カテゴリー

2020年10月/コノシロパターンでめざせ80アップ! 木更津沖のボートシーバスフィッシング

編集部 2020年10月26日

10/24、シーバスねらいのボートフィッシング取材に行ってきました。目標は80㎝オーバーの「ランカーシーバス」です。東京湾の千葉県側、小櫃川の河口もある東京湾アクアラインの南側海域は、この時期、一年でも最も大ものがねらいやすい季節を迎えます。

この日最大の77㎝。周囲のボートも沈黙する中、コノシロの群れの中にキャストし粘り強くリトリーブしていたメタルバイブにヒット

...

【動画で見る】最強!エビ撒き釣りのはじめ方

編集部 2020年9月28日

生きたモエビを撒いて釣る、その名も「エビ撒き釣り」。水中を跳ねるモエビの動きはあまりにも魅力的で、 大型のクロダイやメジナがたまらずパクリ! そんな白昼夢のような光景が、川崎市の釣り公園で繰り広げられました。 そのようすをお伝えするとともに、 エビ撒き釣りのはじめ方を詳しく解説します。

『つり人』2020年11月号連動動画

つり人編集部=写真と文

スーパーライトジギング(SLJ)入門! ロッド・リール・ライン・ジグの選び方

編集部 2020年6月4日

スーパーライトジギングの頭文字をとって「SLJ」。小型ジグを使うことで、これまで反応させることが難しかった魚をキャッチできるのがこの釣りだ。現在全国的に盛り上がりを見せているSLJの魅力と入門者のためのロッド、リール、ライン、ジグの選び方を徹底解説!

シーバス釣り/ルアーボックスに見る釣れないアングラーの傾向とは!?

編集部 2019年12月2日

大野ゆうき・著『シーバス釣り超思考法』釣れるボックスの作り方を紹介

シーバス釣り/「いつも同じポイント症候群」の克服法

編集部 2019年11月27日

新ポイント開拓でまず注目するべき要素とは? 大野ゆうき・著『シーバス釣り超思考法』より

トップウォーターでシーバスを釣るための基本 4か条!

編集部 2019年9月19日

トップウォーター(水面)やサブサーフェス(水面直下)で釣れるのがシーバス最盛期とも言える秋シーズンの醍醐味。ここでは水面にシーバスを誘って釣るために知っておきたい基礎知識をいくつか紹介しよう。

ヒラマサとヒラスズキ釣り/長崎県北松浦郡小値賀町/上五島

編集部 2018年5月5日

五島列島…。関東や関西に住む釣り人も一度はその名を耳にしたことがあるのではないだろうか。五島列島は長崎県西部に浮かぶ有人島と無人島からなる島々の総称である。

瀬渡し直行便なら釣りも観光もベリーグッド

レポート◎小田部修久

シーバス釣り/バチ抜けワーミングで入れ食い間違いなし!

編集部 2017年2月24日

サイズは選べないものの、アタリの数は圧倒的! 慌てて合わせる必要もないバチ抜けワーミングは今が旬

おすすめ時期:1~3月

つり人編集部=写真と文

ルアー五目釣り/世界が広がる!レンタルボート活用法

編集部 2017年1月8日

海のレンタルボートといえば、手漕ぎもしくは小さな船外機の付いた平船和船がほとんど。 だが、本格的なプレジャーボートを、実にお得な料金で借りられるシステムがある。 会員制のヤマハマリンクラブ「シースタイル」だ。

おすすめ時期:12~1月

つり人編集部=写真と文

シーバス釣り 千葉県・盤洲干潟

編集部 2016年12月8日

都心エリアからアクアラインを使えば、1時間かからず行ける盤洲干潟。水温が下がりエイも少なくなってきた。夜の釣りやすい時間帯と干潮のタイミングが重なるこの時期は干潟でのウエーディングゲームが成立しやすくなる。

都心から1時間以内で行ける干潟のウェーディングスポット

佐藤直樹 写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。