川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

シロギス釣り
静岡県伊東市・川奈いるか浜堤防 

遠投でねらう初夏の良型

石橋和輝◎レポート
月刊つり人の精鋭ライターが自信をもってオススメする厳選釣り場

レポーター=石橋和輝
昭和60年生まれ。静岡県在住。小学校の頃より休日のたびに地元周辺の堤防に通っている。地元の釣り人と知り合いが多く、伊豆周辺の堤防釣りの事情に詳しい

この記事は『つり人』2016年6月号に掲載したものを再編集しています。
tokai_hotto (1)こんな釣果も夢じゃない

 4月下旬、気温の上昇とともに、徐々に水温も上がってくる時期。浜でシロギスがねらえるのはもう少し先。ところが堤防では比較的早めに釣果が聞かれ、特に初期は遠投することで大型のシロギスを数揃えることができる。今回は東伊豆エリアの代表的釣り場である川奈いるか浜堤防。3月一杯まではアオリイカで盛り上がるが、4月からイカ類が禁漁になるため、比較的混雑を避けつつ釣りをすることができる。

 釣り座は先端付近に構え、初島方面へ投げる。この時期のアタリは4~5色付近で出ることが多いので、飛距離の出しやすい本格的な投げタックルがおすすめ。オモリ負荷20~27号で3・6~4・2mの投げザオに投げ専用大型スピニングリール。ミチイトはPE0・8号前後のチカライトまで一体になった投げ釣り専用ラインがおすすめ。オモリは20~25号のL字型テンビン。初期はなかなか食い込まないのでテンビンのステンレス線は細めで曲がりやすいものがよい。

 仕掛けは3~5本バリ。市販の完成品でもOKだが、私は50本前後の連結仕掛けを切って使っている。テンビンとの間に砂ズリを付ける必要があるが、フロロカーボン2号を1mほど接続すれば問題ない。エサはジャリメか細めのアオイソメを切って使う。食い込みが悪い場合が多いので、頭は切ったほうがよいだろう。

 釣り方は基本どおりに、できる限り遠投して、ゆっくりサビきながらアタリの出る場所を捜していく。4~5月上旬ではエサ取りもまだ出ない時期なので、誘いはゆっくりやるほどよい。アタリがあった位置をミチイトの色などで覚えておき、そのラインを集中してねらう。

 ブッコミで良型ホウボウがねらえる釣り場でもある。釣り場が空いていたらもう1本サオをだして置きザオでねらってみるのも面白い。エサは冷凍キビナゴで、手前の積み石から砂地までのカケアガリをねらう。

 釣期は7月初旬まで。夏休みに入ると海水浴場になるうえ、駐車場が有料となる。秋はカワハギねらいが面白い。

08irukahama 交通●東名高速道路・厚木ICより小田原厚木道路を経てR135を南下し川奈港方面へ
問合先●イシグロ伊東店(℡0557・44・5666)

2017/4/25

つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中