編集部2016年10月19日

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第17回

Basser バス釣り

「霞ヶ浦の帝王」本山博之選手が2連覇を果たし、最多タイの3勝目をあげたのが第16回大会でした。 バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

「霞ヶ浦の帝王」本山博之選手が2連覇・3度目の優勝を飾った第16回大会

Basser編集部=写真と文


第16回大会・利根川水系(霞ヶ浦・北浦等を含む/出場26名)                        
Place Name Total weight(g)
1 本山博之   6210
2 西村嘉高   5170
3 沢村幸弘   5080
4 吉田幸二   4650
5 小山隆司   4390
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します

 霞ヶ浦の帝王の連覇……、本山博之がオールスタークラシック最多タイの3勝目をあげたこの秋の霞ヶ浦・利根川水系はタフを極めていた。

 1日目をリードした成田紀明のスコアは3尾・3310g、2位深江真一も3尾・3210gと苦しんだ。利根川の不調。同様に数は望めないもののサイズに勝る霞ヶ浦・北浦の胎動。それは、利根川を主戦場としながら、成田と深江のいずれもが霞ヶ浦でも魚を手にしていた1日目の時点で、すでに予兆として表われていたのかもしれない。

 2日目、北浦を独占して釣った沢村幸弘が早々にリミットメイク。そして、やはりただひとり小野川へ向かった本山も11時を前に5尾を揃えると、11時19分にスーパーシャッドで1kgアップを釣って入れ替えに成功。最終的に本山は、1日目8位、2日目3位としぶとくスコアをまとめると同時に、暫定上位7名をまくってオールスタークラシック連覇を成し遂げた。

allstar6-01_0008
掲載は2003年2号
allstar6-01_0005

  
青木大介×草深幸範×伊豫部健
バサーオールスタークラシック2015年激闘の記録!
the another Dimension
Basser ALLSTAR CLASSIC 2015 DVD-105分
 
 
 

2016/10/19

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。