編集部2021年5月26日

長良川初のレンタルボートサービスがスタート!

Basser バス釣り

三重県桑名市のバスフィッシングショップ「30LURES」でバスボートが借りられる! バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

三重県桑名市のバスフィッシングショップ「30LURES」でバスボートが借りられる!

Basser編集部=写真と文

三重県桑名市のバスフィッシングショップ「30LURES」が、長良川では初となるレンタルボートサービスをスタートしました。

バスボートで本格的なバスフィッシングが楽しめます!

30LURESでは、Basser最新号の発売に合わせて5月26日からレンタルボートの予約を開始。
レンタル用のバスボートはフルリグのCobra 18ftが2艇。エレキは2艇ともミンコタで、1艇はローランス、もう1艇はハミンバードの魚探を装備。
初回利用時には航行ルールや操船方法などのレクチャーも行なっています。

長良川の水上スポーツを楽しむ多くの方が利用する共用スロープのほかに、30LURES専用のスロープもあり、ポイントまですぐにアクセスできます。
※2021年5月26日現在、緊急事態宣言のため共用スロープは閉鎖中。

008 5月26日発売のBasser最新号(No.355)の巻頭記事、三原直之さんの実釣取材ではひと足先に出航いたしました!

「30LURES」は、2018年8月にオープン。定番のアイテム以外にも、代表の三輪和希(みわ・かずき)さんが直接アメリカに出向いて買い付けたアメリカンルアーを豊富に展開しており、国内ではここでしか買えない珍しいルアーがズラリと並んでいます。
ルアーのラインナップに比して店内はスッキリしており、時間を忘れてディスプレイネットに夢中になってしまいます。

011
014
018

店長は20歳という若さの冨田笙太(とみた・しょうた)さん。
高校生のころ、毎日オカッパリに通っていたポイントで代表の三輪さんに声をかけられたのがお店に関わるようになったきっかけ。
自身ももちろん熱心なバスアングラー。長良川をホームとし、日々フレッシュな情報を提供してくれます。

019 左/店長の冨田笙太さん。右/代表の三輪和希さん。「このショップがきっかけで釣り仲間になった、という人も増えてきました。オリジナルのコーヒーも販売していて、コーヒーを飲みながら釣りの話をしにくるお客さんも多いですよ」

020 三原さんも気になるルアーを購入。「ここ、ずっといられますね(笑)」

バスフィッシングの新しいシーンは、レンタルボート店やショップが起点となって生まれることが多いですが、30LURESからもそんな流れが徐々に生まれつつあるとのこと。
冨田さんは、「長良川ほど面白いフィールドはないと思っています。もっとこの楽しさを広めていきたいですね」と話します。
皆さまもお近くに来られた際は是非立ち寄ってみては!

021
30LURES
002
住所:〒511-1134 三重県桑名市長島町松蔭463
電話:0594-37-5519
営業時間:平日17-20時、土日祝日15-20時
アクセス:伊勢湾岸自動車道、湾岸長島ICより車で10分
HP:https://30lures.shop-pro.jp/
Instagram:@30lures
Twitter:@30lures

レンタルボート料金:2万3000円/1日(税込み、燃料費込み)
そのほかにもガイドプランなどあり。詳細はHPにて!

◆30LURESウェブサイト:レンタルボートご利用詳細

003

004
005長良川のポイントに精通した店長の冨田さん。ガイドサービスも受け付けている

Basser2021年7月号 4910175430716a
表紙をクリックすると試し読みができます

maxresdefaulta

楽天ブックスはこちら!
ヨドバシ.comはこちら!





2021/5/26

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。