編集部2022年1月1日

2022新春・今年はどうなる? ヘラブナ編『ボーバー』編集者が語る

月刊つり人ブログ PICKUP NEWS

昨秋の緊急事態宣言解除を受けて、「ダイワへらマスターズ全国大会」、「がまかつへらぶなチーム対抗戦東日本大会」が11月後半に開催。まだ油断できる状況ではなかったが、この2つの大きなイベントが無事行なわれたことで、2022年は大会やイベントが復活する気運が高まった。さらに、年末には「マルキユーM-1CUP全国へら鮒釣り大会」の開催日程が発表され、多くの釣り人の期待と思いが現実となり、2022年はヘラブナ界も復活の年となるだろう。


2022年は大会やイベントの復活に期待高まる

矢口武志=文

 一昨年から続いたコロナ禍は、ヘラブナ釣り界にも大きな影響を与えた。なんといっても、ヘラブナ釣り界を盛り上げるイベントや全国大会が相次いで中止・延期となった。そんな状況下、昨秋の緊急事態宣言解除を受けて、「ダイワへらマスターズ全国大会」、「がまかつへらぶなチーム対抗戦東日本大会」が11月後半に開催。まだ油断できる状況ではなかったが、この2つの大きなイベントが無事行なわれたことで、2022年は大会やイベントが復活する気運が高まった。さらに、年末には「マルキユーM-1CUP全国へら鮒釣り大会」の開催日程が発表され、多くの釣り人の期待と思いが現実となり、2022年はヘラブナ界も復活の年となるだろう。

 高齢化の一途をたどるヘラブナ釣りだが、ここ数年若い人や新規参入も見受けられ、転換期を迎えようとしている。大会を通じて派生する最先端の釣りを追いかけるとともに、入門者が虜になるようなヘラブナ釣りの面白さ、近年プチブームとなっている大型釣りなど、あらゆる角度からヘラブナ釣りの魅力を伝えていきたい。

01-Dec-31-2021-01-19-30-77-PM
2022年は大会やイベントも復活が期待できる(写真は昨秋開催した「がまかつへらぶなチーム対抗戦東日本大会」)。

02-Dec-31-2021-01-19-30-72-PM
近年プチブームの大型釣りも魅力的。乗っ込みにかぎらず良型のヘラを求めたい。

03-Dec-31-2021-01-19-31-29-PM
ヘラブナ釣りはウキ釣りの最高峰。ウキの動きを読み取ることこそ、この釣りの魅力だ。

04-Dec-31-2021-01-19-31-49-PM
新しい年を迎え、ヘラブナ釣り界の飛躍を願うばかりだ(精進湖の朝)。

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。