川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ニッポン最強のパターンフィッシング!

ニッポン最強のパターンフィッシング!

つり人編集部=写真と文

全国の書店、釣具店、またはHPからご購入いただけます(定価1680円)

いよいよ9月11日に
『シーバス地獄~稚鮎・落ち鮎PATTERN~』
が発売になります!

これは人気のシーバスフィッシングの中でも、
とりわけエキサイティングなアユパターンのみを
クローズアップしたマニアックな1冊。
1年間にわたる長期ロケ。しかもエリアは九州から東北まで。
これにて日本固有にして最強のパターンフィッシングを完全網羅。

第1特集は『命漲る春~稚鮎PATTERN~』
春に海から川に遡上するアユとシーバスが
連動する稚アユパターンを実釣解説。
鈴木斉さんの茨城県那珂川、
濱本国彦さんの高知県鏡川、
宮木秀敏さんの広島県沼田川、
中野大輔さんの山形県最上川、
長井淳さんの徳島県海部川、
山田直樹さんの石川県犀川、
島幹治さんの徳島県園瀬川、
野呂昌明さんの神奈川県相模川、
高橋慶朗さんの茨城県那珂川など
トップアングラーによる実釣解説は読み応え満点!

第2特集は『命燃え尽きる秋~落ち鮎PATTERN』
秋に産卵のため下流に下り、
やがて命尽き果て満身創痍で流下する親アユと、
それを待ち構えるシーバスの捕食劇を徹底解説。
泉裕文さんの京都府由良川、
山本典史さんの和歌山県和歌川、
新保明弘さんの静岡県狩野川、
松岡豪之さんの宮崎県大瀬川、
宮本善亘さんの静岡県富士川、
中平有哉さんの和歌山県日高川、
嶋田仁正さんの鳥取県日野川、
松永経志さんの三重県木曽川、
小島潔さんの高知県松田川、
小沼正弥さんの東京都多摩川など、
こちらもトップアングラーが
迫力満点の落ちアユパターンを炸裂させています!

アユの知られざる生態と
シーバスとの接点を解説する巻頭記事
『アユ学概論』も見逃せません。
そもそもアユとはどんな魚なのか、
なぜシーバスと接点があるのかを
川の専門家が分かりやすく説明。
この釣りのもうひとつの主役であるアユを
ベイトフィッシュとしてだけでなく、
その生活史まで深く理解できるはず。

さらに
『東の天才・オヌマンが明かす稚アユパターンの真実』
『西の奇才・オガケンが語る独創的落ちアユパターン』
まで、アユパターンのすべてが分かる
超濃密な1冊に仕上がっています


(天野)。

2008/9/10

<< 2008/9 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2018年12月号

特集は「身近な水辺が魅惑のフィールドに! ここに注目!堤防釣りの極意」。
海岸線を走れば堤防ごとに見える大勢の人の姿。穏やかな日差しを受ける海は最高に気持ちがいい。回遊魚と居着きの魚が種類も豊富に姿を見せる秋は、オカッパリの海釣り入門にも最適なシーズン。今月は堤防を遊びつくすために、エサ釣りからルアーフィッシングまで懇切丁寧に解説。また、関東圏のおすすめ堤防釣り場を20ヵ所紹介している。
第2特集は「鈴なりの快感! ワカサギ釣りABC」。いろんなスタイルで楽しめるワカサギ釣りだが、入門におすすめなのがドーム船。ドーム船の釣り方を解説。そのほか、紅葉の渓流管理釣り場ガイドも見逃せない。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中