編集部2021年9月9日

ロッドデザイナー・今井亮介さんに訊く、フロッグロッドのテーパーと弾性率の関係性

PICKUP ブラックバス Basser バス釣り

鬼形毅さん、今井亮介さん、菅沼史朗さんにご自身が手掛けられたフロッグ専用ロッドの設計思想を伺ったインタビューを公開します! 今回は今井亮介さんによるダイワのフロッグロッドの弾性率とテーパーの関係性についてです。

中弾性素材には“への字テーパー”を、高弾性素材にはしなやかなティップを

解説◎今井亮介

この記事は『Basser』2021年10月号に掲載したものを再編集しています。Basserのバックナンバーは定期購読をお申し込みいただくとデジタル版バックナンバーが4年分以上読み放題! 詳しくはこちらをどうぞ

 好評発売中のフロッグ特集『Basser』2021年10月号では、鬼形毅さん、今井亮介さん、菅沼史朗さんによる「フロッグロッドの現在地」と題した鼎談を掲載しています。日本におけるフロッグゲームのスタイルの変化やそれに対応したロッドが開発されるまでの流れはぜひ誌面をご覧ください! オンラインでは、お三方それぞれにご自身が手掛けられたフロッグ専用ロッドの設計思想を伺ったインタビューを公開します! 今回は今井亮介さんによるダイワのフロッグロッドの弾性率とテーパーの関係性についてです。

◆関連記事
レジットデザイン・鬼形 毅さんに訊く、ワイルドサイド・フロッグスペシャルの設計思想

ディープフォレスト・菅沼史朗さんに訊く、わがままが生んだオリジナルフロッグロッド「GLOK」

15-Sep-09-2021-03-09-32-05-AM

今井亮介(いまい・りょうすけ)

埼玉県出身。小学生のころからロッドビルディングに没頭し、ダイワに入社後、スティーズやブラックレーべルの開発に携わってきたバスロッドマニア。「研究用」と称して自腹で他社のロッドを買いまくっている。好きなロッドはゲーリー在籍時のGルーミス。

“への字テーパー”ならなんでもOK、ではない

―― 今井さんは過去のモデルから数えて日本でもっとも多くのフロッグロッドの開発に携わっている方だと思います。多くのモデルを手掛けるなかで、フロッグロッドの理想は見えてきましたか?

今井 スペックに関しては、やはりレジットデザインさんが打ち出した6ft台のレングスにMHのパワー。これが現代の日本のフロッギングではもっとも使いやすいレンジだと思います。そのなかで僕がずっと格闘してきているのが、素材の弾性とテーパーの関係性です。

―― 近年今井さんが提唱しているテーパーに“への字テーパー”というのがあります。日本古来のノベザオのようにティップ先端からきれいに曲がる先調子ではなく、曲がりの支点をやや後ろ(ベリー方向)に持ってくることで、曲がった際の見た目が“へ”のようになるテーパーですね。ルアーにアクションをつけたり、あるいはしっかりラインスラックを出したいバスフィッシングにおいては、そういったテーパーのほうがルアーを“釣れる”状態にしやすいという理論ですね。

今井 そうです。ただ、いろんなロッドを作ってテストしていくうちにわかったのが、ことフロッグロッドに関しては、“への字テーパー”ならなんでもOKではないということ。

フィールドテストで現われた明確なバイト数の差

―― 詳しくお願いします。

今井 フロッグロッドにおける“への字テーパー”のメリットは、曲がる支点が後ろにあることによる投げやすさと、硬めのティップでラインをしっかり弾けることによるアクションのさせやすさです。

 ……ただ、中弾性のロッドにはそれでいいのですが、高弾性のロッドにティップの硬い“への字テーパー”を採用してしまうと、ルアーを引っ張りすぎちゃうんですよ。フロッグに水を絡ませながら短くテーブルターンさせたいのに、水を切り裂くようなスケーティングになってしまう。この差はフィールドテストで明確なバイト数の差となって現われました。

―― つまり、中弾性素材には“への字テーパー”を、高弾性素材にはしなやかなティップを備えたほうがいいと?

今井 押忍押忍押忍。そのとおりです。しかし、ただでさえロッドが曲がりにくい高弾性素材を先調子にすると、オーバーヘッドキャストはしにくくなるものの、ティップが若干軟らかくなるのでティップを回したアキュラシーキャストは決まりやくすなります。

―― そもそも、フロッグロッドに高弾性素材を採用する理由はなんでしょう?

今井 軽くできることはもちろん、感度を上げられる点です。フロッグロッドに感度はいらないかと思われるかもしれませんが、そうでもないときがある。

 たとえばシェードの奥を撃ったとき。また、ウチが今年リリースしたスナッピーフロッグをあえてシンキングにして1段下のレンジでドッグウォークさせたときなどは、当然、ルアーそのものもバイトシーンも見えなくなるわけですから、ルアーの挙動やバイトはロッドを通してしか伝わってこない。そういうときは感度の高いロッドが有利になりますよね。



スティーズ C67MH-FR“FROGGER”(ダイワ)
16a-1
長年のフロッグロッド開発の結果、「高弾性ブランクにはソフトなティップが不可欠」という結論に至った今井さんが送り出すフラッグシップモデル。フロッグを水にしっかり絡ませながら短い移動距離で誘うことができる

17-Sep-09-2021-03-09-31-71-AM
過去のモデル名は「F“L” OGGER」(旧ソ連の戦闘機の意)だったが、今モデルからフロッグ専用ロッドとして「F“R”OGGER」とコードネームが変更された



ブラックレーベルLG 5111MHXB-FR(ダイワ)
18a
中弾性カーボンを使用したブラックレーベル「LG」シリーズからリリースされたアンダー6 ftのスーパーショートモデル。ハリのあるティップを備えた“への字テーパー” でキャスト時によく曲がり、コンパクトフロッグのキャスト精度を高めてくれる。初代FR70MHのテーパーを踏襲



ブラックレーベルトラベルNEON C63MH-5・FR “ネオンリミテッド・フロッグスペシャル”(ダイワ)
19a-1
5ピースのパックロッド。ブランクに高弾性素材を使い、マルチピースながら軽快な使用感。先述の内容から、ティップはしなやかなエキストラファストテーパー。バス以外の大型ターゲットにも対応できるようにオールダブルフットKWガイドを搭載

■今井さんの愛用フロッグ

20a
スティーズフロッグJr(ダイワ)

21a
スティーズポッパーフロッグJr(ダイワ)

22a
スティーズチキータフロッグ(ダイワ)

23a-1
スティーズスナッピーフロッグ(ダイワ)


Basser2021年10月号 4910175431010 表紙をクリックすると試し読みができます

定価:1,000円(税込)
出版年度:2021
A4変型判164ページ

maxresdefaulta

楽天ブックスはこちら!
ヨドバシ.comはこちら!


◆連動動画公開中!!


おすすめ記事

記事検索

    月刊つり人 最新号

    つり人 2020年5月号

    列島をゆるがすコロナウイルス。けれども、日増しに暖かくなる春の日を、じっと家にこもって過ごすのはやっぱり体によくない。その点、手軽な海の釣りは、風も気持ちよく、大人も子どもも、思い切り深呼吸しながら時間を過ごせる。ウミタナゴ、メジナ、クロダイ、カレイ、アオリイカ、カサゴ……。元気な魚たちが泳ぐフィールドで、がんばろう、ニッポン! そのほか、3名手の渓流解禁レポート、里川で見つかる美味しい道草、みちのくタナゴ旅など旬の釣り満載でお届け。