編集部2017年4月4日

JB TOP50遠賀川戦、沢村幸弘選手の強さに迫る :第2回(全4回)

Basser バス釣り

Basserに掲載したJB TOP50のレポートから、遠賀川戦での沢村選手にフォーカスした内容をお届けします。 バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

超ショートディスタンスのプレゼンテーション

Basser編集部=写真と文

福岡県・遠賀川はJB TOP50の試合が定期的に開催される九州屈指のメジャーフィールド。
このフィールドで開催される試合で突出した強さを見せているのが沢村幸弘選手だ。
今回は、Basserに掲載したJB TOP50のレポートから、遠賀川戦での沢村選手にフォーカスした内容をお届けする。
第1回から第3回は、沢村選手が優勝を収めた2013年6月のJB TOP50第2戦のウイニングパターンを紹介したい。


この記事はBasser2013年8月号に掲載したものを再編集しています。

水深1.5~2mの超近距離戦。ときにはバーチカルも


 2013年6月7日~9日にかけて開催されたJB TOP50遠賀川戦。この試合で沢村選手は2位に3㎏以上のウエイト差をつけて圧勝した。第1回で沢村選手が徹底したスポットマネジメントを行なっていたことを紹介したが、第2回と第3回はそのスポットへのアプローチ法を解説したい。

 記者は2日目と3日目にバックシートでそのアプローチの一部始終を見て、この試合で沢村選手が突き抜けた要因が理解できた。それは少なくとも記者の常識にはない釣りであり、沢村幸弘というアングラーが持つ引き出しの多さと深さを雄弁に語るものだった。

 エリアは上流域(新日鉄堰~中間大橋)。沢村選手はGPSに打ち込んだポイントを確認しながら、ショアライン(リップラップ)の沖10mでエンジンを停止した。ねらいはリップラップではなく、その沖のフラットにある岩だという。水深は1.5~2m。沢村選手はエレキを降ろし、マーカーブイを片手に周囲を旋回。魚探に高さ50㎝ほどの岩を映すと、その直近(岩の真上ではない)にマーカーブイを投入した。マーカーブイから3.5mのボートポジションから、ピッチングでネコリグを送り込む。

day2-2 水深3~4mにある岩を真下に捉えネコリグを送り込む

 これがディープなら何の違和感もない動作だが、水深1.5~2mでこのボートポジションは近すぎるのではないか……。しかも、一度バスボートでスポットに乗り、真上でエレキを踏んでしまっている。多くの選手が1尾を手にするのに苦しむタフコンディション下で、このアプローチはバスに警戒心を与え、ますますバイトを遠ざけてしまうのではないか。正直そう感じた。しかし、そんな疑問を見透かしたかのように沢村選手が言う。

「この距離じゃないとスポットにリグが入らないんだよ。今俺がねらっているのは直径1mないような小さな岩。ロングディスタンスだと、ほとんどのキャストが捨てキャストになってしまうし、イメージ通りの場所にリグを通せない。逆に、キッチリ入れさえすれば、たとえ水深1.5mで、超ショートディスタンスでもバスは食ってくる。バーチカルでもいいくらいだよ。もちろん、ロングディスタンスでタイトに丁寧に探れるならそれに越したことはないけど、それは無理だからね」

「できればディスタンスをとりたい」という頭は沢村選手にもあったが、優先度は低い。最優先はあくまで「精度」。徹底精緻なリグのコース取りと操作を実践しなければ、バイトはほぼ望めないと沢村選手は考えていた。「精度」>「ショートディスタンスによるプレッシャー」ということである。ちなみに、ねらうスポットの規模が大きい場合(ハンプなど)や完全な無風状態のときは、スポットから15mほど離れたところに浮くこともあった。

 そのうえで沢村選手は、バイトを得るために極めて執拗なプレゼンテーションを行なっていたのである。その詳細とタックルは次回……。

 
day2-1 マーカーブイを打ち、ショートディスタンスで岩を探る沢村選手。スポットとボートの距離は5m前後が主だったが、強風下やスポットが極小のときはバーチカルに釣ることも。水深1.5mのスポットをバーチカルに探りバイトを得るシーンもあった。いずれの場合も、キャストを開始する前に必ず魚探にねらうスポットを映していた。バスそのものではなく、カバー&ストラクチャーを射抜くシューティングである

day2-3 マーカーブイを回収する沢村。投入や回収のときは他選手の目を強く意識していた

day2-7 水深3mでキーパーをキャッチ


 
 2017年3月25日発売のBasser5月号で特集するのはテキサスリグ。リーダーレスダウンショットというカバー攻略のライバルが世に定着した今、それでもなお青木大介さんと小森嗣彦さんという国内最強を争うふたりがテキサスリグにこだわるのはナゼなのか? その理由と活用術を紹介します。そのほかにも、このリグの魅力を100%以上引き出している多数のアングラーの技を掘り下げていきます。




  
 

 

JB TOP50を戦う青木大介選手とそのライバルに密着! 2016年第2戦野村ダム戦で密着したもうひとりの選手は沢村幸弘。大ベテラン沢村選手の巧みなエリア選択は必見です!

 

SERIOUS 8 2016 JB TOP50参戦記 1st & 2nd STAGE編

青木大介 小野俊郎 沢村幸弘
DVD-155分





2017/4/4

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。