編集部2022年5月19日

鮎釣り2022 KING OF KINGS出場選手紹介! 瀬田匡志選手

アユ 月刊つり人ブログ PICKUP 鮎釣り2022KING OF KINGS

瀬田さんはずば抜けた運動神経の持ち主で流れにも極めて強い。瀬をオモリで釣りこなすのは十八番である。一方で繊細な釣りも段違いに上手い。たとえば親子で1、2フィニッシュとなった2019年のダイワ鮎マスターズ西日本ブロック大会。会場は京都の美山川。瀬田さんはSMTソリッドに単線系メタル0.07号で繊細な止め泳がせ。岩盤の群れアユを次々に絡め取った。

上田弘幸×小澤剛×瀬田匡志×廣岡昭典

アユ釣り頂上決戦!【5/29】AM6:00~、YouTubeつり人チャンネルで生中継!

 5月29日(日)、三重県の大内山川を舞台に開催予定の「鮎釣り2022 KING OF KINGS」。 全4回で出場4選手について紹介します。今日は瀬田匡志選手。盤石の強さを誇る最強トーナメンターでマンツーマンの駆け引きは群を抜いて巧者。

「鮎釣り2022 KING OF KINGS」 舞台は三重県・大内山川に決定! 詳細はこちら>>>

ayu-kok-banner

特別協賛/オーナーばり、がまかつ、シマノ、グローブライド
協賛/フィッシング遊、プロショップかつき、水谷つり具、フィッシュパス
協力/大内山川漁業協同組合、三重県内水面漁業協同組合連合会

瀬田匡志

1976年生まれ。鳥取県日野郡在住。ホームグラウンドは鳥取県・日野川。著書『鮎の友釣り完全教書』は令和時代のアユバイブルと大評判。2019年の鮎マスターズでは息子の瀬田将太さんと一緒に親子で全国大会の舞台に立つという史上初の快挙。今やお孫さんもいる。親子3代で競技会を楽しむ日も近い?

03setanatvlogo-daiwa

【主な戦歴】

●ダイワ鮎マスターズは2009年、2012年、2017年の優勝3回。何より凄いのは第一回目の優勝から11年連続で全国大会に勝ち上がっていること。鮎マスターズの全国大会連続出場記録は村田満さんの14回。アユ釣り帝王に迫る勢いだ

●報知アユ釣り選手権オーナーカップは2010年に優勝。その年の名人位も獲得している

●JFT(全日本釣り技術振興評議会)でも何度も優勝を決めている。話題となったのは2011年の高津川での大会だ。3日間、実釣18時間で254尾の束釣り試合を展開して頂点に立った。まさに瀬田さんならではのスピード釣法の勝利である

【瀬田匡志選手の釣りの見どころはココ!】

瀬田さんはずば抜けた運動神経の持ち主で流れにも極めて強い。瀬をオモリで釣りこなすのは十八番である。一方で繊細な釣りも段違いに上手い。たとえば親子で1、2フィニッシュとなった2019年のダイワ鮎マスターズ西日本ブロック大会。会場は京都の美山川。瀬田さんはSMTソリッドに単線系メタル0.07号で繊細な止め泳がせ。岩盤の群れアユを次々に絡め取った。また鮎マスターズで3度目の優勝を決めた2017年大会では背バリを使用したスローな横出し釣法で那珂川の渋いアユを次々に引き出した。

5月29日の大内山川はまだ盛期とはいえない状況だ。瀬田さんの繊細巧緻な技術が見られる可能性は高い。

ほかにも空中輸送によるスピーディな釣り、ダウンクロスといわれる下ザオから広範囲に引き上げる釣りと得意技がいくつもある。

 そして試合巧者といわれるのは何よりその足取りに見られる。相手の釣り方や足取りをつぶさに確認しながらサラ場を見つけ、逆に相手が得意そうなポイントには必ずオトリを入れていく。マンツーマン対決の試合運びは、まさにこの足取りが重要で、KOKの最大の見どころといってもよい。

相手が誰だろうと、どんな環境であろうと、場の空気に飲まれず、肝が据わって落ち着いているのも強さの秘密だ。自分のペースに引き込んでしまうようなオーラもあれば、実に慎重で思慮深いところもある。

小澤剛さんとは何度も激闘を繰り広げてきたライバル。競技会ファンの間で深く記憶に刻まれているのはダイワ鮎マスターズで2度目の優勝を決めた2012年の対決だろう。舞台は長良川郡上のドウマン。10年、11年と優勝して3連覇も予想された小澤さんに対し荒瀬の絞り込みから次々にアユを抜き上げて快進撃を止めた。

上田弘幸さんとの直接対決は2016年の箒川が最新だろう。軍配は上田さんにあがっている。今回対戦が実現すればV4を賭けたダイワ鮎マスターズの前哨戦となるかもしれない

廣岡昭典さんとの直接対決は2011年の報知名人戦。ここでは廣岡さんの泳がせ釣りに敗れた。その後マンツーマンの対決はないが廣岡さんとの交友関係は深い。今回対戦が実現すれば11年ぶりか!?

 

01a-May-19-2022-05-22-03-78-AM
瀬田さんといえばオモリ使いが代名詞

02a-3
繊細な泳がせ操作も上手いオールラウンダー

 

上田弘幸選手の紹介はこちら >>>

小澤剛選手の紹介はこちら >>>

廣岡昭典選手の紹介はこちら >>>

 

◆「鮎釣り2022 KING OF KINGS」は5月29日(日)、YouTubeつり人チャンネルにて午前6時より配信スタート!

\こちらのYouTubeチャンネルで配信予定! チャンネル登録お願いします!/

つり人CHANNEL

つり人CHANNEL

日本で最も歴史ある釣り専門出版社「つり人社」が運営するYoutubeチャンネル。バス釣り、フライフィッシング、海釣り、魚のさばき方など、釣りの楽しさ、釣りの素晴らしさを伝えられる動画を毎日アップしていきます。

つり人CHANNELはこちら


 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。