川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

GFG関東地区本部新年会

GFG関東地区本部新年会

つり人編集部=写真と文

GFG関東地区本部の新年会へ。

GFGってなんだ?
と思われた方に簡単に説明しよう。
G(がまかつ)F(ファン)G(グループ)の略で
会員数5000名を超える全国組織。
東北、関東、上信越、東海、中部
北陸、関西、中国、四国、九州
と計10の地区本部がある。

がまかつ製品愛好者なら誰もが入会できる。
会員になると、全国にネットワークができるわけで
交通手段が発達した現在、
このネットワークをフルに活用して
会員たちの多くは遠征釣行を楽しんでいる。

うらやましい…。

アユ、メジナ、クロダイ、投げ釣り、ヘラブナといった
全国規模の大会に加え、講習会なども行なわれている。

関東地区本部の下には
栃木支部と首都圏支部が設けられていたが、
今年から全県支部制度を採用。
つまり、栃木、山梨、埼玉、千葉、茨城、東京、神奈川
がそれぞれ支部になり、活性化を図るという。

会場となったSun-mi高松
には50名ほどが集まり、正午から新年会がスタート。

このところ、新年会続きで肝臓に痛みを覚えていたため
お酒は控えようと思っていたが、
そうは問屋が卸さない。
午後3時に新年会が終了した後、
さらに一部のメンバーと二次会、
そして三次会と
結局、家にたどり着いた時は日付が変わっていた…。

自分は立場上、会員にはなっていないけど
外から見ていても、楽しそうなクラブだなあと
毎度実感。
P1270060.JPG
関東地区本部新年会に参加したGFGメンバー




2007/1/28

2007/1 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年9月号

特集は『お手軽「テンカラ釣り」、「川泊まり」ノウハウ満載 ひんやり楽しい、夏休みの渓谷』。
例年にない早い梅雨明けのあと、高気圧が列島にダブルで覆いかぶさっている今夏。おすすめはなんといっても、涼しい山への積極的な逃避。渓沿いの歩きは、下界と違って汗が釣果に結びつく。少しのクールダウンのあとは、無垢なイワナと存分にやり取り。歩いて、泊まって、釣って遊ぶ。素敵な夏休みはいかが?
第2特集は『始め方&激ウマ料理が分かる! 
テクニカルに楽しむ真夏の重量級 タコエギングをやってみよう』。東京湾でも一気に浸透してきた、関西流の餌木を使ったマダコ釣りの基本と、さらに酷暑を乗り切るお手軽レシピをまとめて紹介。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中