編集部2022年7月30日

JBトップ50 第3戦 エバーグリーンCUP北浦戦2日目結果! 江尻悠真選手が暫定首位で決勝へ

PICKUP NEWS Basser バス釣り

 3000g以上のウエイトを持ち込んだ選手はわずか3名と、初日よりさらに厳しさが増した2日目ですが、江尻選手はリミットメイクを達成しこの日の単日トップウエイトをマーク。初日首位の小森選手を追い抜きました。

2日間のリミットメイク4名のタフな北浦で江尻悠真選手が一歩前へ!

 JB TOP50北浦戦の予選2日目を終え、予選を首位通過したのは江尻悠真選手。初日2588g、2日目は4290gを持ち込み、トータルウエイトは計6,878g。

 3000g以上のウエイトを持ち込んだ選手はわずか3名と、初日よりさらに厳しさが増した2日目ですが、江尻選手はリミットメイクを達成しこの日の単日トップウエイトをマーク。初日首位の小森選手を追い抜きました。

35008

 2日目の単日2位は3尾ながら3742gをウエイインした中田敬太郎選手、3位はリミットメイクを達成した小林明人選手でウエイトは3556g。2日目のリミットメイクは江尻選手と小林選手の2名のみ。

 一方、初日に快調だった小森嗣彦選手は苦戦を強いられる展開。2尾756gとウエイトが伸び悩みましたが、初日の貯金に救われ暫定2位(重量)の好位置をキープしています。苦戦したのは黒田健史選手も同様ですが、1尾ながら貴重なキロフィッシュをキャッチし3位に付けています。

 リミットメイク達成者が2日間でわずか4名、連日10名以上がノーフィッシュを喫している非常に厳しい状況が続く現在の北浦戦。逆に言えば一尾のビッグフィッシュで順位が容易に上下する、先の見えない試合となってきました。 最終日の行方に注目しましょう!

35006

kuroda-1

 予選の上位10名(重量)は以下の通りです。

7/29(金)~7/31(日)JBトップ50 第3戦 エバーグリーンCUP北浦戦・予選結果

JB 公式成績表はこちら

1位 江尻悠真 6,878g(8尾)

2位 小森嗣彦 6,181g(7尾)

3位 黒田健史 5,890g(6尾)

4位 吉川永遠 5,634g(6尾)

5位 小林明人 5,434g(7尾)

6位 中田敬太郎 4,886g(4尾)

7位 宮嶋駿介 4,152g(4尾)

8位 藤田京弥 4,144g(4尾)

9位 佐藤旬  3,996g(4尾)

10位 薮田和幸 3,738g (5尾)




おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。