編集部2022年5月25日

クロダイ(チヌ)は足もとにいる!ヘチ釣り入門その1(全3回)

クロダイ-海 魚種別釣りガイド

近年個体数が増えたのか、身近な存在になってきたクロダイ。全国で楽しまれている落とし込み釣りの中でも堤防際にエサを落とすヘチ釣りは東京湾が発祥。特有の道具を使ったり、エサにこだわったり、と魅力は数多くあるが、足もとという距離の近さで大ものが釣れる可能性があることが何よりの魅力。身近な釣り場で、シンプルな道具立てで、クロダイが釣れる。

接近戦がおもしろい!ヘチ釣りを始めよう

文◎高木翔太 写真◎編集部
こちらの記事は月刊『つり人』2021年8月号に掲載したものをオンライン版として公開しています。

近年個体数が増えたのか、身近な存在になってきたクロダイ。全国で楽しまれている落とし込み釣りの中でも堤防際にエサを落とすヘチ釣りは東京湾が発祥。特有の道具を使ったり、エサにこだわったり、と魅力は数多くあるが、足もとという距離の近さで大ものが釣れる可能性があることが何よりの魅力。身近な釣り場で、シンプルな道具立てで、クロダイが釣れる。

kurodai-heti (1)

ヘチ釣りを教えていただいたのは横浜市にあるアークス根岸店の店長を務める佐藤弘充さん。横浜沖堤を中心に横浜エリアで広くヘチ釣りを楽しんでいる。

壁から剥がれ落ちたエサを演出

kurodai-heti (1)佐藤さんが海釣り公園で釣ったクロダイ。よいサイズが掛かればドラグのないタイコリールでのやり取りはかなりスリリングで楽しい!

 近年、生息数が増加したためか身近な存在となってきているクロダイ。この魚は外洋や港湾部、河川などさまざまな場所でねらえ、釣り方も多彩。中でも落とし込み釣りは落ちてくる物によく反応するという習性を利用する釣り方だ。岸壁に着いているカニや貝を捕食しているクロダイに対してエサをゆっくりと落とし、あたかも壁から剥がれ落ちてきたかのように演出することで口を使わせる釣り方は、岸壁ギリギリ(ヘチ)にエサを落とすためヘチ釣りと呼ばれている。

kurodai-heti (2)ヘチ釣りに最低限必要な装備は①タックル、②ベルト、③ペンチ、④ガン玉・ハリ、⑤タモ、⑥エサ箱、⑦ライジャケ。偏光グラスを用意すれば日差しの強い日にもラインの変化が見やすい。また堤防は日陰がほとんどないため、帽子や飲み物など暑さ対策は入念に

足もとを繊細にねらう専用ザオ

 ヘチ釣りは小さなアタリを掛けていく釣りであるため感度の高いサオが求められる。それにプラスして落とし込みという動作をこなすための操作性も必要だ。そのため専用のサオは8:2や9:1といった先調子が多い。

kurodai-heti (4)サオはダイワ・BJ スナイパーメタルチューンヘチF-300M。7:3 の先調子でサオのタメで浮かせるモデル。ロッドの長さは自分が通う釣り場に合わせて選択するとよい。堤防では2.7m 程度が取り回しもよくおすすめ。リールはダイワ・チヌマスター。回転がなめらかならどんなリールでも問題ない。ただし落とし込みではドラグ付きでないものを選ぼう

 長さは堤防での釣りの場合、取り回しがよいのは2.7m程度。穂先を水面近くまで近づけることで風の影響を受けにくくなるため、足場の高い堤防では3mのサオを用意しておくとよい。ズーム機能のあるサオならさまざまな状況に対応できる。

 仕掛けを自然と落としていくためにはリールの回転性能がとても重要。

 また上げ下げの動作を何回も繰り返すため軽量なリールが好まれる。そのためヘチ釣りでは1:1のタイコ型リールが使われる。回転がなめらかものほど深場へ落とし込む動作がスムーズになる。

kurodai-heti (20)

 

次回はミチイトやエサについてご紹介します! 

▶▶▶「クロダイ(チヌ)は足もとにいる!ヘチ釣り入門その2

 

◆関連動画もチェック!

 

 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。