編集部2021年10月16日

2021年JB TOP50七色ダム戦2日目、山岡計文選手が優勝に王手!

PICKUP ブラックバス Basser バス釣り

  2021年JB TOP50七色ダム戦2日目が終了しました! 初日に驚きの7㎏超をマークした山岡計文選手が2日目、4086gをウエイイン! 2日間で計11871gとし予選をトップで通過しました!

2日間で計11871gをウエイインし予選をトップ通過! 

金澤一嘉=写真

  2021年JB TOP50七色ダム戦2日目が終了しました! 初日に驚きの7㎏超をマークした山岡計文選手が2日目、4086gをウエイイン! 2日間で計11871gとし予選をトップで通過しました!

JB公式サイト成績表

 予選暫定2位は初日3992g、2日目5455gを持ち込んだ青木唯選手! サイトやライブソナーを駆使し、今季マスターズ第3戦&第4戦を連覇した21歳のルーキーが追い上げをかけます。


 七色ダムに関する圧倒的な経験値をもつベテラン山岡選手がかけた王手に対し、最新の電子機器から得られる情報をもとに異次元の釣りを組み立てる若手が待ったをかけられるか? ますます目が離せない戦いになってきました! 

 山岡選手にはBasser取材班が同船密着中! Basser2022年1月号(11月末発売号)にて詳細レポートを掲載予定です!

◆関連記事
山岡計文が池原ダムで追う、水面下6~10mのモンスター! リザーバーの手つかずのゾーンとは?








おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。