カテゴリー

シーバス釣り/はじめてのドリフトゲームは明暗の釣りで覚えるべし!

編集部 2019年9月13日

投げたら巻かずにルアーを流す? それで釣れるの? その手応えのなさから、いまひとつビギナーに理解されないドリフトの釣り。ただ、この釣りを覚えれば釣れるシーバスは確実に増えるぞ!

カサゴの釣り方とタックル&ルアーの選び方

編集部 2019年8月29日

数ある海のルアー対象魚のなかでも、カサゴは岸からねらえる手軽さに加えどんなルアーにもアタックしてくるバイトの多さからビギナーにもおすすめのターゲットだ。

ルアーフィッシングの基礎/トレブルフックとシングルフック。それぞれの長所は?

編集部 2019年8月29日

プラグやジグといったハードルアーには、ハリ先を3本備えたトリプルフックと1本のシングルフックがある。一見すると数の多いトリプルフックのほうがハリ掛かりはよさそうだが、シングルも使われるのにはどんな理由があるのだろうか?

スーパーライトジギングをはじめよう! 入門するために揃えたいタックル

編集部 2019年5月14日

スーパーライトジギングとは何なのでしょうか? ジギングといえば重いジグをシャクって大型の青ものなどをねらうイメージがありますが、スーパーライトジギングでは水深40mまでで80gより軽いジグを使うことが多いです。 深すぎない場所で軽めのジグを使うと何が起きたか……。 サイズや魚種を問わずさまざまな魚が手軽に釣れるようになりました。

「浅い海×軽いジグ」が拓く無限の可能性

つり人オンライン=文

親子で楽しむ潮干狩り入門! 準備・獲り方・持ち帰り方を完全網羅

編集部 2019年4月17日

一年の中でも、大きな引き潮が日中にやって来る春。 そこで楽しめるのが潮干狩りだ。 海の恵みを自分で獲るワクワク感は格別。 春の大潮にあわせて、近くの海岸に出掛けてみよう。

〝潮干狩りの超人〟こと原田知篤さんが解説!

解説◎原田知篤 写真◎編集部

海釣り入門に最適! ノベザオでねらうウミタナゴ&メバル :後編

編集部 2019年4月2日

ウミタナゴは愛らしい。オチョボ口につぶらな目。体高のある魚体にきめ細かい鱗。ノベザオで掛ければ小気味よい躍動が癖になる。水深は2mもあればいい。

アタリを出すコツ&同じ道具でねらえるメバル釣り

つり人編集部◎写真と文

海釣り入門に最適! ノベザオでねらうウミタナゴ&メバル :前編

編集部 2019年4月1日

ウミタナゴは愛らしい。オチョボ口につぶらな目。体高のある魚体にきめ細かい鱗。ノベザオで掛ければ小気味よい躍動が癖になる。水深は2mもあればいい。

ポイントの選び方と道具立て

つり人編集部◎写真と文

メバル・アジ釣り×温泉/長崎県長崎市・野母半島と軍艦島

編集部 2017年12月25日

長崎市街からおよそ40分南に下ると野母崎。そこは東の天草灘と西の五島灘とを分つ細長く突き出た半島となっている。周辺には入り組んだ地形に漁港や波止、地磯や水道が点在し、さまざまな表情を持つ釣り場が集まっている。

デカメバルマニアの間で穴場とささやかれる茂木の沖波止

軍艦島を望むメバル&アジングで非日常へトリップ

小田部修久◎レポート

クロダイ釣り/千葉県九十九里・片貝港白灯堤防

編集部 2017年8月25日

秋、クロダイの活性も高まり釣果も上向きとなるのだが、同時にフグなども活発にエサを取るため、付けエサのオキアミが瞬時になくなってしまう。

30~40㎝級のクロダイが高確率で手にできる

sブロックの際をタイトにねらう

案内◎時田眞吉

ワタリガニ釣り&シロギス釣り/カニ網釣法で食材ゲット

編集部 2017年5月25日

タラバガニにズワイガニ、そしてケガニ。いずれも美味しい海の幸だが、負けず劣らずの食味を誇るカニがガザミ(ワタリガニ)。初夏に産卵を迎え、手軽な堤防でチャレンジできる。専用のカニ網をキャスト。食わせて釣るというよりも、網で絡め取るのだ!

初夏の異色ターゲット!投げて、待って、上げるだけ!

時田眞吉◎レポート

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。