川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

オリンパスの新機種E-5触ってきました!

オリンパスの新機種E-5触ってきました!

つり人編集部=写真と文

今月も月刊つり人の進行が遅れており
出稿までまだ時間があるようなので
昼休みがてら小川町のオリンパスプラザへ。

もちろん、目的は10月下旬に発売が予定されている
デジタル一眼のフラッグシップモデル「E-5」のデモ機に触れるため。

E-5のデモ機はオリンパスプラザに1台しかない。
ある程度の混雑を覚悟していったが
正午前に着いたこともあり
5名ほどが順番待ちをしているだけだった。

ぼくは仕事で現行のE-3を使用していて
これといった不満はなく、買い替えるつもりもなかったけど
やはり、触れてしまうと欲しくなる。
スペックを見るかぎり
E-3と大きな差はないように感じるが
やはり、実際に触れると、進化を感じずにはいられない。

ちなみに、E-5の画素数は1310万画素。
他社では中堅クラスの機種でも
1800万画素くらいは普通なのに
フラッグシップモデルで1310万画素というのは低すぎないか
というE-5の口コミをネット上でよく見る。

もっともオリンパスの場合
撮像素子がフォーサーズという独自の規格のため
他社の機種と単純比較することはできないと思うが
画素数が高ければ「いいカメラ」というわけではない。

撮影したデータを何に使うかによっても違ってくるが
普通にパソコン画面上で見たり
フォトフレーム上で見たり
L判や2L判、A4判くらいにプリントする程度であれば
はっきり言って1000万画素もあれば充分。

画素数が高ければ
それだけ写真は鮮明になるが
データ量も比例して重たくなるため
記録メディアやパソコンへの負担も大きくなる。

また、鮮明になる分
手ブレが際立つようになる。
知り合いのカメラマンは
2000万画素のカメラを使う場合
手持ちでは望遠レンズは使えないという。

クルマにしたって
昔は馬力やトルクといったスペックを
各社が競い合ったもんだが
実際に、それらハイスペックのフラッグシップモデルのポテンシャルを
公道で引き出せたかというと
出せるわけがない。

デジカメ一眼も
今はスペック競争を各社が繰り広げているが
オリンパスはその辺はまるで意に介さず
わが道を行くといった感じである。

いずれにせよ
冬のボーナスまでじっくりと購入を検討したい。

(山根)





2010/9/17

<< 2010/9 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2018年12月号

特集は「身近な水辺が魅惑のフィールドに! ここに注目!堤防釣りの極意」。
海岸線を走れば堤防ごとに見える大勢の人の姿。穏やかな日差しを受ける海は最高に気持ちがいい。回遊魚と居着きの魚が種類も豊富に姿を見せる秋は、オカッパリの海釣り入門にも最適なシーズン。今月は堤防を遊びつくすために、エサ釣りからルアーフィッシングまで懇切丁寧に解説。また、関東圏のおすすめ堤防釣り場を20ヵ所紹介している。
第2特集は「鈴なりの快感! ワカサギ釣りABC」。いろんなスタイルで楽しめるワカサギ釣りだが、入門におすすめなのがドーム船。ドーム船の釣り方を解説。そのほか、紅葉の渓流管理釣り場ガイドも見逃せない。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中