カテゴリー

秋のクロダイを身近な漁港周りで釣る方法

編集部 2018年9月25日

型の春、数の秋ともいわれるクロダイの旬。すなわち遭遇率が最も高い好機が今だ。房総半島南東端に位置する千倉周辺では、子ども連れでも安心の足場のよい港内で銀鱗が何度もサオを絞るチャンスとなる。

おすすめ時期:9~10月

編集部◎文・写真

クロダイ釣り/秋田県男鹿市/男鹿半島

編集部 2018年5月3日

東北の日本海側にあるあまたの磯釣りフィールドの中でも、多くの一級磯が立ち並び、東北を代表するフィールドが秋田県男鹿半島。長らくコマセ禁止が続いていた同県だが、平成29年3月21日より規制が解除となった。

みちのくの乗っ込みクロダイ前哨戦

協力◎船木和久

アオリイカ・クロダイ釣り×温泉/鹿児島県南さつま市・野間半島

編集部 2017年12月25日

薩摩半島の西端に位置する野間半島は、北に吹上浜を仰ぐ。浜から半島の北側にかけては砂地の海底が多く、場所によってはかなり遠浅になっている。

大型のアオリとクロダイの実績に富む片浦港

港の一画にある宿を拠点にのんびり波止釣り三昧

小田部修久◎レポート

クロダイ&根魚釣り/愛知県南知多町・篠島・日間賀島

編集部 2017年11月24日

額が汗ばむような秋とは思えぬ陽気が続いていたが、11月に入って極端に寒くなった。何だか夏から秋を飛び越して冬になったかのようだ。

初冬の離島でハズレなしの前打ち

クロダイ釣り/千葉県九十九里・片貝港白灯堤防

編集部 2017年8月25日

秋、クロダイの活性も高まり釣果も上向きとなるのだが、同時にフグなども活発にエサを取るため、付けエサのオキアミが瞬時になくなってしまう。

30~40㎝級のクロダイが高確率で手にできる

sブロックの際をタイトにねらう

案内◎時田眞吉

クロダイ・アジ釣り兵庫県但馬海岸柴山・沖磯

編集部 2017年5月25日

つり人2016年7月号より、西浦伸至さんの仕掛け

つり人編集部=写真と文

クロダイ・アジ釣り/鬼に金棒!「虫ヘッド釣法」の手引き

編集部 2017年5月25日

アジやメバルをねらうジグヘッドリグにワームの代わりに虫エサを刺したらどうなる?  という発想で生まれた「虫ヘッド釣法」はルアーの誘いとエサの威力が合体した「鬼金」釣法なのである。 お手軽で簡単な防波堤のカサゴねらいから沖磯でのマニアックな釣りまで多種多彩な魚にアプローチ。

おすすめ時期:周年

高崎冬樹◎写真と文

クロダイ釣り 愛知県南知多町・篠島

編集部 2017年4月25日

黒潮の影響を受けないことに加えて木曽三川から大量の雪代が流れ込むため、外洋に面したエリアに比べて水温の上昇が遅い伊勢湾奥。だが、4月に入ると各フィールドでクロダイの荒食いが始まる。

篠島の南に広がる磯場は竿抜けスポット。湾内では激レアな40㎝超のアイナメも釣れる

好みのスタイルで楽しめる知多半島の沖に浮かぶ離島

伊藤 巧◎レポート

クロダイ釣り/内房に見る乗っ込みクロダイの法則

編集部 2017年3月25日

サクラの開花、ジンチョウゲの香り、春を感じるキーワードはさまざまだが、華やかな花よりも釣り人なら魚で春を感じたい。メバルやウミタナゴなども春を告げる魚だが、クロダイもまたしかり。厳寒期の黒光りする居着きの魚体に替わり、接岸する銀ピカの乗っ込み魚体は、春ならではのトロフィーである。

おすすめ時期:3-4月

時田眞吉◎写真と文 

クロダイ釣り 千葉県・内房の海岸

編集部 2017年3月25日

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!