編集部2021年11月22日

「KING OF KINGS」出場選手のオールスターウイニングパターンを振り返る。小野俊郎選手編

ブラックバス Basser バス釣り

この記事では出場選手のオールスターウイニングパターンを一人ずつ振り返っていきます。今回は2004年の第18回大会、2013年の第27回大会を制している小野俊郎選手です。

2度目の栄冠はどちらも執念の逆転劇

 12月3~4日(金~土)の2日間にわたって開催する歴代のBasser Allstar Classic優勝者のみのトーナメント「KING OF KINGS」。出場選手が決定しました。

◆オールスター「KING OF KINGS」の詳細はこちら!
【ライブ配信】オールスター「KING OF KINGS」開催決定!
オールスター「KING OF KINGS」出場選手決定!


この記事では出場選手のオールスターウイニングパターンを一人ずつ振り返っていきます。今回は2004年の第18回大会、2013年の第27回大会を制している小野俊郎選手です。

小野俊郎

2004年、2013年(利根川・霞ヶ浦水系)ウイナー。
ono

2日間で10尾11㎏超をウエイイン

  表彰台の2位から5位に歴代のオールスタークラシックウイナーが並んだ2004年大会を制したのは小野俊郎だった。そのスコアは何と11kg超(2日間計10尾)という、2位以下とはまさに桁違いの勝利だった。

 しかし、1日目のトップに立ったのはその小野ではなかった。リードしたのは恋瀬川河口でクランキングを炸裂させた吉田幸二。そのスコアは何と、4尾ながら5610g。そこには2尾の2kgアップ(いずれも50cmオーバー)が含まれていた。

 1日目、リミットメイクに成功して5090gを持ち込みながら吉田を追う立場で2日目を迎えた小野は、この日も前日と同様に恋瀬川に入った。そしてピンスポットからヤミィのノーシンカーリグで絞り出したスコアは6370g。ウエイインショーでの小野の派手なパフォーマンスは、この選手のクールな印象を覆すものだった。また、トータル11kg超のスコアは近年不調がささやかれていた霞ヶ浦の復活をギャラリーに印象付け、同水系のバスフィッシングを大いに盛り上げることにも繋がった。

allstar6-01_0008
掲載は2005年2月号
allstar6-01_0005

執念と実力の逆転劇で2度目の栄冠

 2013年は暦の上でも冬に突入する11月30日・12月1日の開催となった。プラクティスではシャッドやスピナーベイトなど巻き物でリアクションバイトをねらう釣りで好反応を得ていた小野だったが、初日はコンディションの変化に悩まされ3尾3020gというスコアに終わってしまう。この日、トップに立ったのはW.B.S.で好成績を残していた村川勇介。得意のシャローの釣りで4尾5420gを持ち込んだ。

 2日目、小野が手にしたルアーはスモラバ(ベクタージグ+ベクターバグ)だった。初日の午後にキャッチした2尾をヒントに、リアクションの釣りから食わせの釣りへ、180度釣り方をシフト。この思い切った決断が功を奏し、佐原の消波ブロック帯から1kgクラスのキャッチを重ね、見事リミットメイク。村川に410g差で逆転し2度目の栄冠を手にした。

allstar6-01_0008

掲載は2014年4月号
allstar6-01_0005  



このBasserオンラインでは、開催まで各選手のウイニングパターンを振り返る記事をアップしていきます。お楽しみに!


◆「KING OF KINGS」出場選手

Basser Allstar Classic優勝年順
沢村幸弘 1988年
今江克隆 1991年、1992年
藤木 淳 1993年
河辺裕和 1995年、1999年、2006年
吉田秀雄 2000年、2011年
小野俊郎 2004年、2013年
橋本卓哉 2007年
赤羽修弥 2008年、2009年、2010年
小森嗣彦 2012年、2018年



\ライブ配信はこちらのチャンネルにて!/

つり人CHANNEL

つり人CHANNEL

日本で最も歴史ある釣り専門出版社「つり人社」が運営するYoutubeチャンネル。バス釣り、フライフィッシング、海釣り、魚のさばき方など、釣りの楽しさ、釣りの素晴らしさを伝えられる動画を毎日アップ!

つり人CHANNELはこちら

 

おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。