編集部2021年10月9日

コロダイ&タマンと一緒にねらいたい魅力的ターゲット9選 後編:イサキ・フエダイ・クエ・マダイ&クロダイ

イサキ 魚種別釣りガイド フエダイ クエ

ハマフエフキの近似種にフエダイやクロホシフエダイがいる。近似種だけに釣り方やエサ、激アタリ、強い抵抗などの釣り味はハマフエフキとさほど変わらない。しかし、味の評価はこの2種のほうが数段上だ。

本命のアタリが遠いときは五目釣りにシフト!

解説=中本嗣通

 磯場やゴロタ石浜でコロダイ&タマン(ハマフエフキ)が釣れるエリアは、いろいろな魚が釣れる好ポイント。本命のアタリが遠いときは五目釣りにシフトして、魅力的なターゲットたちをねらってみよう!


◆関連記事
投げ釣りでねらうコロダイ&タマン(ハマフエフキ)釣り入門Q&A

解説◎中本嗣通(なかもと・つぐみち)
1959年生まれ。大阪府在住。カレイ、大ギスをメインにコロダイ、カワハギ、マダイなど旬の魚を追いかけて精力的に釣行。釣り雑誌に釣行記やエッセイを執筆し、メディアにも出演。個性的なキャラクターで人気が高い。投釣倶楽部大阪会長。

この記事は好評発売中の『投げ釣りパラダイス2021 秋冬号』に掲載したものをオンライン版として特別公開しています↓↓↓↓


nagepara-supersub (16)
南紀エリアではこのようなゴロタ石の海岸が連続し、磯魚はどこからでもねらえる。自分だけのポイントを捜してみるのも楽しい

日没後に釣りやすいターゲット:イサキ

nagepara-supersub (13)
沖釣りや磯釣りでしか釣れないと思っていたイサキだが、夜になると浅場に寄るのか投げ釣りでも釣れる。群れで回遊しているのかは連続でヒットするケースが多い

 個人的に釣れてうれしい真夏のサブターゲットがイサキだ。この魚は沖釣りや磯釣りの対象魚として知られているが、夜は磯周りの浅いポイントまで回遊してくる。意外な習性から投げ釣りでも充分にねらえる。スピード感に溢れる魚信とシャープな引きが楽しめるが、口回りが柔らかいため口切れを起こしやすい。せっかくの獲物をバラさないようにパワータックルで引き寄せてくるスリリングさは、コロ・タマにはないイサキならではの釣趣だ。

 釣れるのは30~40cmが主体だが、まれに50cm近い大型がヒットすることもある。圧倒的に食いがいいエサはイワイソメ。イサキを専門にねらうならハリスは8~10号、ハリはサーフ真鯛のM~Lと全体に小ぶりな仕掛けを用いる。ハリが大きいと食い込みが悪くなるから要注意。ただ、本命が当たった時に苦労することもあるので、バランスを考えなくてはならない。イサキは暑い時期に脂が乗ることから刺身や塩焼き、洋風のカルパッチョやポアレといった料理が向くようだ。

nagepara-supersub (15)
沖釣りではメインターゲットであるイサキ。口が柔らかいから取り込みに気を使う

日没後に釣りやすいターゲット:フエダイ系

nagepara-supersub (14)
フエダイの仲間もよくヒットする。南紀エリアでは40cmまでの中、小型が多いが、高知西部では大型も釣れる。これも美味しい魚なのでぜひ食してほしい

 ハマフエフキの近似種にフエダイやクロホシフエダイがいる。近似種だけに釣り方やエサ、激アタリ、強い抵抗などの釣り味はハマフエフキとさほど変わらない。しかし、味の評価はこの2種のほうが数段上だ。特にフエダイは「箸でつついて鍋の底を割るほど美味しい魚」ということで〝ナベワリ〟という俗称が四国南部であるほど。ハマフエフキとは明確に区別され、浜値にも格段の違いがあるとのこと。クロホシフエダイも同様に白身魚として市場評価が高く、ともに盛夏に旬を迎える。

 コロダイの近似種としてはコショウダイやオシャレコショウダイがおり、まれにヒットする。いずれもその数はさほど多くないが、南紀方面でのコショウダイの価値は高く、高値で取引きされる。

nagepara-supersub (18)
フエダイの仲間もよくヒットする。これも美味しい魚なので持ち帰っている

日没後に釣りやすいターゲット:クエ

nagepara-supersub (17)
数は少ないが稀にクエが当たることがある。沖磯ではサオが立たないような大型がくることもある

 五目釣りでひとくくりにするのがおこがましい魚がクエだ。その圧倒的な魚体&存在感、計り知れぬパワー、最高ランクの食味、釣ったことに対するトロフィー感と、どれを取っても究極の磯投げターゲットと呼ぶに相応しい魚である。日中は住み家となる岩穴に潜り込んで過ごすクエだが、夜になるとエサを漁るため海底のシモリ周りを回遊する。このタイミングにコロ・タマ仕掛けに付けたイカや魚の切り身を見つけると食い付いてくるのだが、時折りPEライン10号+ハリス16~20号の仕掛けではどうにもならない大型が当たって来ることもある。

 紀伊半島南部ではマクエを始め、チャイロマルハタ、ヤイトハタ、それらのハイブリット種が多く、いずれもサオをヘシ折らんばかりの激アタリをみせる。この時、少しでも対応が遅れると一気にシモリに潜り込まれるので、スピーディーな合わせと引き寄せが必要になる。あとは力と運が勝負で、首尾よく浮かすことができれば決着が付いたも同然。投げ釣りで釣れるのは40~70cmの中型~良型がメイン。まれに1m近い大物が磯投げで釣れたという情報を聞くこともあるが。

 真夏は旬から外れるクエだが、それでも白身なのに口内に脂の甘みが広がる刺身、さらには定番のクエ鍋は文句なく最高ランクで美味しい。

日没後に釣りやすいターゲット:タイ系

 紀伊半島の磯投げではマダイやクロダイ、キビレ(キチヌ)などもよく釣れる。

 これらは通常ならメインターゲットなのだが、コロ・タマと比較すると如何せんパワー不足は否めない。ただ、コロ・タマねらいの準レギュラー格のヘダイだけはひと際パワフルなアタリと抵抗をみせてくれる。

 いずれの魚もイワイソメ、エビ、イカに食って来る。外海では当たれば40~50cmとサイズがいいのが特徴。どれも美味であるが意外とヘダイを好む人が多い。

 

危険な魚に注意:エイ、ゴンズイ、サメ、ウツボ

 磯場で投げ釣りをしていると、うれしい魚だけではなく危険な魚も食ってくる。エイ、ゴンズイなどは毒ヒレ、毒トゲを持つし、サメやウツボなどは鋭い歯がある。取り扱いには要注意。

 カサゴよりも美味しいとされるハナミノカサゴも気を付けなければいけない魚。天女の羽衣のような美しいヒレには猛毒が隠されている。いずれも釣れたら無理をせずハリスを切って海にお帰り願うのが無難だ。

nagepara-supersub (7)
足場のよいポイントでもいろいろな魚が当たってくるから油断大敵。波にも要注意

タックルデータ 
スーパーサブ「ターゲット」を意識した仕掛け
■サオ=ダイワ・トーナメントサーフT―PT 37号 405E
■リール=ダイワ・パワーサーフ6000QD
■ミチイト=UVF棚センサーブライトNEO+Si2 8~10号
■オモリ=遊動タイプ30号
■ハリス=ディーフロン船ハリス10~14号 50~80cm
■ハリ=ささめ針・サーフ真鯛、ブレイドサーフ、磯投げバトルのL
チモトにルミカ・ルミコ(ブルー)や夜光玉を装着
■穂先ライト=ルミカ・ぎょぎょライトLED






後編:カワハギ・メイチダイ・ブダイ・ヒメジ・カサゴ

  • 1
  • 2

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。