冬のシーズンはタチウオ、ガシラ、マダイなどをねらうことが可能。体験料金は18歳以上が1人5500円、18最未満は5000円。釣り時間は2時間ほどだがホテル・洲本港間をマイクロバスで送迎してくれる。

 本格派には釣りバカ社長自らキャプテンを務めるルアー船のチャーターもOKだ。タイラバをメインにジギング、キャスティングが楽しめる。定員は5名まで。ホテル利用者の料金は5時間で1人1万5000円、2人目から5000円ずつ追加。10時間で1人2万5000円、2人目からは1万円ずつ追加。

034-041onsen_guide_cs6 (24) 明るい外灯がありナイトフィッシングも楽しめる。冷えてきたら温泉に直行!

034-041onsen_guide_cs6 (23) 初心者やファミリーに人気がある護岸エリア。小アジが回遊するシーズンはサビキ釣りが楽しい

034-041onsen_guide_cs6 (25) 無料でサオを貸してもらえるのもありがたい。仕掛けやエサは3Fロビーの売店で手に入る

淡路島観光ホテル
℡0120・22・9700
034-041onsen_guide_cs6 (27) 034-041onsen_guide_cs6 (26)
 洲本温泉は無色、透明、わずかに塩味、金気、弱い硫化水素臭を有する単純弱放射能泉(単純弱ラドン泉)で加水・加温。淡路島観光ホテル内1Fにうずしお大浴場・露天岩風呂、2Fに波の上パノラマ大浴場・露天檜風呂があり、潮騒と潮風を感じながら体の芯まで温まることができる。効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消火器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進など。なお客室の内風呂には温泉水を利用していないので念のため。

住所●兵庫県洲本市小路谷1053-17
営業時間●12~21時
料金●1000円
034-041onsen_guide_cs6 (5)
交通●神戸淡路鳴門自動車道・洲本インターから車で約15分、津内一宮ICからは約30分。洲本バスセンターから送迎あり


===

2017/12/25

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!