毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

懐かしきタガメ調査の日々

懐かしきタガメ調査の日々

つり人編集部=写真と文
学生の頃にはタガメを捕っていましたが、
その調査生活は結構大変なものでした。
タガメは夜行性なので、調査は主に夜。
毎晩、マムシのいる水田を回ってタガメを捕り、
今になってみると
意味があるのかないのかよく分からないデータを取る。
で、農家の方々にもらった野菜を食べ、
大学の農場で作られた石混じりの玄米を掻き込んで寝る。

まあそれだけのシンプルな生活でしたが、
その舞台だったのがこの農家
……いや“タガメ研究所”でした。

タガメ研究所

「いやあ、優雅な生活だねえ」
田舎の農家での生活というと、
そう思われる方もいるかもしれません。
が、なにしろ建物が古いため、床はありこち抜けており、
夜になると布団の中にでかいムカデが入っているなんて
日常茶飯事。
もちろん、刺されたことも。

水は、飲料水はお隣の水道からホースで引いていましたが、
風呂などは井戸水を使用。
この水が妙な色をしているうえに、
すぐ横にある汲み取り式の便所にも水が溜まっているので、
同じ水なんじゃ……という疑いも。
どうも風呂に入ってもさっぱりしないような。

こちらが井戸

さらに、その水の溜まったトイレには、
大量の蚊がわいていました。
しかも水があるおかげで、大きなほうをすると、
オツリを避けるのにかなりのテクニックが要求されました。

とまあ、あまりきれいでない話を書きましたが、
そういう生活をしている(……いや、
周辺の農家ではそこまでひどくないはずですが)
場所だからこそ、
タガメが残されていたのかもしれません。

ともあれ、多少の苦労は
過ぎてしまえばただの思い出。
久し振りに訪れた“タガメ研究所”の前には、
もう一度、あの頃のように泊まってみたい……
いや、そうは思えない自分がいました。
(真野)



周辺は、こんな素晴らしい環境でしたが

2008/7/31

<< 2008/7 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中