編集部2021年12月1日

釣り用クーラーボックスおすすめ20選|高コスパ製品が多数!

PICKUP タックル おすすめタックルランキング

この記事では、人気の釣り用クーラーボックスおすすめ製品をランキング形式で紹介!

クーラーボックスは釣った魚を新鮮に持ち帰り、美味しく食べるためには欠かせないアイテムです。

釣り用のクーラーボックスには持ち運びしやすいコンパクトなものから、大きな魚を丸ごと入れられる大型サイズまでさまざまなものが販売されています。今回はそんな釣り用クーラーボックスの選び方を詳しく解説。

おすすめ製品も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの選定はAmazon「フィッシングクーラー」売れ筋ランキングを参考

釣り用クーラーボックスの特徴は?

釣り用クーラーボックス

釣り用クーラーボックスの特徴は、朝に釣った魚を1日中新鮮な状態で保っておける高い保冷力です。

釣りは屋外で行うものであり、夏はかなりの高温の中釣った魚を保存しておく必要があります。釣った魚を持って帰って美味しく食べるためには、1日中魚を冷やしておける保冷力が必須。

その他にも、大型の魚を丸ごと入れておけるように長い形状のものが多い事や、ロッドホルダーなどを取り付けやすくなっている事も特徴として挙げられます。

釣り用クーラーボックスの使い方

釣り用クーラーボックスの性能を最大限に引き出して使用するためには、サイズに合った充分な氷が必要になります。

氷は現地で購入しても、家で作ったものを持って行っても構いませんが、1日中釣りをしても溶け切らない量をクーラーボックス内に入れなければなりません。

おすすめなのは、ペットボトルに水を入れて凍らせたものを入れるという方法。この方法であれば、クーラーボックスのサイズに合わせてペットボトルの本数を変えることで、適切な氷の量を調整できます。

また、釣りの最中に保冷力を落とさないために気を付けたいのが、できる限り開閉を少なくする事です。クーラーボックスは開閉すればするほど内部の冷気が外に逃げてしまいます。

冷気の放出を避けるためには、クーラーボックスの天面に小さな取り出し口がついたものがおすすめ。飲み物や釣った魚をそこから出し入れすることによって、冷気の放出を最小限に抑えられます。

釣り用クーラーボックスの選び方|サイズや保冷力など

釣り用クーラーボックス

ここからは、釣り用クーラーボックスの選び方を詳しく説明します。

容量の選び方や、保冷力を左右する断熱材の性能などについて詳しく紹介しています。実際に製品を選ぶ際の参考にしてみてください。

ポイント
  • 容量はまず魚に合わせる。保冷剤や飲み物の有無も考慮
  • 大切なのは内寸。横長タイプは長い魚も収めやすい
  • 保冷力は断熱材の種類や断熱構造で変わる
  • 機能性はシンプルなものがまずはおすすめ
  • 釣りに便利な様々なオプションパーツがある
  • 突起が少なく蓋が外せるものがお手入れもしやすい

容量はまず魚に合わせる。保冷剤や飲み物の有無も考慮

クーラーボックスを選ぶうえで重要な容量に関しては、まず釣る予定の魚に合わせて選ぶのがおすすめです。具体的な魚のサイズと適した容量は以下のようになっています。

  • 小型魚(アジやキスなど):6〜15L
  • 中型魚(ハマチやハタなど):15〜30L
  • 中型〜大型魚(サワラやブリなど):30〜60L

アジやキス、メバルといった比較的小さな魚を狙う方には、6~15Lのクーラーボックスがおすすめ。10L以下のクーラーボックスは持ち運びもしやすく、積極的に場所を変えて釣りをする方にも最適です。

ハマチやハタ、メジナなどといった中型魚を狙う方には、15~30Lのクーラーボックスがおすすめ。この容量のクーラーボックスは最も汎用性が高く、釣りを始めたばかりの方にも最適です。

そして、サワラやブリ、マダイといった中型~大型魚を狙う方には30~60Lのクーラーボックスがおすすめ。サワラやブリは、15~30Lのクーラーボックスでは丸ごと入れられない事があります。

魚は丸ごと持ち帰った方が美味しく食べられるため、大型魚を狙った釣りをする方は思い切って大容量のクーラーボックスを買っておくのが良いでしょう。

また、飲み物をどれくらい持って行くのか、保冷材の大きさなども容量を選ぶ際には考慮したい要素です。

大切なのは内寸。横長タイプは長い魚も収めやすい

釣り用クーラーボックスのサイズを選ぶうえで大切なのは、外寸ではなく内寸です。特にハマチやサゴシ、タチウオといった魚は全長が長く、折り曲げないとクーラーボックスに入らないことも多々あります。

魚は折り曲げた状態でクーラーボックスに入れてしまうとその形状で硬直し、捌きにくくなってしまいます。

美味しく食べるためにも不自然な形状で硬直する事は防ぎたいため、できるだけ釣った魚を真っ直ぐな状態で入れられるであろう内寸のクーラーボックスを選ぶのがおすすめです。

保冷力は断熱材の種類や断熱構造で変わる

クーラーボックスにおいて保冷力を大きく左右するのが断熱材。釣り用クーラーボックスには保冷力が高い順に、「真空断熱パネル」「発泡ウレタン」「発泡スチロール」の3種類の断熱材があります。

真空断熱パネル 保冷力ナンバーワン。数日間の釣りにおすすめ。
発泡ウレタン 保冷力と価格のバランスに優れる。汎用性が高い。
発泡スチロール 軽くてリーズナブル。近場の釣りにおすすめ。

真空断熱パネルとは真空状態を用いた断熱材で、発泡スチロールの約10倍もの保冷力を持っています。高い保冷力から真夏の釣りや、数日間に渡る釣行でもしっかりと魚の鮮度をキープ。

しかし高い保冷力を持つ分、価格は他の2つに比べて高くなってしまう傾向があります。

発泡ウレタンは発泡スチロールに比べて約1.5倍の保冷力を持つ断熱材です。価格も真空断熱パネルと比較してお求めやすく、近場の釣りから丸一日程度の釣りであれば問題なくこなしてくれます。

発泡スチロールは保冷力では他の2つに劣ってしまうものの、価格の安さと軽さが魅力的な断熱材です。保冷力が劣るといっても多くのメーカーが断熱層の厚みを確保するなど工夫しており、近場の釣りであれば充分に鮮度をキープしてくれます。

機能性はシンプルなものがまずはおすすめ

釣り用クーラーボックスには、さまざまな機能が搭載された製品があります。その機能の中でも、あれば便利という機能が以下の3つ。

  • 小さな取り出し口
  • 両開きのフタ
  • 水栓

小さな取り出し口は、メインの開口部とは別に取り付けられた開口部の事であり、冷気の放出を最小限に抑えられるというメリットがあります。特に数が釣れる魚を狙う方におすすめの機能です。

両開きのフタはどちらからでも開閉できるフタの事であり、完全に取り外せるものが多いです。釣り場での開閉のスムーズさはもちろん、洗浄する際にもあれば便利な機能です。

水栓は内部に溜まった水を排水するための機能であり、特に氷をそのままクーラーボックス内に入れる方におすすめ。また、洗浄後にもラクに水を排水できることから、クーラーボックスを清潔に保てます。

他にも持ち運びしやすいように車輪が付いたものなどがありますが、まずはシンプルなものを選ぶことをおすすめします。

釣りに便利な様々なオプションパーツがある

釣り用クーラーボックスは、保冷という機能以外にも釣りに便利なさまざまなオプションパーツを取り付けることができます。その中でも代表的なのが以下の3つ。

  • ロッドホルダー
  • トレイ
  • サイドポケット

ロッドホルダーは釣った魚の針を外す時や、ルアーチェンジする時に便利なオプションパーツです。特に複数本ロッドを持ち運ぶ方におすすめ。投げ釣りの竿立てとして使えるものもあります。

トレイはクーラーボックス内を整理整頓するために便利なオプションパーツです。すぐに取り出したいものや、魚とは別にしておきたいものなどを入れるのに最適。エサを入れる場所としても便利です。

サイドポケットはクーラーボックスの横に取り付けるポケットです。さまざまなものを入れることができ、プライヤーやハサミなどを入れておくと便利。ルアーチェンジを素早くするために、ルアーを入れておくといった使い方もできます。

突起が少なく蓋が外せるものがお手入れもしやすい

クーラーボックスは釣行後に洗浄するなどしてお手入れしなければ、魚の匂いなどがついてしまいます。そのような事を防いで清潔に保つためにも、お手入れしやすさが重要。お手入れしやすいクーラーボックスは以下のような製品です。

  • 内部に突起が少ないもの
  • フタが完全に取り外せるもの
  • 水栓付きのもの

クーラーボックスの内部を洗浄する際、突起があると洗いにくくなってしまいます。突起周辺に臭いがこびりつくこともあるので、できる限り突起がなく平らなクーラーボックスがおすすめ。

また、フタと本体の取り付け部分も洗いにくく、汚れがたまりやすい箇所になります。フタが完全に取り外せるものであればそのような部分も洗いやすく、本体内部も洗いやすいでしょう。

そして、洗った後に水を排水する際には水栓があると便利です。水栓を開けた状態であれば水を流しながら洗浄ができるので、釣行後でもラクに洗えます。

釣り用クーラーボックスおすすめ人気ランキング20選

釣り用クーラーボックス

以下では、人気の釣り用クーラーボックスおすすめ製品をランキング形式で紹介します。

\ おすすめ /

\ちょっと待った!注目Youtubeチャンネル/

つり人CHANNEL

つり人CHANNEL

日本で最も歴史ある釣り専門出版社「つり人社」が運営するYoutubeチャンネル。バス釣り、フライフィッシング、海釣り、魚のさばき方など、釣りの楽しさ、釣りの素晴らしさを伝えられる動画を毎日アップしていきます。

つり人CHANNELはこちら

おすすめ1位:ダイワ ミニクール 1050/850/650

ダイワ ミニクール 1050/850/650

ミニクールは、6.5・8.5・10.5Lの3サイズがラインナップされた小型の釣り用クーラーボックスです。

断熱材には軽いスチロールが使用されており、重量が最も重たい10.5Lサイズでも2kgと持ち運びしやすいことが特徴。

価格もお求めやすいため、釣りを始めたばかりの方の最初のクーラーボックスとしておすすめです。

メーカー グローブライド株式会社
ブランド ダイワ(DAIWA)
商品名 ミニクール 1050/850/650
容量 S1050:10.5L
S850:8.5L
S650:6.5L
外寸 S1050:22×39×31cm
S850:22×33×31cm
S650:22×33×25cm
内寸 S1050:15×28×25cm
S850:15×22×25cm
S650:15×22×19cm
重量 S1050:2.0kg
S850:1.7kg
S650:1.5kg
断熱材タイプ S1050:スチロール
S850:スチロール
S650:スチロール
価格(税込) S1050:6,160円
S850:5,830円
S650:5,500円
公式サイト ダイワ(DAIWA)公式サイト

おすすめ2位:ダイワ ライトトランクα 3200/2400

ダイワ ライトトランクα 3200/2400

32Lと24Lという、中型魚を狙う方におすすめのサイズがラインナップされた釣り用クーラーボックスです。

重量は24Lの中で最も軽いモデルで4kg、32Lの最も軽いモデルでは4.6kgと、同サイズのクーラーボックスの中でもトップクラスに軽くなっています。

断熱材は用途や予算に合わせて、6つの面全てが真空断熱パネルの「6面真空」熱が入りやすい底面が真空断熱パネルの「1面真空」保冷力と価格のバランスに優れた「ウレタン」低価格な「スチロール」の4つから選べます。

メーカー グローブライド株式会社
ブランド ダイワ(DAIWA)
商品名 ライトトランクα 3200/2400
容量 ZSS 2400:24L
SU 2400:24L
GU 2400:24L
GU 2400:24L
S 2400:24L
S 2400:24L
ZSS 3200:32L
SU 3200:32L
GU 3200:32L
GU 3200:32L
S 3200:32L
S 3200:32L
外寸 ZSS 2400:31.5×60.5×30.5cm
SU 2400:31.5×60.5×30.5cm
GU 2400:31.5×60.5×30.5cm
GU 2400:31.5×60.5×30.5cm
S 2400:31.5×60.5×30.5cm
S 2400:31.5×60.5×30.5cm
ZSS 3200:31.5×69×34cm
SU 3200:31.5×69×34cm
GU 3200:31.5×69×34cm
GU 3200:31.5×69×34cm
S 3200:31.5×69×34cm
S 3200:31.5×69×34cm
内寸 ZSS 2400:22×46.5×22.5cm
SU 2400:22×46.5×22.5cm
GU 2400:22×46.5×22.5cm
GU 2400:22×46.5×22.5cm
S 2400:22×46.5×22.5cm
S 2400:22×46.5×22.5cm
ZSS 3200:22×56.5×24.5cm
SU 3200:22×56.5×24.5cm
GU 3200:22×56.5×24.5cm
GU 3200:22×56.5×24.5cm
S 3200:22×56.5×24.5cm
S 3200:22×56.5×24.5cm
重量 ZSS 2400:5.3kg
SU 2400:4.4kg
GU 2400:4.2kg
GU 2400:4.2kg
S 2400:4.0kg
S 2400:4.0kg
ZSS 3200:6.1kg
SU 3200:5.3kg
GU 3200:5.0kg
GU 3200:5.0kg
S 3200:4.6kg
S 3200:4.6kg
断熱材タイプ ZSS 2400:6面真空パネル+ウレタン
SU 2400:底1面真空パネル+ウレタン
GU 2400:ウレタン
GU 2400:ウレタン
S 2400:スチロール
S 2400:スチロール
ZSS 3200:6面真空パネル+ウレタン
SU 3200:底1面真空パネル+ウレタン
GU 3200:ウレタン
GU 3200:ウレタン
S 3200:スチロール
S 3200:スチロール
価格(税込) ZSS 2400:46,530円
SU 2400:28,160円
GU 2400:19,360円
GU 2400:19,360円
S 2400:15,730円
S 2400:15,730円
ZSS 3200:51,150円
SU 3200:36,080円
GU 3200:23,430円
GU 3200:23,430円
S 3200:17,160円
S 3200:17,160円
公式サイト ダイワ(DAIWA)公式サイト

おすすめ3位:ダイワ クールラインα/α II

ダイワ クールラインα/α II

10・15・20・25Lという容量で小型魚から中型魚に適した、初めてのクーラーボックスとしてもおすすめの製品です。

両開きのフタ(全モデル)や天面に設けられた取り出し口(Xシリーズのみ)、水栓(25Lモデル)などクーラーボックスに欲しい機能を多く搭載しており、お手入れのしやすさもこの製品の魅力。

予算や用途に合わせて、断熱材の種類を選ぶことが可能です。ボディは補強されているため、イスとして使っても問題ありません。

メーカー グローブライド株式会社
ブランド ダイワ(DAIWA)
商品名 クールラインα/α II
容量 SU 1000X:10L
GU 1000X:10L
S 1000X:10L
VS 1500:15L
SU 1500:15L
GU 1500:15L
GU 1500X:15L
S 1500:15L
S 1500X:15L
SU 2000:20L
GU 2000:20L
GU 2000X:20L
S 2000:20L
S 2000X:20L
SU 2500:25L
GU 2500:25L
GU 2500X:25L
S 2500:25L
S 2500X:25L
外寸 SU 1000X:25×37×29.5cm
GU 1000X:25×37×29cm
S 1000X:25×37×29cm
VS 1500:25×47.5×30.5cm
SU 1500:25×47.5×30.5cm
GU 1500:25×47.5×30cm
GU 1500X:25×47.5×30cm
S 1500:25×47.5×30cm
S 1500X:25×47.5×30cm
SU 2000:31×51×31cm
GU 2000:31×51×30.5cm
GU 2000X:31×51×30.5cm
S 2000:31×51×30.5cm
S 2000X:31×51×30.5cm
SU 2500:31×58×34cm
GU 2500:31×58×33.5cm
GU 2500X:31×58×33.5cm
S 2500:31×58×33.5cm
S 2500X:31×58×33.5cm
内寸 SU 1000X:17×26×22cm
GU 1000X:17×26×22cm
S 1000X:17×26×22cm
VS 1500:17×36×23cm
SU 1500:17×36×23cm
GU 1500:17×36×23cm
GU 1500X:17×36×23cm
S 1500:17×36×23cm
S 1500X:17×36×23cm
SU 2000:22×39×22cm
GU 2000:22×39×22cm
GU 2000X:22×39×22cm
S 2000:22×39×22cm
S 2000X:22×39×22cm
SU 2500:22×43×25.5cm
GU 2500:22×43×25.5cm
GU 2500X:22×43×25.5cm
S 2500:22×43×25.5cm
S 2500X:22×43×25.5cm
重量 SU 1000X:2.4kg
GU 1000X:2.3kg
S 1000X:2.1kg
VS 1500:3.6kg
SU 1500:3.4kg
GU 1500:3.2kg
GU 1500X:3.2kg
S 1500:2.9kg
S 1500X:2.9kg
SU 2000:4.4kg
GU 2000:4.0kg
GU 2000X:4.0kg
S 2000:3.7kg
S 2000X:3.7kg
SU 2500:5.0kg
GU 2500:4.6kg
GU 2500X:4.6kg
S 2500:4.3kg
S 2500X:4.3kg
断熱材タイプ SU 1000X:1面真空パネル+発泡ウレタン
GU 1000X:発泡ウレタン
S 1000X:スチロール
VS 1500:5面真空パネル+発泡ウレタン
SU 1500:1面真空パネル+発泡ウレタン
GU 1500:発泡ウレタン
GU 1500X:発泡ウレタン
S 1500:スチロール
S 1500X:スチロール
SU 2000:1面真空パネル+発泡ウレタン
GU 2000:発泡ウレタン
GU 2000X:発泡ウレタン
S 2000:スチロール
S 2000X:スチロール
SU 2500:1面真空パネル+発泡ウレタン
GU 2500:発泡ウレタン
GU 2500X:発泡ウレタン
S 2500:スチロール
S 2500X:スチロール
価格(税込) SU 1000X:20,900円
GU 1000X:14,300円
S 1000X:10,395円
VS 1500:38,390円
SU 1500:22,550円
GU 1500:14,850円
GU 1500X:15,950円
S 1500:10,780円
S 1500X:11,880円
SU 2000:23,650円
GU 2000:16,280円
GU 2000X:17,380円
S 2000:12,100円
S 2000X:13,200円
SU 2500:25,850円
GU 2500:17,820円
GU 2500X:18,920円
S 2500:13,200円
S 2500X:14,300円
公式サイト ダイワ(DAIWA)公式サイト

おすすめ4位:ダイワ ソフトクール 4500/2500/1500/800

ダイワ ソフトクール 4500/2500/1500/800

ソフトクールは、使わない時にはコンパクトに折り畳むことのできる、ソフトタイプのクーラーボックスです。

壁面には10mm、底面には20mmと分厚い断熱材を入れることによって、ソフトタイプながら高い保冷力を実現。保冷の目安としては、最も小さな8Lサイズでも氷を約25時間完全に溶け切ることなく保冷しておけます。

内部のPVC製のインナーケースは取り外すことができ、使った後のお手入れも簡単です。

メーカー グローブライド株式会社
ブランド ダイワ(DAIWA)
商品名 ソフトクール 4500/2500/1500/800
容量 4500:45L
2500:25L
1500:15L
800:8L
外寸 4500:50×35×32cm
2500:44×30×30cm
1500:34×25×29cm
800:26×20×30cm
内寸 4500:48×32×27cm
2500:41×25×25cm
1500:31×20×25cm
800:22×15×25cm
重量 4500:1.6kg
2500:1.3kg
1500:1.0kg
800:0.8kg
断熱材タイプ
価格(税込) 4500:7,810円
2500:5,445円
1500:4,675円
800:4,070円
公式サイト ダイワ(DAIWA)公式サイト

おすすめ5位:ダイワ プロバイザーHD 2700/2100/1600

ダイワ プロバイザーHD 2700/2100/1600

天面に取り付けられた取り出し口(21Lモデル・16Lモデル)、両開きのフタ、水栓など釣り用クーラーボックスに欲しい機能が充実した製品です。

特に水栓は上フタを開けなくても水抜きができるものとなっており、外側からダイヤルを回すだけで開け閉めが可能。

断熱材は「6面真空」「底1面真空」「ウレタン」「スチロール」の4つの中から、用途や予算に合わせて選ぶことができます。

メーカー グローブライド株式会社
ブランド ダイワ(DAIWA)
商品名 プロバイザーHD 2700/2100/1600
容量 ZSS 2700:27L
SU 2700:27L
GU 2700:27L
S 2700:27L
ZSS 2100X:21L
SU 2100X:21L
GU 2100X:21L
S 2100X:21L
ZSS 1600X:16L
SU 1600X:16L
GU 1600X:16L
S 1600X:16L
外寸 ZSS 2700:35×57.5×34cm
SU 2700:35×57.5×34cm
GU 2700:35×57.5×34cm
S 2700:35×57.5×34cm
ZSS 2100X:32×50×33cm
SU 2100X:32×50×33cm
GU 2100X:32×50×33cm
S 2100X:32×50×33cm
ZSS 1600X:30×47×30cm
SU 1600X:30×47×30cm
GU 1600X:30×47×30cm
S 1600X:30×47×30cm
内寸 ZSS 2700:25×43×25cm
SU 2700:25×43×25cm
GU 2700:25×43×25cm
S 2700:25×43×25cm
ZSS 2100X:23.5×36×24cm
SU 2100X:23.5×36×24cm
GU 2100X:23.5×36×24cm
S 2100X:23.5×36×24cm
ZSS 1600X:21.5×33×22cm
SU 1600X:21.5×33×22cm
GU 1600X:21.5×33×22cm
S 1600X:21.5×33×22cm
重量 ZSS 2700:6.3kg
SU 2700:5.5kg
GU 2700:5.0kg
S 2700:4.5kg
ZSS 2100X:5.3kg
SU 2100X:4.4kg
GU 2100X:4.0kg
S 2100X:3.7kg
ZSS 1600X:4.6kg
SU 1600X:3.8kg
GU 1600X:3.5kg
S 1600X:3.2kg
断熱材タイプ ZSS 2700:6面真空パネル+発泡ウレタン
SU 2700:1面真空パネル+発泡ウレタン
GU 2700:発泡ウレタン
S 2700:スチロール
ZSS 2100X:6面真空パネル+発泡ウレタン
SU 2100X:1面真空パネル+発泡ウレタン
GU 2100X:発泡ウレタン
S 2100X:スチロール
ZSS 1600X:6面真空パネル+発泡ウレタン
SU 1600X:1面真空パネル+発泡ウレタン
GU 1600X:発泡ウレタン
S 1600X:スチロール
価格(税込) ZSS 2700:58,850円
SU 2700:34,650円
GU 2700:24,200円
S 2700:19,800円
ZSS 2100X:58,300円
SU 2100X:34,650円
GU 2100X:24,200円
S 2100X:19,800円
ZSS 1600X:56,650円
SU 1600X:33,000円
GU 1600X:23,100円
S 1600X:18,700円
公式サイト ダイワ(DAIWA)公式サイト

おすすめ6位:シマノ フリーガ ライト 20L

シマノ フリーガ ライト 20L

この製品は、中型魚を狙った釣りをする方におすすめの20Lの釣り用クーラーボックスです。

補強のための梁の役割をするリブや耐久性の高い素材の使用によって、釣行中にはイスとして使うことも可能。軽量かつコンパクトであるため、歩き回る釣りにおいても使いやすいでしょう。

断熱材には発泡ポリスチレンが使用されており、10,500円という価格も魅力的です。

メーカー 株式会社シマノ
ブランド シマノ(SHIMANO)
商品名 フリーガ ライト 20L
容量 20L
外寸 46.5×29.2×31.6cm
内寸 34.6×21.8×25.5cm
重量 2.9kg
断熱材タイプ 発泡ポリスチレン
価格(税込) 11,550円
公式サイト シマノ(SHIMANO)公式サイト

おすすめ7位:シマノ フィクセル ライト 22L

シマノ フィクセル ライト 22L

船での釣りから防波堤、磯での釣りまで、さまざまな状況で使いやすい22Lサイズの釣り用クーラーボックスです。

片手で引くだけの両開きのフタを採用しており、ロッドを片手に持っている時にも素早く出し入れ可能。補強リブや強度のある素材を使用しているため、イスとして使っても安心の高い耐久性も持っています。

断熱材には発泡ポリスチレンを使用。さらには抗菌剤が配合されたプラスティックを本体インナー部分に使用しており、クーラーボックス内を清潔に保つことができます。

メーカー 株式会社シマノ
ブランド シマノ(SHIMANO)
商品名 フィクセル ライト 22L
容量 22L
外寸 53×30×33.2cm
内寸 39.1×21.1×25cm
重量 3.7kg
断熱材タイプ 発泡ポリスチレン
価格(税込) 19,030円
公式サイト シマノ(SHIMANO)公式サイト

おすすめ8位:ダイワ クールラインα ライトソルト

ダイワ クールラインα ライトソルト

エギングやアジング、メバリングなどのライトソルトルアーゲームにピッタリな、10・15Lの小型クーラーボックスです。

2つのロッドホルダーとサイドポケットが付属しており、複数本のロッドを持って釣りをしたい方でも安心。両開きのフタや取り出し口など、クーラーボックスに欲しい機能も充実しています。

断熱材は、「発泡ウレタン」と「スチロール」の2種類から選択可能です。

メーカー グローブライド株式会社
ブランド ダイワ(DAIWA)
商品名 クールラインα ライトソルト
容量 GU1000X LS:10L
GU1500X LS:15L
S1000X LS:10L
S1500X LS:15L
外寸 GU1000X LS:25×37×29cm
GU1500X LS:25×47.5×30cm
S1000X LS:25×37×29cm
S1500X LS:25×47.5×30cm
内寸 GU1000X LS:17×26×22cm
GU1500X LS:17×36×23cm
S1000X LS:17×26×22cm
S1500X LS:17×36×23cm
重量 GU1000X LS:2.3kg
GU1500X LS:3.2kg
S1000X LS:2.1kg
S1500X LS:2.9kg
断熱材タイプ GU1000X LS:発泡ウレタン
GU1500X LS:発泡ウレタン
S1000X LS:スチロール
S1500X LS:スチロール
価格(税込) GU1000X LS:18,700円
GU1500X LS:20,350円
S1000X LS:14,850円
S1500X LS:16,390円
公式サイト ダイワ(DAIWA)公式サイト

おすすめ9位:ダイワ ダイワ RX 3200/2600/1800/1200

ダイワ ダイワ RX 3200/2600/1800/1200

12・18・26・32Lと幅広い容量から選べる、ダイワの釣り用クーラーボックスです。断熱材は「底1面真空」と「発泡ウレタン」の2種類から選択することができ、一日中の釣りにも対応しています。

ハンドルには場所を取らずコンパクトに収納できる、長めのロングハンドルを採用。内部トレーが付属してくるなど、使い勝手の良さも魅力となっています。

メーカー グローブライド株式会社
ブランド ダイワ(DAIWA)
商品名 ダイワ RX 3200/2600/1800/1200
容量 SU 1200X:12L
GU 1200X:12L
SU 1800X:18L
GU 1800X:18L
SU 2600X:26L
GU 2600X:26L
SU 3200X:32L
GU 3200X:32L
外寸 SU 1200X:27.5×43.5×31.5cm
GU 1200X:27.5×43.5×31cm
SU 1800X:30.5×46.5×35.5cm
GU 1800X:30.5×46.5×35cm
SU 2600X:32.5×51.5×39.5cm
GU 2600X:32.5×51.5×39cm
SU 3200X:34.5×55.5×40.5cm
GU 3200X:34.5×55.5×40cm
内寸 SU 1200X:17×31×22.5cm
GU 1200X:17×31×22.5cm
SU 1800X:19×35×26.5cm
GU 1800X:19×35×26.5cm
SU 2600X:21×39×30.5cm
GU 2600X:21×39×30.5cm
SU 3200X:24×43×30.5cm
GU 3200X:24×43×30.5cm
重量 SU 1200X:4.3kg
GU 1200X:3.7kg
SU 1800X:4.8kg
GU 1800X:4.5kg
SU 2600X:5.8kg
GU 2600X:5.5kg
SU 3200X:6.6kg
GU 3200X:6.1kg
断熱材タイプ SU 1200X:1面真空パネル+発泡ウレタン
GU 1200X:発泡ウレタン
SU 1800X:1面真空パネル+発泡ウレタン
GU 1800X:発泡ウレタン
SU 2600X:1面真空パネル+発泡ウレタン
GU 2600X:発泡ウレタン
SU 3200X:1面真空パネル+発泡ウレタン
GU 3200X:発泡ウレタン
価格(税込) SU 1200X:22,000円
GU 1200X:15,730円
SU 1800X:25,410円
GU 1800X:18,150円
SU 2600X:28,380円
GU 2600X:20,790円
SU 3200X:31,240円
GU 3200X:23,760円
公式サイト ダイワ(DAIWA)公式サイト

おすすめ10位:シマノ ホリデークール 26L

シマノ ホリデークール 26L

ホリデークールは約1万円で購入することができ、サイズも26Lと小型魚から中型魚まで汎用性が高いため、最初のクーラーボックスとしておすすめの製品です。

500mlのペットボトルを22本収納できる容量であるため、小型魚から中型魚を狙った釣りにピッタリ。昼ご飯や飲み物を入れられる余裕もあります。

断熱材には「発泡ポリスチレン」が採用されているため、軽さも魅力的です。

メーカー 株式会社シマノ
ブランド シマノ(SHIMANO)
商品名 ホリデークール 26L
容量 26L
外寸 53×30.6×33cm
内寸 40.6×23.1×26.5cm
重量 3.3kg
断熱材タイプ 発泡ポリスチレン
価格(税込) 10,120円
公式サイト シマノ(SHIMANO)公式サイト

おすすめ11位:ダイワ クールライン 800/600

ダイワ クールライン 800/600

アジやワカサギなどの小物釣りに最適な、6・8Lの小型の釣り用クーラーボックスです。

断熱材は「真空パネル」「発泡ウレタン」「発泡スチロール」の3つから選ぶことができ、保冷力を重視したい方も安心のラインナップ。冷気の放出を防ぐ取り出し口も設けられています。

フタは取り外し可能であるため、お手入れもしやすいでしょう。

メーカー グローブライド株式会社
ブランド ダイワ(DAIWA)
商品名 クールライン 800/600
容量 SU 800X:8L
GU 800X:8L
S 800X:8L
GU 600X:6L
S 600X:6L
外寸 SU 800X:22.5×37.5×25cm
GU 800X:22.5×37.5×25cm
S 800X:23×35×25cm
GU 600X:23×33.5×23cm
S 600X:23×31×23cm
内寸 SU 800X:15×28×19cm
GU 800X:15×28×19cm
S 800X:15×28×19cm
GU 600X:15×23×17cm
S 600X:15×23×17cm
重量 SU 800X:2.1kg
GU 800X:2.0kg
S 800X:1.7kg
GU 600X:1.7kg
S 600X:1.5kg
断熱材タイプ SU 800X:側面2面(広い側)真空パネル+ノンフロン発泡ウレタン
GU 800X:ノンフロン発泡ウレタン
S 800X:発泡スチロール
GU 600X:ノンフロン発泡ウレタン
S 600X:発泡スチロール
価格(税込) SU 800X:14,300円
GU 800X:10,230円
S 800X:6,930円
GU 600X:9,240円
S 600X:5,775円
公式サイト ダイワ(DAIWA)公式サイト

おすすめ12位:シマノ スペーザ ホエール ベイシス 45L

シマノ スペーザ ホエール ベイシス 45L

70cmの大型魚も折り曲げずに収納することができる、45Lの大型釣り用クーラーボックスです。

「底面真空パネル+スチロール」であるため軽さと保冷力を両立。車輪が付いている事から、魚を入れて重たくなったとしても移動がラクです。

本体インナー部分には抗菌剤配合のプラスティックが使用されています。

メーカー 株式会社シマノ
ブランド シマノ(SHIMANO)
商品名 スペーザ ホエール ベイシス 45L
容量 45L
外寸 83×36.5×32.5cm
内寸 69.2×27.2×23cm
重量 7.6kg
断熱材タイプ 発泡ポリスチレン+1面底真空パネル
価格(税込) 49,500円
公式サイト シマノ(SHIMANO)公式サイト

おすすめ13位:ダイワ スノーライン 2400/1800/1200/300

ダイワ スノーライン 2400/1800/1200/300

スノーラインは2.9・12・18・24Lがラインナップされた、小型魚から中型魚を狙う釣りに最適な釣り用クーラーボックスです。

特に2.9Lサイズは自重が800g、外寸が13×22×26cmとかなり軽量でコンパクト。短時間でサクッと釣りに出掛けたい方におすすめです。

最も小さな2.9Lサイズを除いて、500mlのペットボトルを縦置きできるように設計されています。

メーカー グローブライド株式会社
ブランド ダイワ(DAIWA)
商品名 スノーライン 2400/1800/1200/300
容量 S 300X:2.9L
S 1200:12L
S 1800:18L
S 2400:24L
外寸 S 300X:13×22×26cm
S 1200:26.5×37.5×29cm
S 1800:29×41.5×32.5cm
S 2400:31.5×45×35cm
内寸 S 300X:9×17.5×20cm
S 1200:17×29×21.5cm
S 1800:20×32.5×24.5cm
S 2400:22×36×27cm
重量 S 300X:0.8kg
S 1200:2.1kg
S 1800:2.5kg
S 2400:3.0kg
断熱材タイプ S 300X:スチロール
S 1200:スチロール
S 1800:スチロール
S 2400:スチロール
価格(税込) S 300X:5,280円
S 1200:オープン価格
S 1800:オープン価格
S 2400:オープン価格
公式サイト ダイワ(DAIWA)公式サイト

おすすめ14位:ダイワ シークールキャリー II 2500

ダイワ シークールキャリー II 2500

キャスターとハンドルが付いており、長い距離を移動する方におすすめの釣り用クーラーボックスです。

容量は25Lと汎用性が高く、小型魚から中型魚までさまざまな釣りでの使用に適しています。クーラーボックスの上にバッカンなどを乗せれば、荷物が多い方でも移動をラクにできるでしょう。

キャリーハンドル収納時には、通常のクーラーボックスと変わらないくらいコンパクトになります。

メーカー グローブライド株式会社
ブランド ダイワ(DAIWA)
商品名 シークールキャリー II 2500
容量 SU 2500:25L
GU 2500:25L
S 2500:25L
外寸 SU 2500:33×53.5×39cm
GU 2500:33×53.5×38.5cm
S 2500:33×53.5×38.5cm
内寸 SU 2500:15×38.5×31cm
GU 2500:15×38.5×31cm
S 2500:15×38.5×31cm
重量 SU 2500:4.8kg
GU 2500:4.6kg
S 2500:4.2kg
断熱材タイプ SU 2500:1面真空パネル+発泡ウレタン
GU 2500:発泡ウレタン
S 2500:スチロール
価格(税込) SU 2500:31,020円
GU 2500:24,530円
S 2500:19,910円
公式サイト ダイワ(DAIWA)公式サイト

おすすめ15位:シマノ フィクセル ベイシス 22L

シマノ フィクセル ベイシス 22L

22Lと汎用性の高いサイズであり、初心者の方にもおすすめな釣り用クーラーボックスです。

両開きのフタや水栓、そして座っても安心の高い耐久性など、機能性も問題なし。さらにはクーラーボックス内を清潔に保てるよう、抗菌剤配合のプラスティック素材が使用されています。

断熱材は保冷力と価格のバランスに優れた「発泡ウレタン」です。

メーカー 株式会社シマノ
ブランド シマノ(SHIMANO)
商品名 フィクセル ベイシス 22L
容量 22L
外寸 53×30×33.2cm
内寸 39.1×21.1×25cm
重量 4.2kg
断熱材タイプ 発泡ウレタン
価格(税込) 23,540円
公式サイト シマノ(SHIMANO)公式サイト

おすすめ16位:ダイワ トランクマスターHD II 6000/4800

ダイワ トランクマスターHD II 6000/4800

48・60Lと大型魚も折り曲げずに、丸ごと収納できる大型の釣り用クーラーボックスです。60Lモデルは内寸85cm、45Lモデルでも内寸75cmとブリなどの大型青物も安心して入れられるでしょう。

キャスターが付いており、側面のハンドルを持てば一人でもラクに運搬することが可能。

「5面真空パネル」「3面真空パネル」「底1面真空パネル」「スチロール」と幅広い断熱材から選べます。

メーカー グローブライド株式会社
ブランド ダイワ(DAIWA)
商品名 トランクマスターHD II 6000/4800
容量 VSS 4800:48L
TSS 4800:48L
SU 4800:48L
S 4800:48L
VSS 6000:60L
TSS 6000:60L
SU 6000:60L
S 6000:60L
外寸 VSS 4800:39.5×91.5×33cm
TSS 4800:39.5×91.5×33cm
SU 4800:39.5×91.5×33cm
S 4800:39.5×91.5×33cm
VSS 6000:41.5×102.5×33.5cm
TSS 6000:41.5×102.5×33.5cm
SU 6000:41.5×102.5×33.5cm
S 6000:41.5×102.5×33.5cm
内寸 VSS 4800:27×75×23cm
TSS 4800:27×75×23cm
SU 4800:27×75×23cm
S 4800:27×75×23cm
VSS 6000:29×85×23.5cm
TSS 6000:29×85×23.5cm
SU 6000:29×85×23.5cm
S 6000:29×85×23.5cm
重量 VSS 4800:9.9kg
TSS 4800:9.7kg
SU 4800:9kg
S 4800:8.6kg
VSS 6000:11.2kg
TSS 6000:11kg
SU 6000:10.1kg
S 6000:9.6kg
断熱材タイプ VSS 4800:5面真空パネル+スチロール
TSS 4800:3面真空パネル+スチロール
SU 4800:底1面真空パネル+スチロール
S 4800:スチロール
VSS 6000:5面真空パネル+スチロール
TSS 6000:3面真空パネル+スチロール
SU 6000:底1面真空パネル+スチロール
S 6000:スチロール
価格(税込) VSS 4800:82,280円
TSS 4800:67,980円
SU 4800:52,800円
S 4800:35,200円
VSS 6000:89,100円
TSS 6000:73,700円
SU 6000:56,100円
S 6000:41,800円
公式サイト ダイワ(DAIWA)公式サイト

おすすめ17位:シマノ フィクセル リミテッド 22L

シマノ フィクセル リミテッド 22L

22Lと汎用性の高いサイズの釣り用クーラーボックスです。

真空パネルを底面と側面に使用。さらにそれら3面の真空パネルは一体型であるため隙間がなく、より冷気を逃がしにくくなっています。

抗菌剤配合のプラスティックを使用していたり、両開きのフタが使用されていたりと、お手入れもしやすいクーラーボックスです。

メーカー 株式会社シマノ
ブランド シマノ(SHIMANO)
商品名 フィクセル リミテッド 22L
容量 22L
外寸 53×30×33.2cm
内寸 39.1×21.1×25cm
重量 4.8kg
断熱材タイプ 発泡ウレタン+3面一体型真空パネル
価格(税込) 38,500円
公式サイト シマノ(SHIMANO)公式サイト

おすすめ18位:シマノ フィクセル リミテッド 30L

シマノ フィクセル リミテッド 30L

30Lの容量を持っており、44cmまでの中型魚であれば折り曲げずに収納できるクーラーボックスです。

断熱材には3面一体型の真空パネルが使用されており、外気温31度の中でも75時間氷がキープされるほどの保冷力を持っています。

飲み物や食料を入れることができる余裕がある30Lであるため、小型魚から中型魚を狙う釣りであれば数日間の釣りでも安心です。

メーカー 株式会社シマノ
ブランド シマノ(SHIMANO)
商品名 フィクセル リミテッド 30L
容量 30L
外寸 58.3×35×35cm
内寸 44×25×26cm
重量 6.1kg
断熱材タイプ 発泡ウレタン+3面一体型真空パネル
価格(税込) 41,250円
公式サイト シマノ(SHIMANO)公式サイト

おすすめ19位:プロックス クールジャグジーミニ

プロックス クールジャグジーミニ

5,000円以下で購入することができる釣り用クーラーボックスです。

断熱材には「発泡スチロール」が使用されていることから軽く、容量も5.5Lであるため持ち運びもしやすいでしょう。

エサのエビを入れるネットと網が付属してくるため、エビ撒き釣りなど活きエビをエサに使用する釣りにも使用可能です。

メーカー プロックス(Prox)
ブランド プロックス(Prox)
商品名 クールジャグジーミニ
容量 約5.5L
外寸 33.7×21×21cm
内寸 24×13.5×14.5cm
重量
断熱材タイプ 発泡スチロール
価格(税込) オープン価格
公式サイト プロックス(Prox)公式サイト

おすすめ20位:シマノ スペーザ ライト 350 キャスター

シマノ スペーザ ライト 350 キャスター

最大60cmまでの魚を折り曲げずに収納可能な、35Lの大型クーラーボックスです。

キャスターとハンドルが付いており、大型魚を入れて重たくなってしまった際にも安心。1人でも簡単に移動することができます。

保冷力に関しても、45時間氷を保持することができる性能を持っています。

メーカー 株式会社シマノ
ブランド シマノ(SHIMANO)
商品名 スペーザ ライト 350 キャスター
容量 35L
外寸 79.4×34.7×32cm
内寸 59.2×25.2×23cm
重量 6.5kg
断熱材タイプ 発泡ポリスチレン
価格(税込) 29,150円
公式サイト シマノ(SHIMANO)公式サイト

釣り用クーラーボックスおすすめ製品の価格比較表

ダイワ ミニクール 1050/850/650 S1050:6,160円
S850:5,830円
S650:5,500円
ダイワ ライトトランクα 3200/2400 ZSS 2400:46,530円
SU 2400:28,160円
GU 2400:19,360円
GU 2400:19,360円
S 2400:15,730円
S 2400:15,730円
ZSS 3200:51,150円
SU 3200:36,080円
GU 3200:23,430円
GU 3200:23,430円
S 3200:17,160円
S 3200:17,160円
ダイワ クールラインα/α II SU 1000X:20,900円
GU 1000X:14,300円
S 1000X:10,395円
VS 1500:38,390円
SU 1500:22,550円
GU 1500:14,850円
GU 1500X:15,950円
S 1500:10,780円
S 1500X:11,880円
SU 2000:23,650円
GU 2000:16,280円
GU 2000X:17,380円
S 2000:12,100円
S 2000X:13,200円
SU 2500:25,850円
GU 2500:17,820円
GU 2500X:18,920円
S 2500:13,200円
S 2500X:14,300円
ダイワ ソフトクール 4500/2500/1500/800 4500:7,810円
2500:5,445円
1500:4,675円
800:4,070円
ダイワ プロバイザーHD 2700/2100/1600 ZSS 2700:58,850円
SU 2700:34,650円
GU 2700:24,200円
S 2700:19,800円
ZSS 2100X:58,300円
SU 2100X:34,650円
GU 2100X:24,200円
S 2100X:19,800円
ZSS 1600X:56,650円
SU 1600X:33,000円
GU 1600X:23,100円
S 1600X:18,700円
シマノ フリーガ ライト 20L 11,550円
シマノ フィクセル ライト 22L 19,030円
ダイワ クールラインα ライトソルト GU1000X LS:18,700円
GU1500X LS:20,350円
S1000X LS:14,850円
S1500X LS:16,390円
ダイワ ダイワ RX 3200/2600/1800/1200 SU 1200X:22,000円
GU 1200X:15,730円
SU 1800X:25,410円
GU 1800X:18,150円
SU 2600X:28,380円
GU 2600X:20,790円
SU 3200X:31,240円
GU 3200X:23,760円
シマノ ホリデークール 26L 10,120円
ダイワ クールライン 800/600 SU 800X:14,300円
GU 800X:10,230円
S 800X:6,930円
GU 600X:9,240円
S 600X:5,775円
シマノ スペーザ ホエール ベイシス 45L 49,500円
ダイワ スノーライン 2400/1800/1200/300 S 300X:5,280円
S 1200:オープン価格
S 1800:オープン価格
S 2400:オープン価格
ダイワ シークールキャリー II 2500 SU 2500:31,020円
GU 2500:24,530円
S 2500:19,910円
シマノ フィクセル ベイシス 22L 23,540円
ダイワ トランクマスターHD II 6000/4800 VSS 4800:82,280円
TSS 4800:67,980円
SU 4800:52,800円
S 4800:35,200円
VSS 6000:89,100円
TSS 6000:73,700円
SU 6000:56,100円
S 6000:41,800円
シマノ フィクセル リミテッド 22L 38,500円
シマノ フィクセル リミテッド 30L 41,250円
プロックス クールジャグジーミニ オープン価格
シマノ スペーザ ライト 350 キャスター 29,150円

【Q&A】釣り用クーラーボックスについて多い質問

以下では、釣り用クーラーボックスについて多い質問・疑問に回答します。

Q&A
  • 釣り用クーラーボックスは安いといくらくらい?
  • レジャー用クーラーボックスを代用しても問題ない?
  • 釣り用クーラーボックスのお手入れ方法は?

Q. 釣り用クーラーボックスは安いといくらくらい?

釣り用クーラーボックスは、安いものであれば3,000円程で購入できます。

そのような安いクーラーボックスでも、近場で短時間の釣りであれば充分に釣った魚を新鮮に保てるでしょう。

しかし丸一日の釣りや、真夏の釣りの際には保冷力に不満を感じるかもしれません。万が一、安いクーラーボックスを使用して保冷力に不満を感じるのであれば、保冷剤の数を増やすなどの工夫をするのがおすすめです。

Q. レジャー用クーラーボックスを代用しても問題ない?

クーラーボックスには釣り用だけでなく、アウトドアメーカーから販売されているレジャー用クーラーボックスがあります。

そして、釣りにおいてレジャー用クーラーボックスを代用しても問題ありません。レジャー用クーラーボックスも、釣り用クーラーボックスと同じく発泡ウレタンや発泡スチロールが断熱材として使用されています。

すでにレジャー用クーラーボックスを持っている方は、それを釣り用として代用するのが良いでしょう。

Q. 釣り用クーラーボックスのお手入れ方法は?

釣り用クーラーボックスのお手入れとして最低限して頂きたい事は、釣行後の水洗いです。

特に、魚が釣れた後のクーラーボックスは臭いが付いてしまっているため、水洗いしなければかなり臭くなってしまいます。

クーラーボックス専用の洗浄剤なども販売されていますので、クーラーボックスは清潔に保っておくことをおすすめします。

釣り用クーラーボックスは口コミ・レビューも参考に購入しよう

釣り用クーラーボックスはロッドやリールと同じくらい、釣りにおいては欠かせないアイテムです。

特に釣った魚をより美味しく食べるためには、保冷力が高いクーラーボックスがおすすめ。使われている断熱材のスペックで選ぶことももちろん大切ですが、実際に使った人の口コミやレビューも参考にしながら選んでみてください。

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。