カテゴリー

海上釣り堀で初めての魚釣り! 受付からテクニックまで解説!

編集部 2019年7月8日

釣果が出やすく、家族サービスができる場所といえば海上釣り堀。釣った魚を美味しく調理すれば、家族に喜ばれること間違いなしだ。

ちびっこでもご覧の釣果

初心者でも食べて美味しい大ものが釣れる!

佐藤直樹◎レポート

マダイ釣り/福岡県宗像市/玄界灘・宗像沖ノ島沖

編集部 2018年6月11日

福岡県北部の宗像市からおよそ60㎞、険しい山容を頂く孤島、宗像沖ノ島。その周りは起伏に富む地形に本流がほとばしる荒海である。

ガイド以外にも釣り場の開拓に勤しむ森下雅一さん。類稀なる操船技術でドテラ流しによるタイラバで乗船者をサポート。釣り場開拓に長けたプロショップディーパー店主であり、玄界灘の遊漁船・セカンドステージのキャプテン

タイラバでねらう大型マダイ

レポート◎小田部修久

マダイ釣り/青森県東津軽郡外ヶ浜町/平舘漁港出船

編集部 2018年6月4日

春から初夏にかけて、マダイの群れの多くが産卵場になる陸奥湾へと入ってくる。ゆえに陸奥湾内はもちろんだが、その湾口にあたる平舘沖も湾内へ入る時期、出ていく時期にマダイの密度が濃い好釣り場になる。

大型マダイをキャッチしたますへいの常連さん

楽しみ方色々!! 初夏の平舘沖マダイゲーム

協力◎高橋俊雄

マダイ釣り/大ものの宝庫 高知県須崎市

編集部 2017年4月25日

マダイといえば沖釣りの花形魚。だが全国には手つかずのマダイスポットがまだまだある。ポテンシャルは高いのにサオをだせる船がない。南国土佐は須崎の海もそうだった。と、過去形なのは2016年より釣り人を誘う新たな試みが始まったから。

おすすめ時期:4~5月

丸山 剛◎写真と文 取材協力◎ANA、南国生活技術研究所

マダイ釣り/絶好のシーズンに楽しむ上越マダイ

編集部 2017年4月25日

ビギナー・ファミリーでも楽しめる釣りレジャー番組「J:COM釣りたいっ!」のロケの模様をお伝えするこの企画。今回は放映100回記念ということで、マダイのメッカである新潟上越に向かい、タイラバ、テンヤ、コマセマダイの釣法に挑戦!

おすすめ時期:4~5月

山口 充◎レポート

マダイ釣り/軽めの仕掛けで手軽にチャレンジ

編集部 2016年12月9日

ビギナー・ファミリーも楽しめる釣りレジャー番組「J:COM釣りたいっ!」のロケの模様も交えて、船でねらうマダイ釣りの魅力をご紹介。 よろしくお願いいたします!

おすすめ時期:12~1月

山口 充 レポート

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!