川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

釣りもデジタル

釣りもデジタル

つり人編集部=写真と文

2月12日発売の別冊渓流の校正が
あと少しで終わる。
(間に合うのか…?)


2010年度版も
「日本にまだこんな素敵な川があったのか?」
とため息の出るような美渓のオンパレード。
ゲラに見惚れている場合じゃないんだけど
つい、しげしげと眺めてしまう。

ちなみに、特集は
ヤマトイワナ、ニッコウイワナ、ゴギ、エゾイワナ
オショロコマ、ミヤベイワナなど
我が国で独特の進化を遂げた
イワナ族について、これでもかとやっています。

そのほか、年々世間を騒がすようになっている
クマについて、その対策と被害者の恐怖の体験談など
渓流釣りを安全に楽しむためのクマ学をみっちり載せています。

また、キノコについても
種類別の分布傾向や見分け方、料理法などをたっぷり紹介。

少し毛色の違う記事としては
最新GPSの使い方。
今のGPSはとっても便利で
緊急時だけじゃなく
カーナビ感覚でルートを指示してもらったり
好ポイントをデータとして保存できたり
もちろん、キノコや山菜の穴場もしっかりマーキングできます。

PCと接続すれば
様々な形でデータとして残すことが可能。

そんなのは邪道だ!
という向きもあると思いますが
デジタルって一度使ってしまうと
なかなか止められないんです。

ところで
最近、デジタルブックのニュースが大きく取り上げられていますが
ぼくも時代の波に取り残されないよう
ipod touchでデジタル本やデジタル雑誌を
コツコツ購入しては読むよう努めています。

が、アラフォー以降の世代には
これは馴染めないだろうというのが
現時点での結論。

もちろん
今の10代、20代、あるいはちびっ子たちが大きくなったら
きっと普通の感覚で読んでしまうのでしょうが。

元々はデジタルブックのために使うようになった
ipod touchですが
マイブームは釣り動画を見ること。

恐らく、きっと世界初の
釣り動画専門投稿サイト
いいつり動画
の中のお気に入りの動画を
PCにダウンロードすれば(もちろんタダ)
ipod touchにそのまま取り込むことができるんです。

でもって
これを、さらにipod対応のカーナビに接続すれば
カーナビの画面で釣りの動画を見られるというわけ。

仲間と釣りに行く車中で
カーナビ上で釣り動画を見られるなんて
否応にも士気が高まるというもの。

まあ、これにより釣果がどうこうなるわけでは
決してございませんが…

(山根)

2010/2/3

<< 2010/2 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…

最新号 2019年5月号

特集は『タナゴ マブナ クロダイ ウミタナゴ カレイ……春のワクワク釣り場完全ガイド「堤防・小磯」&「湖沼」』。春タナゴ&乗っ込みマブナ入門、乗っ込みマブナ釣り場、タナゴウキの浮力実験、アジのカゴサビキ釣り入門、アジ釣り場紹介、三浦半島ドローン釣り場……などを掲載。陽光が日ごとまぶしさを増す季節。身近な海や水郷のあぜ道に繰り出せば、きらきらと銀鱗を輝かせる元気な魚たちが、春の目覚めとともに命の躍動を伝えてくれる。家族と、友人と、たっぷり遊んで満ち足りる一日。貴方・貴女の「行きたい!」はどれですか? そのほか、バチ抜けシーバス入門、桂川支流鶴川のヤマメ釣り、渓流ファン5人による解禁レポートなどをお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中