川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

興津川解禁ファイア~!

興津川解禁ファイア~!

つり人編集部=写真と文
昨日が実質的な解禁日となった興津川。
前評判はすこぶるよかったけれど
ふたを開けてみなくては分らないのがアユ釣り。

僕も行きたかったけど
どうしても都合が付かず断念。
すると、知人から「入れ掛かり~!」の電話。

なんと知人は81尾を釣ったとか。
周りも40~50尾釣る人はざらで
少ない人でも20、30尾は釣ったようだ。

サイズは16~17㎝アベレージだったそう。

5月の興津川で釣れるこのサイズのアユは
最高に旨い。
塩焼きにして、頭から食べても骨がまるで当たらない。
どこの川のアユが一番旨いかは意見が分かれるところだが
個人的には、興津川の若アユが最も好きかもしれない。

月刊つり人創刊者の佐藤垢石翁も
興津川のアユを絶賛している。

(山根)



2008/5/22

<< 2008/5 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
鮎 小沢兄弟 点撃ち泳がせ
鮎 小沢兄弟 点撃ち泳がせ 本体3,800円+税 DVD-110分
今年はなんと立てザオ! ここ数年、引き釣りを中心とした小沢兄弟のテクニックは、ワンピースハリスや短ザオなど、絶間ないバーションアップを繰り返しています。 そして今年、彼らの釣りは大きな進化を遂げていたことが明らかになりました。これまでは、…
つり人社の刊行物
鮎 小沢兄弟 点撃ち泳がせ
鮎 小沢兄弟 点撃ち泳がせ 本体3,800円+税 DVD-110分
今年はなんと立てザオ! ここ数年、引き釣りを中心とした小沢兄弟のテクニックは、ワンピースハリスや短ザオなど、絶間ないバーションアップを繰り返しています。 そして今年、彼らの釣りは大きな進化を遂げていたことが明らかになりました。これまでは、…

最新号 2019年2月号

特集は「極小仕掛けの作り方からショップ紹介、釣り方まですべて掲載 冬タナゴ ここが気になる!」。小さな魚を、小さな仕掛けでねらってみる「粋」な釣り。買い物ガイドから、新作の小バリを使った実釣、各地の野のタナゴ釣りレポート、さらにこだわり仕掛けを自作するためのヒントまで今役立つ情報を網羅した最新版のタナゴ釣りガイド。第2特集は「ほっこり温まる冬のごちそう 編集部おすすめ 旨い! 釣魚鍋」。寒い冬はやっぱり鍋に限る。釣り人の特権である新鮮な魚を使って楽しもう! 編集部がおすすめする鍋を3つ紹介。そのほか「管理釣り場のルアー&テンカラ」、「どうすれば強い? PEの結び」など充実の内容でお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中