カテゴリー

世界一のクランクベイトができるまで。ラッキークラフトU.S.A. Behind Story 第5回

編集部 2022年6月13日

リップは薄いほうがアクションのキレは出ますが、引き抵抗が重くなってしまう。また、飛距離を出すための重心移動を備えつつ、リトリーブ時はウエイトが固定され速引き時にアクションを安定させることも重視しました。そうして作ったのが潜行深度6mのフラットCB D 20です。

Basser編集部厳選! GWに読みたいテクニック集!

編集部 2022年5月3日

この時期から有効になるテクニック集をドーンと紹介! これを読めばGW釣行も釣果アップ間違いなし!

基礎から応用まで。ルアー別テクニック

Basser編集部=まとめ

世界一のクランクベイトができるまで。ラッキークラフトU.S.A. Behind Story 第4回

編集部 2022年5月2日

そのとき気付いたんです。「加藤誠司さんは世界で唯一無二の『振動』を作るプロなんだ」と。加藤さんは新しい「振動」で新しい魚を釣ることができるルアーを作る天才なんだと私は理解しました。

バス釣り用ルアー使い方&タックル解説 フロッグ編 適したタックルは? 使い方は?

編集部 2022年4月28日

この記事では、バスフィッシング初心者のために、よく使われるルアーをタックルの選び方から使用法まで基本を詳しく解説します。今回はカバー周りで熱いトップゲームが楽しめる「フロッグ」について紹介します!

タックルの選び方から使用法まで!

写真と文◎編集部 

『バス釣り 霞ヶ浦流入河川 大明解MAP』 好評発売中!

編集部 2022年4月13日

つり人社の大明解マップシリーズに、霞ヶ浦の流入河川のみを取り上げた1冊が追加されました。規模の大小を問わず本湖、北利根川に注ぐ30本以上の河川をピックアップ。監修アングラーは、同水系での年間釣行日数は300日を超えるという北田朋也さん。

世界一のクランクベイトができるまで。ラッキークラフトU.S.A. Behind Story 第3回

編集部 2022年4月4日

この夜、大森さんと語りながら胸に手を当てて考えました。思い当たったのは、私にはまだ「ルアーがアメリカだけじゃなく、日本でも売れたらいいな」という下心があったということです。その邪心がルアーに「Fashionable」を求める結果に繋がっていたんですよね。

大津清彰と川村光大郎が水槽で見つけた「本当に釣れるロール」:④

編集部 2022年3月31日

大津清彰さんと川村光大郎さんが気になる15種のソフトベイトをピックアップし、ミドスト時のアクションを徹底的に水槽で観察!「釣れるロール」の秘密は暴かれるのか!?

ミドスト賢者のふたりが15種のルアーアクションをインプレッション!

編集部=文

大津清彰と川村光大郎が水槽で見つけた「本当に釣れるロール」:③

編集部 2022年3月31日

大津清彰さんと川村光大郎さんが気になる15種のソフトベイトをピックアップし、ミドスト時のアクションを徹底的に水槽で観察!「釣れるロール」の秘密は暴かれるのか!?

ミドスト賢者のふたりが15種のルアーアクションをインプレッション!

編集部=文

大津清彰と川村光大郎が水槽で見つけた「本当に釣れるロール」:②

編集部 2022年3月31日

大津清彰さんと川村光大郎さんが気になる15種のソフトベイトをピックアップし、ミドスト時のアクションを徹底的に水槽で観察!「釣れるロール」の秘密は暴かれるのか!?

ミドスト賢者のふたりが15種のルアーアクションをインプレッション!

編集部=文

大津清彰と川村光大郎が水槽で見つけた「本当に釣れるロール」:①

編集部 2022年3月31日

大津清彰さんと川村光大郎さんが気になる15種のソフトベイトをピックアップし、ミドスト時のアクションを徹底的に水槽で観察!「釣れるロール」の秘密は暴かれるのか!?

ミドスト賢者のふたりが15種のルアーアクションをインプレッション!

編集部=文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。