編集部2021年6月30日

PEは浮く!湖におすすめのPEラインの特性解説と支笏湖おすすめPEラインメーカー紹介!

ヤマメ イワナ ニジマス 釣りの仕掛け集 タックル NorthAnglers イトウ

渓流釣りならばナイロンという選択肢も大いにありだが、湖はPEラインの持ち味が最大限に発揮される。 今回はPEラインの「浮く」という利点を中心に湖釣りでPEラインを使用する上での特性やおすすめPEラインメーカーを紹介していく。


PEは浮く!湖におすすめのPEラインの特性解説と支笏湖おすすめPEラインメーカー紹介!

P33-01

渓流釣りならばナイロンという選択肢も大いにありだが、湖はPEラインの持ち味が最大限に発揮される。

今回はPEラインの「浮く」という利点を中心に湖釣りでPEラインを使用する上での特性やおすすめPEラインメーカーを紹介していく。

PEは距離がとれて、浮くから根掛しずらい!

PEラインはポリエチレンを素材とするライン。伸びがなく、感度や耐久性に優れていることから人気を博している。更に、「浮く」という特性を利用する広大な湖において細くて強いPEは、飛距離の面で圧倒的なアドバンテージがあるのはいうまでもないだろう。

その他のPEラインのメリットとして、「手前での根掛かりのしにくさ」を挙げる。沈むナイロンだと岩に引っ掛かりやすいが、浮くPEなら回避することもできる。

また、「根掛かりしたときの回収率の高さ」も見逃せない。伸びのあるナイロンは沖で岩に掛かるとほぼ回収不能になるが、PEなら前述したように、伸びが少ない。

その伸びが少ない特性を活かし、テンションを張ったり緩めたりすると外れる場合がある。そんなPEならではの浮力の大きさは、実釣の際にも持ち味が活きてくる。

シンキングペンシルとPEライン

シンキングペンシルとは鉛筆のような細長い形状で水に沈むルアーを指し、「シンペン」という略称で親しまれている。ミノーに比べてキャストした際の飛距離が出ることやレンジの操作が自由なのが特徴。

ちょっと厄介な横風が強い状況下で、隣に人がいなければラインをフリーにし、風を利用して送り出していく。浮くPEラインと沈下速度がスローなシンキングペンシルの組み合わせなら、カケアガリを長くトレースすることができる。このメリットは大きい!

プレッシャーが高い支笏湖におすすめのライン

国内有数の透明度を誇り、札幌近郊でプレッシャーの高い支笏湖では、イト鳴りが魚に警戒心を与える原因になると考えられる。そんなときは8本撚りのPEラインが支笏湖におすすめと言えるだろう。

4本撚りだとイト鳴りが気になる。特にアクションを頻繁に加える釣り方だとイト鳴りは気になる要素だろう。その点、より真円に近く、表面が滑らかな8本撚りなら心配は少ない。

PEの浮くという特性を活かすなら、リーダーは比重の高いフロロカーボンよりナイロンがベターといえるのではないだろうか。

支笏湖でのおすすめメーカーのPEライン

PEラインをはじめ、アングラーがよく使っているラインメーカーにはバリバスが必ずでてくると言っても過言ではないのではないだろうか。そこで、湖用にオススメののバリバスのPEラインを紹介していく。

バリバス【MAX Power PE X8】は細さと耐久性に優れている!

P33-02

完全8本撚りマックスパワー原糸を素材に採用し、強さと細さを兼ね備えている。特殊表面フッ素加工により、とても滑らかで耐久性も抜群なので湖用におすすめだ。湖ではC3000番のリールに0.8号(MAX16.7lb)を巻く。

バリバス【EXTREME SHOCK LEADER】ならガイドトラブル軽減!

P33-03

リーダーは厳寒期でも硬くなりにくく、しなやかさと強度を追求したトラウト専用のバリバス『スーパートラウトアドバンスエクストリーム ショックリーダーナイロン』を使用。カラーはブラウン。湖では12lb(3号)を約1m、PRノットで接続。キャスト時にラインとリーダーの結束部がトップガイドから出る長さにしている。

まとめ

ここまで湖におすすめのPEラインの特性とラインメーカーを紹介してきた。これから支笏湖の盛期にさしかかるが、万全を期して湖釣りに臨みたい。釣果にも影響してくることは間違いないだろう。

北海道の釣り情報誌ノースアングラーズでは北海道の川釣り海釣り湖釣りについてやビギナーのための情報も発信している。

また、YouTubeチャンネルNorth Angler’s TVでは雄大な景色と綺麗な魚を美しい映像で見せながら、北海道の自然と釣りの素晴らしさを伝えている。ぜひ動画も併せてみていただきたい。

2021/06/30

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。