編集部2022年1月5日

「Justace」×「GAREGE CAMP STORE」フィッシング&キャンプイベントレポート

月刊つり人ブログ PICKUP NEWS

去る2021年11月6日~7日、カスタムロッドパーツのブランドで展開している「Justace」と神戸で国内外のキャンプ用品を販売しているキャンプ専門店「GAREGE CAMP STORE」が、関西で人気のキャンプ場「気比の浜 CAMP&SEA」で釣りとキャンプのイベントを開催した。


今年も釣りキャンプがアツい


   去る2021年11月6日~7日、カスタムロッドパーツのブランドで展開している「Justace」と神戸で国内外のキャンプ用品を販売しているキャンプ専門店「GAREGE CAMP STORE」が、関西で人気のキャンプ場「気比の浜 CAMP&SEA」で釣りとキャンプのイベントを開催した。

IMG_3044

 今回のイベントの趣旨は、釣りをキャンピング時の“遊びのひとつ”ととらえ、キャンプの準備が終わり、夕食までの少しの時間に釣りをする、朝一杯のコーヒーを沸かす前にルアーを投げるなど、キャンプ中に楽しめるアクティビティーとして気軽に体験してもらうこと。

 当日は天気に恵まれ、関西から多くのガレージキャンプの常連さんが気比の浜に集まった。参加者はファミリー、友人グループ、ソロとそれぞれスタイルが異なる。フリーサイトのグランドには、色々な形のテントや焚き火台、チェア、テーブルなど自慢のキャンプ道具が並ぶ。荷物を積んでくる車もそれぞれこだわりがあり、軽自動車の満載する方や、最新のSUVにオシャレに荷物を積む方など、そのスタイルは十人十色。

IMG_3046

IMG_3071

IMG_3076

 さて、キャンプの準備も終わり、お昼前からボートフィッシングの体験がスタート。津居山にある遊漁船アスリートエンドレスで人気のSLJにチャレンジ。釣りは初めての4名ファミリーと今日の晩御飯の魚を釣ってきて!と頼まれたお父さんの計5名で出船。もちろん、ジャストエースのスタッフも同船して、釣り方をイチからレクチャー。当日は少しうねりがあるものの、久美浜沖でジギングを開始。すると直ぐにカサゴがヒット。子供たちはバケツにいれた魚を見て大興奮。テントに戻ったら、なんという魚か調べよう!とお父さんと話す。

IMG_2947

IMG_2975
IMG_3032
 途中、サワラらしい大きなアタリがお父さんにくるも惜しくもフッキングにならず。風も出てきたので3時間で釣りは終了した。体験したファミリーに呼ばれて、自慢の喜屋武応サイトに行ってびっくり!家なのか外なのか分からなくなるほどの豪華なキャンプサイト。

 今日の船釣りの体験をお父さんに聞くと「こんなに少しの時間でも釣りが楽しめるとは思いませんでした。いつもはキャンプを準備して何をするかなぁと考えていました。釣りってありですね!」と熱く語る。

 船釣り体験が終わると、夕食前に気比の浜の堤防で釣りがスタート。釣りに熱いストアのスタッフが親切にレクチャー。キャストや仕掛けの操作など、はじめはなかなかうまくできない参加者であったが、夕食前の少しの時間をのんびりと釣りを体験することができ大喜び。

IMG_3063

IMG_3069

「皆さん!ボチボチ、夕食の準備に帰りましょうか!」とスタッフが呼びかけプログラムが無事終了。

 このコロナ禍で、釣り、キャンプを含めた外遊びが大注目。ともにがっつりやると忙しくてなかなかチャレンジできないが、あくまでも“釣りは遊びのひとつ”と考えると意外とチャレンジできる。

 今後の「Justace」×「GAREGE CAMP STORE」に目が離せない!

■「Justace」(ファイブコア)
https://www.justace.co.jp/

■「GAREGE CAMP STORE」
https://www.garagecampstore.com/




おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。