編集部2021年1月26日

【動画】川村光大郎さんと伊藤巧さんに聞く サイトマスターの“ココがすごいっ!”

Basser バス釣り


 突然ですが皆さん、偏光グラスっていくつ持っていますか? ロッドやリールと同じようなこだわりってありますか? わたくし映像担当の小林はかなり気を使っています。というのも普段から眼鏡を愛用しており、偏光グラスも度入りでなければなぁ~んにも見えません。しかも最近は老眼が…(涙)。

 ご存じかと思いますが、偏光レンズは2枚のレンズの間に偏光フィルムを挟み込んでいるので、その構造上カーブがきつくなればなるほど、視野の端が歪んで見えにくくなりがちです。さらにそれが度付きとなると8カーブはまずムリ。6カーブでも度を入れられるモデルはかなり限られます。かといって4カーブレンズが入るフレームとなると横から差し込む光が多くなり見にくい…。

 そんな私と同じ悩みを持つメガネ男子、川村光大郎さんと伊藤巧さんがどんなモデルを使っているのかヒジョーに気になる! ということでガッツリ聞いてみました。

◆こちらも要チェック!
サイトマスターブランドページ
https://www.tiemco.co.jp/sightmaster/

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。