編集部2017年10月26日

スミイカ料理/なめろう

美味しい鮮魚料理 料理-スミイカ

悩むべきは上品な白味噌か、それとも味わい深い田舎味噌かの選択。江戸前スミイカのなめろうは贅沢この上ない!

江戸前スミイカの贅沢味

葛島一美◎料理・文・写真

悩むべきは上品な白味噌か、それとも味わい深い田舎味噌かの選択。江戸前スミイカのなめろうは贅沢この上ない!

この記事は『つり人』2016年12月号に掲載したものを再編集しています。

材料
200~250g級スミイカ1パイに対し…
大葉のみじん切り3枚
万能ネギのみじん切り大サジ2
ショウガのみじん切り大サジ1
味噌大さじ1前後
醤油小さじ1
一味トウガラシ適宜
卵黄
紅たで


薄皮を取り除いた胴身はざっくりと糸切りにした後、粗みじん切りに
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (43)

続いて包丁で叩いて刻む。この際、自重がある中出刃を使ったほうが仕事も早い
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (44)

途中で大葉、万能ネギ、ショウガを加え……
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (45)

さらに味噌、醤油で味を整え、一味トウガラシを振って粘りが出てくるまで叩く。器に形よく盛り付け卵黄を乗せる。あれば紅たでを散らす
064-069-ika-tako-cooking_cs6 (46)

2017/10/26

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!