カテゴリー

東北のタチウオ、その実態を紐解く。

編集部 2022年8月16日

ひと昔前なら東北では話題にならなかった魚種が、このところ存在感を示し始めている。タチウオもそのひとつだ。 ここでは漁業関連の資料と釣果実績などをもとに、東北各県のタチウオ釣り事情を探ってみよう。

マハゼの棲み処調査から見えてきた東京湾ハゼ釣りの最新事情

編集部 2022年8月7日

...

ウナギとミミズの切っても切れない関係とは? 生きていくのに欠かせないウナギのエサ事情

編集部 2022年8月6日

降雨後はミミズでウナギがよく釣れるというのは実証済みで、上流域から下流域まで欠かせないエサである。そのミミズがウナギの成長に欠かせないことが研究により分かってきた。降雨後、土中からはい出たミミズは川へと流され、それがウナギにとって最重要のエサになっているという。論文をもとに解説する。

東京湾でタチウオが年中釣れるようになった理由とは…生態面から考察 後編

編集部 2022年6月26日

その変化をもたらしたのは、水温の上昇である。特に冬季の水温上昇の影響は大きく、湾口や湾外への越冬移動が不明瞭になった。先月号のキビレの勢力拡大でも述べたとおり、東京湾奥の最低水温は過去30年間で1℃近くも上昇した。気候の温暖化に加え、湾岸エリアの都市化によるヒートアイランド現象など、人間活動も水温上昇に大きく寄与している。

東京湾でタチウオが年中釣れるようになった理由とは…生態面から考察 前編

編集部 2022年6月26日

近年、東京湾でよく釣れているタチウオ。立って泳ぐイメージが強いが、常にそう泳いでいるわけではない。 活性や水温が関係しているようで、東京湾でよく釣れるようになった理由とも関係がありそうだ。

渓流釣りができる川を守るために。ジャーナリスト・浦壮一郎さんの考え。後編

編集部 2022年6月18日

『RIVER CAMP』著者の浦壮一郎さんが同書に書き下ろした、渓流釣りができる川を末永く残していくための考え方をシェアします。

渓流釣りができる川を守るために。ジャーナリスト・浦壮一郎さんの考え。前編

編集部 2022年6月18日

『RIVER CAMP』著者の浦壮一郎さんが同書に書き下ろした、渓流釣りができる川を末永く残していくための考え方をシェアします。

釣りに役立つナマズの生態学。食性は? 生息場所は? 前編

編集部 2022年6月12日

愛嬌のある顔が特徴の大型淡水魚、ナマズ。田園の水路や小川だけでなく、近年は護岸されている都市河川にも進出している。対照的な環境に思えるが、どちらにも共通項があるのだ。

釣りに役立つナマズの生態学。食性は? 生息場所は? 後編

編集部 2022年6月11日

しかし近年、田園地帯では「ナマズが減ってしまった」との声が多く聞かれる。その一番の要因は、水田の給排水を効率化するために、ポンプで水をくみ上げたり、水田と用水路との落差を大きくする圃場整備によって、ナマズの行き来が難しくなったためにほかならない。

東京湾のクロダイ・キビレの今。生態面から研究者が解説 第3回(全3回)

編集部 2022年5月27日

化学物質を嗅板に届ける媒体は水の流れであり、極論すれば潮の流れがクロダイの捕食行動を誘発すると言ってもよいだろう。クロダイは上げ七分、下げ三分を釣れとの金言は、まさにこの事を言い当てている。上げ下げの潮が効いている時間帯にクロダイが口を使うことが、経験を通じて古くから知られていたのであろう。

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。

    新着記事

    東北のタチウオ、その実態を紐解く。

    THE WILD...

    THE WILD...