カテゴリー

イワナ・ヤマメ釣り/新潟県・志久見川

編集部 2018年1月29日

未知の釣り場を自分の足で少しずつ開拓していくところに渓流釣りの楽しみはある。幼いころ近所の清津川で始まったヤマメ釣りは、清津川支流や隣の中津川と行動範囲を広げ、ほどなく長野県境を流れる志久見川にも触手が伸びることになった。

断崖の狭間、約1.5km。豪雪が守るパラダイス。今年も行きたいベスト渓谷

写真と文◎高橋宗久

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!