毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

連休中は出社、その後にひと休み?

連休中は出社、その後にひと休み?

つり人編集部=写真と文

マノのネガティブなブログを修正するはずが
さらにネガティブさに輪をかけてしまったヤマネ。
それを読んで心に突き刺さったのが
「あ~、何日子どもと会話していないのだろうか」
という一文……。

ワタシの場合、子どもがまだ生後10ヶ月なので
もともと会話は成立しないのだが
この大型連休も連日出社で、カミさん孝行も子ども孝行も全くしていない。

これはさずがにマズいんじゃないかと思ったしだい。
入稿真っ只中にもかかわらず、昨日は有給休暇をとり、家族サービスに努めることにした。
とはいえ、そこは釣り人ですから、
家族サービスがてら、ちょろっとでもサオをだしたいんである。
ついでにいえば、興味も魚しかないわけで。

P1010081.jpg
シャチは目の前で見ると本当にデカい! 

というワケで選んだ行き先が鴨川シーワールド(笑)。
いやあ、この施設の前は釣りの行き帰りで何度となく通っていましたが、
施設に入るのは私が小学生だった頃以来。

天気はあいにくの霧雨もようながら、
イルカやシャチやアシカのショーを見たり、
いつも釣りでお世話になっているカワハギやマダイやクロダイなどの
泳いでいる姿を見るのは飽きないもの。
動物園も好きですが、やっぱりワタシは水族館派なんですね。

で、なんで伊豆や箱根ではなく外房の鴨川を選んだかといえば、
アオリイカが気になるからです(笑)。
大型の乗っ込みはまだか?
興味はその1点なのです。
それにエギングはエサの用意もいらず、サクッと短時間楽しめますから。

とはいえ、鴨川シーワールドは思いのほか見るところが多く、
昼前に着いて、出たのが4時過ぎ。
となると夕マヅメの1発勝負。勝浦方面も気になるが、
帰り道である館山方面へ。
結局、白浜港で30分ほどシャクるが胴長15cmほどのチビッコが
1回追ってきただけ。その後、東京湾アクアラインそばの温泉施設に行き、
一応家族サービスらしきものをしたけれど、シャクリ足りないワタシは欲求不満。
やっぱり家族サービスと釣りの両立は難しいと実感したのでした。

それにしてもGW明けの平日は道路もスイスイ、施設もガラガラ、
ついでに釣り場も人気が少なく、その点は最高でした。

2006/5/11

2006/5 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中