編集部2016年10月24日

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第20回

Basser バス釣り

8月開催の第19回大会。優勝したのはB.A.S.S.仕込みのクランキン&フリッピンで夏の霞ヶ浦を攻略した宮崎友輔選手でした。 バス釣りの専門誌バサーが、バス釣りのテクニックから道具、試合の最新情報、初心者のバス釣り入門までバスフィッシングのすべてを公開しています。

8月開催の第19回大会。優勝したのはB.A.S.S.ツアープロの宮崎友輔選手でした

Basser編集部=写真と文


第19回大会・霞ヶ浦・北浦(出場19名)                    
Place Name Total weight(g)
1 宮崎友輔   11000
2 河辺裕和   9900
3 草深幸範   7110
4 成田紀明   6980
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します

 雨の1日目、トップに立った河辺裕和を、わずか80g差でB.A.S.S.ツアープロの宮崎友輔が追う展開。

 翌2日目は一転して晴れ。酷い暑さと書いて酷暑というに相応しい30℃オーバーの高気温となった。そう、この年のオールスタークラシックは真夏の8月開催だったのである。

 意外に思われるかもしれないが、夏が暑ければ暑いほど、茹だるような水温になるほど、好調に釣れる年があるのが霞ヶ浦水系の特徴だ。そしてこの夏の霞ヶ浦水系はよく釣れていた。

 1日目、雨で濁った梶無川に入った宮崎は、そのマッディーウォーターを見て「チャンス」と思ったという。そして、のちにRPMクランクとして発売されたプロトタイプで1尾目をキャッチすると、その後は本湖のラン&ガンに転じ、クランキングメインで入れ替えまで行なった。

 晴れた2日目は僅差の河辺を追ってフリッピングで勝負。ウルトラバイブスピードクローのテキサスとファットイカのバックスライドセッティングを軸にシャローカバーを撃ちまくり、広域からバスをかき集めた。

 終わってみれば逆転した河辺を1kg以上突き放して宮崎が勝利。B.A.S.S.仕込みのクランキン&フリッピンが夏の霞ヶ浦にバチッとハマって、宮崎ひとりが文字どおり桁違いのスコアをマーク。初出場・初優勝の快挙を成し遂げた。

allstar6-01_0001
掲載は2005年11月号

allstar6-01

2016/10/24

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。