川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

江東区のアユスポット

江東区のアユスポット

つり人編集部=写真と文
暑い…。

怖いくらいに暑い。
こんな日は清流に立ち込んで
アユ釣りでもしていないと頭がどうにかなりそうだ。

というわけで
昼食後に江東区にある中川船番所へ。



中川船番所では8月31日までアユの企画展示会を開催中

都営新宿線・東大島駅から徒歩5分、
旧中川沿いにある中川船番所では
「銀鱗跳躍~夏の魚・鮎と人々~」
という企画展示会を開催中なのである。

入館料は200円。
館内は涼しく
骨董品ともいえる高価な和ザオが美しく陳列されている。

アユコーナーは1階で
六代目東作の和ザオや汀石の和ザオが
ショーケースの中に鎮座している。


アユコーナーをじっくり見ていると
なんとショーケースの中に
月刊つり人の創刊号と当時の「アユ釣り増刊号」が展示されていた。
「アユ釣りが解禁になったが
那珂川や鬼怒川は増水で釣りにならず
相模川はサオをだせたが釣果は上がらなかった」
とアユ釣り増刊号には記されていた。

月刊つり人創刊号とアユ釣り増刊号

そう、月刊つり人は現存する最も古い釣り雑誌なのである。
昭和21年6月25日創刊で
定価は6円だった。

当時は創刊者の佐藤垢石や井伏鱒二、森下雨村
といった文人が筆をふるい
表紙のイラストは
レオナルド・フジタこと藤田嗣治が手がけたこともあった。

釣り文化を啓蒙し続けて半世紀以上。
今後も、真摯に雑誌作りに励まねばと
心を新たにしたしだい。
(山根)


2008/7/25

<< 2008/7 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年3月号

2019年の渓流釣りもいよいよ開幕。今月のつり人の特集は「夢空間の“ルート”&“釣り方”を一挙公開! いつか釣りたい百名山の渓」。身を置くだけで心が洗われるような日本の渓流。その環境を育むのは、列島に連なる数多くの山々だ。冬を終え、木々も生きものたちも目覚め始める春からの川。とびきりの魚たちと、今シーズンも出会いたい。百名山の渓流ガイド、郡上本流のアマゴ術、大ヤマメ・大アマゴハンターの大ものの心得、山ナイフの勘どころ、2019年渓流解禁情報などをお届け。
そのほか、堤防メジナ釣り、厳寒期のコマセワーク、渚クロダイレポート、寒タナゴ釣り、グルテンエサの勘どころといった旬の釣りも充実。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中