カテゴリー

【プロ野球・和田一浩】五島列島の福江島でチヌ・マダイを釣る!!【動画】

編集部 2022年5月26日

聖地・五島列島の福江島に降り立ったプロ野球界のレジェンド、和田一浩さん。釣り人憧れの地は、いったいどんな夢を見せてくれるのだろうか。今回のターゲットは、一筋縄ではいかない大型チヌとマダイ。磯釣りに魅せられた、彼の「夢釣行」3日間を追った。

岡山県・宇野港 晴れの国で味わうタイラバ&観光プランは決まり! 後編

編集部 2022年5月15日

黒山さんはUNOHOTELに宿泊。目の前の港から7時に出船した。タックルも仕掛けもライフジャケットもレンタルできるため手ぶらの釣行も可能だ。実際、初心者のお客さんはとても多いそうだ。

岡山県・宇野港 晴れの国で味わうタイラバ&観光プランは決まり! 前編

編集部 2022年5月15日

瀬戸内海で最も簡単に釣れる魚は何か? それはタイラバで釣るマダイかもしれない。岡山県宇野港を拠点にすれば、観光がてらのタイラバ釣りも素晴らしく気軽に味わえる。

サーフのショアジギング入門! 回遊をねらえ! 後編

編集部 2022年4月24日

釣り座は岬状に出っ張っているような地形が少しでも変化している場所に構えたい。離岸流が生じていれば確率は上がる。ベイトが溜まりやすく、捕食が楽に行なえるとあってフィッシュイーターの寄りもよい。ちなみにベイトとして好ましいのは、あらゆる魚を引き寄せるカタクチイワシだ。

サーフのショアジギング入門! 回遊をねらえ! 前編

編集部 2022年4月24日

フィールドとして高いポテンシャルが認知され、ここ数年で盛り上がってきたサーフの釣り。ショアジギングに始まり、エギングやウキフカセ釣りなど、現在はさまざまなジャンルが追随して発展を遂げている。この記事ではその中でも手軽に始められてさまざまな魚種がねらえるショアジギングを紹介!

【タイラバ】自分で操船するボートなら面白さ倍増! 【レンタルボート・プレジャーボート】後編

編集部 2022年4月13日

マダイの時合は潮替わり前後に多い。この日の潮回りは小潮で満潮が8時31分である。6時45分を回ったころ、潮が1・5ノットと流れ出すとアタリが出た。ガツガツと噛み付く感触が伝わるが、巻く手を休めずリトリーブを続けるうちにグンとティップが引き込まれ、フルソリッドで作られた愛竿「TAIGAME SSD」が弓なりになった。ほどなく真紅の魚体が朝日に照らされ浮上した。

【タイラバ】自分で操船するボートなら面白さ倍増! 【レンタルボート・プレジャーボート】前編

編集部 2022年4月13日

タイラバは手軽でシンプル。なのによく釣れるルアーである。そしてポイント探索の楽しみをプラスできるボートフィッシングは、この釣りの釣趣がさらに倍増する。

タイラバのアクションを名人が解説! 水中ではどう動いているのか? 後編

編集部 2022年4月12日

...

タイラバのアクションを名人が解説! 水中ではどう動いているのか? 前編

編集部 2022年4月12日

水中のタイラバの軌道や姿勢やネクタイの動きを庄山英伸さんが解説する。タイラバはヘッドから着底する。浮力の違いと水への抵抗の違いから半固定式を除いて、ヘッドとネクタイは少し離れていることが多く、わずかな差であるがヘッドとネクタイの落下速度や動き出しに誤差が生じることも多い。

ゴールデンウィーク親子で行きたい東京近郊の海上釣り堀4選/月刊『つり人』編集部が厳選!

編集部 2022年4月9日

安定した足場からアジ、マダイ、ブリ……高級魚をねらえる海上釣り堀。休日に親子で行くにもぴったりの海上釣り堀からおすすめの施設をつり人編集部が厳選!

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。