編集部2022年5月23日

ライギョ釣りをもっと深く楽しみたい人へ。『雷魚Magazine』 5月24日発売!

月刊つり人ブログ

初夏の訪れとともに本格的なシーズンを迎える雷魚釣りの魅力を詰め込んだファン待望の1冊。特集「My dear FROG」は各地エキスパートが思いを込めてチューニングを施したスペシャルフロッグを一堂に紹介。

【特集】My dear FROG エキスパートのスペシャルフロッグ拝見

maxresdefaulta

定価:2,200円(税込)
出版年度:2022
A4変型判132ページ

 初夏の訪れとともに本格的なシーズンを迎える雷魚釣りの魅力を詰め込んだファン待望の1冊。特集「My dear FROG」は各地エキスパートが思いを込めてチューニングを施したスペシャルフロッグを一堂に紹介。記憶に残る1尾、忘れえぬフィールドで出会った風景がアングラーをいざなう旅情感あふれるグラビアページのほか、オフシーズンの楽しみ方、古アブのオーバーホール術……など、充実したライギョ釣りライフを楽しむための最新情報を満載。この1冊からさらなるライギョ釣りの世界が広がります。

雷魚Magazine
486447625X


コンテンツ

CS-001-raigyo-magazine
CS-002-raigyo-magazine
CS-003-raigyo-magazine
CS-004-raigyo-magazine
CS-005-raigyo-magazine

005 開幕告げる春の水しぶき
超激浅フィールドのポッパー劇場
渇水と雨の恩恵を受けた2日間
釣り人/高井主馬
写真&文◎伊藤巧

014 琴線に触れる風景
スネイクヘッド族が生きる自然界は、かくも過酷で美しい
写真&文◎新家邦紹

022 特集『My dear FROG』
歴戦のツワモノから出番待ちの新作まで
エキスパートのスペシャルフロッグ拝見

043 冬眠するライギョと出会う
泥底で横たわる姿はまるで木片
春の訪れを感じて息を吹き返す
文◎高井主馬
写真◎伊藤巧

048 ローカル線で行く輪行ライギョ釣りの旅
魚との出会いを心に刻むために大層な荷物を抱えて電車に乗る
写真&文◎丸山洋行

056 極上のファーフロッグ
見た目のかわいさを優先したモフモフシッポのチューニング
写真&文◎高井主馬

057 秋のライギョは気難しい
最初のアタックを獲る縦浮きフロッグが活躍
釣り人/山中康嗣
写真&文◎伊藤巧

067 特別企画『オフシーズンの過ごし方』
ライギョの冬眠中に熱くなれる
琴線に触れる釣趣抜群の魚たち

080 For Beginner チューニングの勘どころ
使いどころをイメージして表情豊かなフロッグを作ろう

084 For Beginner アトラクター考察
使い方が多用なブレードとナチュラルが売りのファー

086 冬眠は睡眠にあらず
空気呼吸が欠かせないライギョの冬眠を考える
文◎大東たくじ

088 新家邦紹×野口雅司
『ライギョ専用リール』の正体と“未来”について語ろう
写真&文◎潟山さくら

094 Memorial Fish1
忘れえぬ出会い、忘れえぬ日々

103 アンバサダー本気の分解清掃
驚きのビフォーアフター
実演/山中康嗣

112 歩く魚は何処へ向かう
陸上の移動にヒレを利用する魚としない魚
文◎大東たくじ

114 ライギョ釣りとこだわりの道具たち
エキスパートのお気に入り 重宝する場面使い方を解説

121 初めてのアンバサダーチューニング
サードパーティーの交換用パーツで実践
実演/友森茂 撮影◎伊藤巧

128 アンバサダー日常メンテナンス
ライギョ釣りから戻ったら内部を乾かして掃除&注油
実演/山中康嗣



おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。