編集部2016年9月21日

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第8回

Basser バス釣り

Basserオールスタークラシックの歴史を振り返ります。第7回大会にして初めての舞台となった八郎潟。台風の影響で大きく状況が変わった2日間を制したのは藤木淳選手でした。 バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

第7回大会の舞台は八郎潟。スーパーヘビーカバーをねらった藤木淳選手が優勝

Basser編集部=写真と文


第7回大会・八郎潟(出場17名)                        
Place Name Total weight(g)
1 藤木 淳 11940
2 沢村幸弘 10492
3 並木敏成 9936
4 高林道男 9338
5 吉積健司 8960
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します

 オールスタークラシックと選手にとって未開の地、八郎潟を舞台に開催された第7回大会の勝者は藤木淳だった。1日目は台風の余波が残る荒れ模様で、スタートは8時まで遅れた。しかし2日目は天候が回復し、それと同時にコンディションはタフを極めた。

 状況がまるで異なる2日間を制した藤木は、デルタフォースをメインに、25Lbラインのフロリダリグ(ベイトはギドバグ)というヘビータックルを駆使してスコアを積み重ねたが、注目すべきはその安定度。6kg超やそれに迫るハイスコアをマークした選手はほかにもいたが、連日のハイスコア(1日目3位/2日目トップ)は藤木だけ。天候の変化に左右されなかったキーは、確実にバスをストックしているスーパーヘビーカバー攻略であり、それをヴァージンウォーターで実行した藤木の応用力が光る勝ち方だった。

allstar6-01_0004a
掲載は1993年11号

b-1993-11-01-L

2016/9/21

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。