編集部2021年11月17日

福岡県 北九州市門司区 アジング ジグ単ライン戦略 その1(全2回)

アジ PICKUP 魚種別釣りガイド

手軽な釣りにも戦略アリ。繊細さが命のアジングにとってラインは釣りを大きく左右し、釣果にも関係する。特にジグ単のライン戦略はどう考えるべきか。

アジシーズン前に読んで得するラインの大前提

写真と文◎田町一歩

この記事は「ルアーパラダイスKyushu 2021年晩秋号」の記事を再編集しています

  

手軽な釣りにも戦略アリ。繊細さが命のアジングにとってラインは釣りを大きく左右し、釣果にも関係する。ジグ単のライン戦略をご紹介

jigtann-line (10)

坂本厚

(さかもと・あつし)  ショアとオフショアの両面でアジング、ロックフィッシュ、エギング、ティップランに精通。福岡県在住

こちらの記事は 好評発売中の「ルアーパラダイスKyushu 2021年晩秋号」から抜粋したものです。 プラグのキャスティングもジギングもすべて取り上げ、秋〜冬にかけての絶好機に最高の備えとなるノウハウがぎっしり詰めました。10kgアップの連発劇やショアからの値千金の1尾を是非ご覧ください!↓↓↓

 

釣りの基礎

 タナを釣る、潮に乗せて流すなど、「釣りではいま自分がなにをしているかがわかる」のは、かなり重要だ。

 同様に、「なにがしたいか」は使うラインによっても変わる。

「ラインの張りやシェイクで誘いを入れ、アタリを逃さずに拾って掛けていくアジングにとり、ラインは紛れもなく生命線です」

 そんな坂本厚さんは、アジングに2種類のラインを使う。

jigtann-line (4) フロロから釣り始める坂本さん

 2種類あると、例えば「いまこのラインじゃないな」と感じたらすぐに変えられる。

 それは操作性と感度を変えることでもある。

 現在のアジングは、シチュエーションに応じてラインを合わせられるようになっている。

 PE、エステル、フロロ、ナイロンとあるラインのうち、ナイロン以外はアジングに使える。

 PEはキャロ、フロート、メタルジグ、スプリットなど遠投系リグに適している。

 一方、アジングで多用され、最も扱いやすいジグ単に向くラインは、エステルとフロロだ。ちなみにナイロンを使うならジグ単だが、ナイロンは伸びがあるため、感度の点で向いていない。

 坂本さんがアジを釣るときに多用するのはジグ単だ。特に夜はジグ単オンリーと言える。

「エステルならエステルだけ、フロロならフロロだけ、それでもできなくはないです。それはもちろんなんですが、2種類用意しておくと刻々と変わる状況に応じて補完し合うから、チャンスを逃がしにくいんですよね」

 

jigtann-line (3)時合に効率よくラインを使い分けて釣果を稼ぎたい

 

 アジの時合は短時間で終わるケースが多い。マヅメは特にそうだ。そのときに「ちゃんと釣り逃さない」のが釣果を伸ばすコツ。

 ラインはまさしく釣りの土台を築くのだ。

 

フロロとエステル

 

jigtann-line (6)ジグ単にはフロロ(青) とエステルライン(赤) を使うと互いを補い合える

 

 坂本さんが使うエステルとフロロのライン特性はこうだ。「エステルは感度が抜群。比重は1.35で、浮き加減というか沈み加減がちょうどいいところが長所です。短所は伸びのなさゆえの破断のしやすさ。だからリーダーが必要です。あとはドラグ調整もちょこちょこやらないといけませんね」

 対してフロロは、「比重は1.78で沈みがスムーズです。なので深い場所や流れが速い場所にいいですね。アジが底層に張りついているときなんかはフロロのほうが無駄のない攻めができ、リーダーが不要だからすぐに釣りの準備ができます。釣り始めに根掛かりな どのトラブルがあってもリーダーを結び替える手間がかからないのですぐに戦線復帰できるところも手軽」だ。

 多くの場合、アジの釣り始めは夕方から。釣り始めてすぐにゴールデンタイムに突入というのが多い。そんな肝心なときにつまずいてリーダーを結び直していると、確実に獲れ高は下がる。そこでタイプの異なるラインがあるとバックアップになる。

 エステルとフロロというラインのコンビネーションは、互いを補い合う関係だ。

 

jigtann-line (8)エステルに替えて追加を図る

 

次回は坂本さんのラインの使い分けをご紹介します!

 

  • 1
  • 2

 

 

 

>

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。