毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

『アオリイカ地獄IX 2010』でお勉強。

『アオリイカ地獄IX 2010』でお勉強。

つり人編集部=写真と文
先日発売された『アオリイカ地獄IX 2010』。


すぐ横に座ったA先輩が
コツコツ編集作業をしているのだから、
その時にゲラでも見せてもらえば内容は事前に分かります。
が、同じ会社から出ている本でこういうのもなんですが、
完成が待ち遠しい一冊でした。

以前、僕は月刊『つり人』の
「エギング道場」というコーナーで
アオリイカのエギングを基礎から学びました。
が、その時の釣果はさんざんなもの。

なんで上手くシャクれないのか?
なんで乗らないのか?

ひとつずつ学ぶうちに道場の講義は時間切れ。
その後はひとりイメージトレーニングを重ね、
次こそはと思い続けていたわけです。
といっても、その後プライベートで行った時も、
やはり結果は付いてこなかったのですが。

というわけで、2010年はこの本で学んだことを、
乗っ込みシーズンに試してみようと思っています。

ところで、
なぜそこまでアオリイカを釣りたいのか? といえば、
家内の好物がイカなため。

釣らないと三白眼でにらまれそうなので、
とにかくこの本を必死で読むしかないのです……。

(真野)

2010/3/31

<< 2010/3 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中