カテゴリー

アオリイカ釣り/三重県尾鷲市・海野漁港

編集部 2017年11月24日

紹介する海野漁港は紀伊長島港の西に位置する。紀伊長島港には劣るものの魚影は濃い。紀伊長島港があまりにも有名なため、海野漁港は陰に隠れがちで、立ち寄るアングラーは比較的少ない。

シャローに入っているアオリイカは捕食モードに入っているため、勝負が早い

穴場スポットで秋アオリ

レポート◎川井英嗣

アオリイカ釣り/三重県尾鷲市・梶賀漁港

編集部 2017年10月26日

三重県尾鷲市にある梶賀漁港を紹介したい。賀田湾の入り口付近に位置する漁港で、水深があるため魚の数は多い。左右から堤防が出ており、その脇にはゴロタ場、沖には藻場が点在する。

ブレイクラインが遠いので、ゴロタ場からねらう場合は遠投が必要だ

好調の尾鷲地区! 堤防&ゴロタでデカアオリねらい

川井英嗣◎文・写真

アオリイカ釣り 三重県北牟婁郡・紀伊長島サーフ

編集部 2017年4月25日

もうそろそろアオリイカが気になる時期。釣行したはよいが、アングラーが多くポイントに入れず、悔しい思いをするのもこの季節。「そんな悔しい思いはもう嫌だ!」というあなたに穴場を紹介したい。

浅場に接岸するアオリイカは食い気が立っているため、いれば反応が早い。粘らず手返しよくねらっていきたい

穴場スポットでキロオーバー

川井英嗣◎レポート

スルメイカ釣り 三重県・尾鷲港

編集部 2016年12月6日

この時期に美味しいターゲットが釣れるポイントを紹介したい。尾鷲港にある天満浦の波止である。周辺漁港の中では随一の規模を誇る大きな波止。火力発電所が近くにあるため周辺より水温が少し高め。堤防基部から中間まではテトラポッドが入っており、やや複雑な地形になっている。

スルメイカが群れで押し寄せてくる、周辺随一の大きな波止

川井英嗣 写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!