川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

週末に神流川はいかが?

週末に神流川はいかが?

つり人編集部=写真と文

昨日は渓流釣りの取材で
利根川と神流川をハシゴ。

利根川の敷島公園付近はサクラがまさに満開。
それはもう、見事でした。

滔々と流れる本流では
ジャンボニジマスに翻弄され
あげくにイトを切られて天を仰ぐ人の姿も。

神流川は相変わらず透明度が高く
ヤマメは28センチまでお目見え。
キャッチ&リリース区間があるので魚はいつ行っても多く
ビギナーにもオススメです。

神流川といえば
以前は藤岡インターから下道を行くしかなかったのだが
今はトンネルが開通したため
下仁田インターから30分ほどで上野村にアクセスできるようになった。
都心からでも2時間程度で行ける。

ヤマメの顔を拝みたいけど
どこへ行こうか決め兼ねている人は
神流川に行ってみてはいかが?

(山根)

2010/4/9

<< 2010/4 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年4月号

特集は『渓流釣りなんでもQ&A』。これから始めたい入門者から、もう一歩上へのステップアップを果たしたい中級者まで、今号は、みんなに役立つ「渓流釣り」の悩み解決を大特集。宝石のようなヤマメやイワナが、いよいよ動きだす季節。楽しき渓流ワールドへ、読んでスッキリの回答で案内。
そのほか、岩手県・岩洞湖のワカサギ釣り、これから好機を迎える投げ釣りでねらうカレイ、へっぽこ編集部員が名手に弟子入りするタナゴ釣り道場など旬の釣りをお伝え。今号から短期で連載がスタートする「池の水ぜんぶ“は”は抜くな!」も必見。第1回は池田清彦先生に外来種問題の現在を聞いた。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中