毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

スルメイカ釣り
三重県・尾鷲港

スルメイカが群れで押し寄せてくる、周辺随一の大きな波止

川井英嗣 写真と文
月刊つり人の精鋭ライターが自信をもってオススメする厳選釣り場

レポーター=川井英嗣
昭和47年生まれ。愛知県在住。フィッシングエリアは、三重県尾鷲から熊野、福井県敦賀湾、伊勢湾、遠州灘。ソルトウオーターのルアーフィッシング全般を楽しむが、エギングが得意

この記事は『つり人』2016年2月号に掲載したものを再編集しています。

群れが来れば二桁釣果もねらえる

05 良型スルメのほか、ケンサキが釣れることも

 この時期に美味しいターゲットが釣れるポイントを紹介したい。尾鷲港にある天満浦の波止である。周辺漁港の中では随一の規模を誇る大きな波止。火力発電所が近くにあるため周辺より水温が少し高め。堤防基部から中間まではテトラポッドが入っており、やや複雑な地形になっている。水深は堤防基部がやや浅く、テトラ帯を超えるあたりから急に深くなる。

 ターゲットは豊富だが、なかでも面白いのがスルメイカである。群れで押し寄せてくることが多いため、タイミングが合えば数釣りも可能。タックルは秋のアオリイカ用を転用できる。というよりか、秋アオリのロッドでねらうほうが釣り味が増して面白い。時合は夜なので餌木のカラーは夜光系、深い場所も探るためサイズは3.5号を使用する。やや足場が高いのでラインはPE0.4号クラスとし、風の影響を受けにくいセッティングにしたい。

 スルメイカは幅広いレンジにいるが、表層で回遊することが多いため、表層→中層→ボトムと上から順にねらっていき、レンジを落として当たるタナを見つけよう。シャクリはそれほど激しくなくてもよく、軽めにシャクるほうが吉と出ることが多い。

 釣果は、群れが回ってくれば二桁、なければゼロと極端であるが、40㎝近いものになると引きも楽しいので、ぜひねらっていただきたい。

 また同時期にケンサキイカも回ってくるため、2.5号程度の餌木も用意しておいたほうが急な回遊に対応できてベスト。ケンサキはスルメとレンジが明確に分かれるので、両方の群れが入ってきた時は釣り分けが可能。ポイントは足場が高く段差等もあるので、万が一落水した場合に備えてライフジャケット等の安全装備を着用して釣りをしてもらいたい。

エリアマップ
交通●紀勢自動車道紀勢尾鷲北ICを降りて約5分。県道778号線を天満浦方面へ
問合先●つりエサ市場尾鷲店(℡0597・23・1089)

2016/12/6

おすすめ記事

最新号 2017年11月号

今月は「秋は湖に浸る。」と題して、湖沼の釣りを特集。涼しい風が吹き始め、空が高くなるこの季節。都会の喧騒を少し離れ、のんびりした時間を過ごせるのが湖沼の釣りだ。ターゲットはワカサギ、ニジマス、ヒメマス、コイ、ハス。ファミリーフィッシングからコアな数釣り・大ものねらいまで、秋の湖沼に出かけたくなるサポート&ガイド。 海ではキングオブ大衆魚、アジの好機到来! 投げ、足もと、カゴのサビキ3釣法や夜磯の大アジねらい、厳選アジ釣り場、釣ったアジを食べ尽くすアジレシピも必見。そのほか、好評隔月連載の「三石忍の沖釣りテンポUP」、「阪本智子の旬魚探見!」、「今が旬!! 日本列島激アツ釣り場」も掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中