編集部2022年5月18日

鮎釣り2022 KING OF KINGS出場選手紹介! 小澤剛選手

アユ 月刊つり人ブログ PICKUP 鮎釣り2022KING OF KINGS

シマノジャパンカップ、ダイワ鮎マスターズ、オーナーカップ、G杯とメーカー主催の4大アユ釣り競技会のすべてで頂点に立った唯一の存在。いわずと知れた引き釣り名手で、背バリ使いやテンビン持ちの繊細なテンションコントロールは、現在も多くの友釣りファンに影響を与えている。

上田弘幸×小澤剛×瀬田匡志×廣岡昭典

アユ釣り頂上決戦!【5/29】AM6:00~、YouTubeつり人チャンネルで生中継!

 5月29日(日)、三重県の大内山川を舞台に開催予定の「鮎釣り2022 KING OF KINGS」。 全4回で出場4選手について紹介します。今日は小澤剛選手。史上最強のトーナメンターであり「友釣り無双」のハンドルネームでユーチューバーとしても人気。

「鮎釣り2022 KING OF KINGS」 舞台は三重県・大内山川に決定! 詳細はこちら>>>

ayu-kok-banner

特別協賛/オーナーばり、がまかつ、シマノ、グローブライド
協賛/フィッシング遊、プロショップかつき、水谷つり具、フィッシュパス
協力/大内山川漁業協同組合、三重県内水面漁業協同組合連合会

小澤剛

1970年生まれ。愛知県豊田市在住。ホームグラウンドは愛知県・巴川、矢作川、岐阜県・長良川郡上、コロナ禍の2年は「九頭竜の男になる」と激流の良型アユを毎日ボコボコに釣っていた。今や九頭竜川もホームグラウンドのひとつか!?

02ozawashimano-logo-1

【主な戦歴】

●シマノジャパンカップは2003年、2009年、2015年、2016年と優勝4回。これは同大会の最多優勝記録

●ダイワ鮎マスターズは2010年、2011年の優勝2回

●G杯は2009年、2011年、2012年と3度の優勝

●報知アユ釣り選手権オーナーカップは2018年に優勝し、その後の名人戦でも島啓悟さん、廣岡昭典さんを破って防衛中

【小澤剛選手の釣りの見どころはココ!】

シマノジャパンカップ、ダイワ鮎マスターズ、オーナーカップ、G杯とメーカー主催の4大アユ釣り競技会のすべてで頂点に立った唯一の存在。

いわずと知れた引き釣り名手で、背バリ使いやテンビン持ちの繊細なテンションコントロールは、現在も多くの友釣りファンに影響を与えている。

テンビン持ちによるゼロテンション周辺のオトリコントロールはもはや精密機械の域だ。解禁初期の体力の弱いアユも巧みに操り、野アユを掛けまくってしまう。

そのようすは最近アップされている小澤さんのYouTube「友釣り無双」の日高川龍神や有田川釣行のようすを見れば分かるだろう。ちなみに「友釣り無双」のハンドルネームは小社から2011年に出版の著書『友釣り無双』に由来する。

小澤さんは2018年までサオをしっかり寝かせた引き釣り一辺倒だったが、その年のオーナーカップでは、立てザオの釣りを多用して優勝。「点撃ち泳がせ」というワザで小社でもDVDにしている。

簡単にいえばピンスポットの泳がせ釣りなのだが、サオを立てた時の目印が引き釣りの位置(天井イトのほぼ直下)にあり、一体どこを見てオトリを操作しているのかと話題になった。

この釣り方を小澤さんは自身の「変化球」と言うが、大内山川の初期のアユ釣りの性質上「やらざるおえんかもしれん」と話す。

サオをしっかり寝かせ、オトリの動きをある程度抑制しながらオトリを流れに引き込んで釣ることを基本にしているが、状況によっては点撃ち泳がせもする。今回のKOKではどちがハマるのか? サオの構えにも注目である。

試合時の小澤さんのメンタルの強さは半端ない。さまざまなトラブルに見舞われても、「負けるもんか!」と闘志をむき出し、立て直して軌道修正をしていく。そのようすが感動的でもある。

瀬田匡志さんとは何度も激闘を繰り広げてきたライバル。2015年の九頭竜川で行なわれたジャパンカップでは決勝戦で瀬田さんと松田克久さんと三つ巴の激戦を繰り広げて頂点に立った。鮎マスターズ全国大会でも瀬田さんとのマンツーマン対決を何度かしているが、こちらの勝率は瀬田さんに軍配が上がる。

上田弘幸さんとは若いころから切磋琢磨してきた仲だが、特に中スポ杯決勝では何度も決勝で当たっている。2018年のオーナーカップでは準決勝で上田さんに勝利し、その年の優勝を決めて現在の名人位につながった。

廣岡昭典さんとの直接対決は2019年の第50期報知アユ釣り名人戦が記憶に新しい。初戦を取った廣岡さんに対して僅差の勝負で逆転勝利。「まだまだ伸びてくるような印象を受ける」と廣岡さんを讃えた。

 

01a-May-18-2022-07-43-48-18-AM
小澤さんといえばテンビン持ち。鋭角の構えを基本に絶妙なテンションコントロールでオトリを操る

02a-2
変化球の釣り方という点撃ち泳がせ。これも緻密な技である

 

上田弘幸選手の紹介はこちら >>>

瀬田匡志選手の紹介はこちら >>>

廣岡昭典選手の紹介はこちら >>>

 

◆「鮎釣り2022 KING OF KINGS」は5月29日(日)、YouTubeつり人チャンネルにて午前6時より配信スタート!

\こちらのYouTubeチャンネルで配信予定! チャンネル登録お願いします!/

つり人CHANNEL

つり人CHANNEL

日本で最も歴史ある釣り専門出版社「つり人社」が運営するYoutubeチャンネル。バス釣り、フライフィッシング、海釣り、魚のさばき方など、釣りの楽しさ、釣りの素晴らしさを伝えられる動画を毎日アップしていきます。

つり人CHANNELはこちら


 

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。