編集部2020年10月21日

クリスティアワカサギ先調子SS/編集部イチオシ最新タックル

ワカサギ 釣りの仕掛け集

「クリスティアワカサギ先調子SS」は同社の穂先ラインナップのなかでもトップクラスに先調子。さらに2段テーパーで「掛け調子」を強調した仕上がりだ。サクサスメッキが施されたガイドや目感度を大幅に向上させる先端ブラック&蛍光オレンジも嬉しい。

掛けた瞬間がクセになる! 先調子だからこその気持ちよさ

解説=つり人編集部・ササキ


この記事は月刊『つり人』2020年11月号に掲載されたものを再編集しています。


「クリスティアワカサギ先調子SS」は同社の穂先ラインナップのなかでもトップクラスに先調子。さらに2段テーパーで「掛け調子」を強調した仕上がりだ。サクサスメッキが施されたガイドや目感度を大幅に向上させる先端ブラック&蛍光オレンジも嬉しい。

 この秋ワカサギ穂先を新調しようと思い、この釣りの名手である鈴木誠さんにオススメのモデルを聞いた。入門者であることを付け加えると、鈴木さんは即答。推してくれたのが「クリスティアワカサギ先調子SS」だった。

◆関連記事
ワカサギ釣り/ドーム船のフィールド別攻略法:桧原湖編

 その理由は「先調子」にあった。このモデルはダイワのワカサギ穂先ラインナップのなかでもトップクラスに先調子(8:2)に仕上げられている。

「穂先がシャキッとしているぶん、魚の暴れがダイレクトに伝わります。目でアタリをとって、掛けた瞬間の重みも手もとに伝わりやすい。『ワカサギを掛ける喜び』を知るのには最適な1本だと思います」

 また、先調子なので水中、空中を問わず仕掛けが暴れにくくトラブルが少ない点も入門者にはありがたい。

 先端がブラックとオレンジで塗られている点も重要なポイント。背景の水色を問わず穂先の微細な動きを察知しやすいカラーリングで目が疲れない。

3-Oct-21-2020-07-13-50-10-AM
黒とオレンジの組み合わせにより目感度が大幅に向上した

 ガイドに施されたサクサスメッキも見逃せない。サクサスは同社のハリ先に施されているフッ素加工のことだが、これをガイドに応用することでイトの滑りがよくなり極細PE ラインに掛かる負担が軽減される。また、水はけがよくなったことでガイドが凍りにくくなっているという。

 硬さはM とS とSS、SSS をラインナップ。ワカサギ釣りをやり込んでいる人は自分の好きな調子をセレクトすればOK だ。とくにイメージがない入門者はまずS がオススメだと鈴木さん。扱いやすさと食い込みのよさのバランスがとれた硬さだという。

 記者も「クリスティアワカサギ先調子SS34S」でワカサギを掛けてみた。合わせた瞬間、ダイレクトにワカサギと繋がっている感がありとても気持ちよく感じた。手の平の神経が喜ぶ1本だと思う。

2-Oct-21-2020-07-13-50-46-AM
新発売の「クリスティアワカサギCRTαメタルレッドグラデーション」と合わせたところ。アルミスプールが標準装備されている。2万9800円+税

ダイワ(グローブライド)
クリスティアワカサギ先調子SS
■長さラインナップ
● 23cm:ドーム・屋形船、氷上に対応。短い穂先は取り回しがいいだけでなく、目に近く微細なアタリをとりやすい
● 27cm:ドーム・屋形船、ボート、氷上すべてで活躍するオールラウンダー
● 34cm:ドーム・屋形船、ボートにマッチ。とくにボートで使いやすい長さ
問合先=ダイワ(グローブライド)(℡ 0120-506-204)






おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。