毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

タナゴ手研ぎバリセット販売!

タナゴ手研ぎバリセット販売!

つり人編集部=写真と文



冬が深まるとタナゴ釣り本番である。
厳寒期に群れるオカメタナゴ(タイリクバラタナゴ)は
顆粒状の金魚のエサさえ上手く口にできない相手。
それゆえ、ベテランはハリ先が1mm以下という手研ぎバリを使う。

“手研ぎバリ”とは市販タナゴバリのハリ先を研いだもの。
タナゴ釣りがとことん好きになると、
ハリを研ぐことも含めて面白くなるというファンが多い。

東京たなご釣り研究会の最高位8段に君臨し、
何度も年間優勝を果たしている名手、
成田臣孝さんもそのひとり。
そして「成田さんのハリじゃなきゃ釣れないよ」
という人もいるくらい釣れるハリを研究してきた。

その成田さんが監修した研ぎバリセットが販売になった。



成田さん考案のダイヤモンドヤスリや
目の細かいペーパーヤスリはもちろん、
目玉のひとつは実体顕微鏡である。

「なにしろ、ハリ先の鋭さは肉眼では分かりにくい。
実際は顕微鏡を使わずに研ぐ人もいますが、
よく研げたと思っても鈍っていることが多いです」

この顕微鏡は上部と下部、
ふたつのライトでハリが見やすく、
10倍と20倍の倍率がある。
研ぐ時はピントが合いやすく視野の広い10倍、
繊細なハリを細かくチェックする時は20倍にするとよい。

また、研ぐ工程が分かる砥ぎバリ見本、
顕微鏡台などがセットになっている。

詳しくはコチラ

これで世界にひとつしかない自分だけのハリが研げる。
(佐藤)

2008/12/18

<< 2008/12 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中