毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

日本一の釣り文献収集家

日本一の釣り文献収集家

つり人編集部=写真と文

月刊つり人は来月(2015年7月)に創刊70年という節目を迎えます。

世界最高齢の釣り月刊誌といえますが
その中で20年以上も続く連載があります。

わが国随一の釣り文献収集家といわれる
金森直治さんの「浮世絵これくしょん」です。

ただの浮世絵ではなく、釣りと関連のある浮世絵だけを
毎月、欠かさずに紹介してくれています。

よくもまぁ、これだけ釣りと関連する浮世絵があるもんだと
毎号毎号、驚かされます。

連載は浮世絵 一竿百趣という一冊の本にまとめられていますので
興味のある方はご一読ください。




その金森さんが先日、日経新聞の文化面に取り上げられました。

「水辺の風景 釣り上げる」
というタイトルで、こちらは浮世絵ではなく
釣りと関連のある絵葉書の話。

記事の中で
日ごろは温厚な金森さんの魂の叫びのような一文があったので
引用させていただきます。

「最近はなかなか遠出はできないが、
できることならば絵はがきに写っている場所を探訪し、
その変化をこの目で確かめてみたいものだ。悲しいかな、
水辺の原風景を写した絵はがきは、日本人が自然に対して
どのように暴力を振るったかがわかる証拠写真でもある。」

記事の中では静岡県狩野川のアユ釣り風景が収められた
絵はがきがカラーで紹介されていますが
このため息が出そうな風光明媚な風景には、
たしかに今はどうやってもお目にかかることはできません。

金森さんが数十年かけて集めた証拠写真の数々も
絵はがきを旅するという本の中に収められています。




「あの釣り場は昔はこんな風景だったのか」
「あそこには、こんな大きな淵があったのか」
とジ~ンと訴えてくる絵はがきばかりです。

ぜひご一読ください!

(山根)

2015/6/4

<< 2015/6 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新号 2017年10月号

渓流シーズンもいよいよラストスパート! ということで、今月のつり人は「ヤマメ・イワナ夢の大もの総力戦」と題して大もの特集。日本の渓流釣りは同じ魚を求めながら、エサ釣り、テンカラ、フライフィッシング、ルアーフィッシングと実にバリエーションに富んでいる。今号は有終の美を飾るのにふさわしい各地の釣りシーンとそれぞれの釣り方から見えてくる、大ものへの「鍵」をお届け。 アユ釣りでは、大アユ攻略のキモ、深瀬の天然アユ攻略法、激アユの地を実釣レポートなど盛りだくさん。アユ釣りからも目が離せない。 ヒグラシの声を聞きながら、とっぷり浸かる晩夏におすすめの湯宿・良泉も紹介。渓流、アユ釣りの後にいかが?
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中