毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

テナガエビに癒された戦場カメラマン

テナガエビに癒された戦場カメラマン

つり人編集部=写真と文

戦場カメラマンの渡部陽一さんと
多摩川のテナガエビ釣りに行ってきました。

渡部さんはテナガエ釣りビ初挑戦とのこと。




なんと渡部さんは混迷続くウクライナから帰国したばかりとのこと。

六郷土手からのゆったりとした眺めに
「平和ですね~」
と、しみじみ呟いたのが印象的でした。

渡部さんは西伊豆の田子の浦出身。
幼少の頃から釣りが大好きということだけあって
なんと2投目でテナガエビをゲット。

「エビの引き、たしかに興奮しますね~」
と、心底楽しそうでした。

数日前までの不調がウソのように
今日はよく釣れました。
やはり、梅雨が最盛期のターゲットだけに
この蒸し暑さでスイッチが入ったようです。

納竿後は
港区芝の老舗寿司店おかめ鮨にて
釣りたてのテナガエビを素揚げにしていただきました。




「爪にまで身が詰まっていて、味が凝縮されていて
感動的な旨さですね~」
と、例の口調で渡部さん。

テーブルに置かれた渡部さんの愛機を見ると
満身創痍といった感じです。




「海外で取り上げられたりして何度も離れ離れになったカメラなんで
手放せないんですよね~」
とのこと。

渡部さんは数日後には、緊張のウクライナに向かうそうです。

釣りは平和の象徴と言われますが
戦場を駆け抜けてきたカメラマンの
「平和ですね~」
という言葉に、じ~んとした一日でした。

渡部さん、無事に帰国してくださいね。

(山根)


2014/5/14

<< 2014/5 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中